メインメニュー

学校紹介

学校評価

2017年8月23日(水曜日)

螢雪大学2017

カテゴリー: - jouhou2 @ 17時56分35秒

本日、螢雪大学が行われました。

h290823keisetsu1.jpg h290823keisetsu2.jpg

螢雪大学とは、年に一度、西高の卒業生の有志が集まり、在校生に向けて、受験・大学体験談についての講義や体験型進路授業を行うものです。

多くの生徒が参加し、西高の先輩の講義を熱心に聞き、大学での学習に興味を持ったり、進路について考えたりしました。

充実した螢雪大学を企画してくださった卒業生の皆さん、本当にありがとうございました。

 


2017年8月22日(火曜日)

運動会準備

カテゴリー: - jouhou2 @ 11時56分25秒

課外後の校内では、9月7日の運動会に向けて、準備が行われています。

h290822junbi1.jpg h290822junbi2.jpg

応援・ダンスの練習をしたり、装飾を創ったりしています。

3年生がリーダーシップをとり、1・2年生も積極的に参加しています。

よい運動会となるよう、みんなで協力して準備に取り組みましょう!


2017年8月18日(金曜日)

野球新人大会

カテゴリー: - jouhou2 @ 13時48分44秒

8月10日から8月16日まで、平成29年度地区別高等学校野球新人大会東予地区大会が行われました。

h290818yakyu1.jpg h290818yakyu2.jpg
h290818yakyu3.jpg h290818yakyu4.jpg

新チームで臨む初めての公式戦でした。

決勝で惜しくも小松高校に2−4で敗れ、準優勝となりました。

また9月の大会に向けて日々練習に励んでいきますので、応援よろしくお願いいたします。


2017年8月17日(木曜日)

後期課外

カテゴリー: - jouhou2 @ 17時36分21秒

本日から後期課外が始まりました。

h290817kagai.jpg

久しぶりに全校生徒が登校してきて、学校が一層にぎやかになりました。

2学期のスタートに向けて、しっかり準備していきましょう!


2017年8月4日(金曜日)

第4回金曜特別講座

カテゴリー: - jouhou2 @ 15時16分10秒

7月14日に、第4回金曜特別講座が行われました。


1.講座タイトル
 「人間、一生、勉強」


2.講師 籠田 文夫 (産婦人科医、教養学部統合自然科学科学生)


3.日時 7月14日(金) 17時30分〜19時00分


4.場所 コンピュータ教室


5.参加者 1年生53名 2年生4名 3年生4名 教職員1名


6.生徒感想
センター試験を8回も受けたのは、本当に驚異的だった。加えて、東大に対してそれだけチャレンジしたことが面白いし、とても楽しそうだと感じた。勉強は相当面白いことだと私は考えるが、学校教育や学校での受験教育に関しては、いつも期限や、課題や、模試に追われていて、全然自由ではないような気がしている。センター試験がベーシックな知識を身につける、最後の砦のような存在かもしれない、といったことを講師の方がおっしゃられていて、私は無い視点だったので興味深かった。リベラルアーツばかりを重視しすぎていると、社会に出た時に、自分がどの分野について深く専門的に学んだかが確立されていないという風に否定的にとらえられるということを以前聞いたことがある。それでも、もっといろいろな大学で、リベラルアーツを重視してほしいと、私は思った。勉強や学問に対して、いろいろな考えがあり、それぞれが自由に選択、再チャレンジできる時代が来たらいいと思う。

 

話を聞いていると、籠田さんはとてつもない“バケモノ”(良い意味で)だと思った。籠田さんの通った教養学部前期では、リベラルアーツを学べるそうだが、これは現代において大切な知識ではないかと思った。現代には様々な諸問題が世界中に横たわっている。環境、貧困、戦争の問題など。これらの諸問題は解決しようもない大きな問題に思えるが、学ぶことをやめてはいけないと思う。そういった問題に対して自発的に学び、考え、意志を持って行動ができる自由人を育てるといった面において、リベラルアーツ教育と言うのは大切だと思った。

 

勉強をすごく楽しみながらやっているなと言う印象受けた。日本最高峰の東京大学に通いながら、激務として知られる産婦人科医として働く。凡人ではできないようなことを、「人生一度しかないので、何でもいいから勉強したい」と言う勉強に対する積極的な姿勢で続けていることが素直にすごいなと思った。この方のように、まず好きになれるように努力し、面白いと感じられるまで、楽しみながら物事に当たっていこうと思った。勉強も楽しみながら、できるように、受験に取り組んでいきたい。今後の勉強のモチベーションにもつながった。

h290714kintoku1.JPG h290714kintoku2.JPG

次回の金特も、積極的な参加を待っています!



2017年8月3日(木曜日)

第1回螢雪セミナー

カテゴリー: - jouhou2 @ 15時16分06秒

8月1日〜8月3日の3日間で、第1回螢雪セミナーを実施しました。

h290801bukatsu4.jpg h290803keisetsu2.jpg

3年生が90分×5コマの自主学習を行いました。

集中力が切れそうになるときも、共に頑張っている仲間の姿を見ることで、再び頑張り続けることができました。

螢雪セミナーは今日で終わりましたが、夏休み中も進路実現に向けて、継続して学習を行っていきましょう。

また、第2回螢雪セミナーが9月17日、18日に予定されています。

受験生の皆さん、ぜひみんなで一緒に頑張りましょう!


2017年8月2日(水曜日)

しまなみサイクリング

カテゴリー: - jouhou2 @ 15時06分02秒

7月30日(日)に、本校有志の生徒・教職員でサイクリングを行いました。

h290802simanami1.jpg h290802simanami2.jpg
h290802simanami3.jpg h290802simanami4.jpg

ロードバイクをレンタルし、しまなみ海道を走りました。

暑い中でしたが、風を切って走るのは気持ちよく、橋の上から眺める瀬戸内海はとてもきれいでした。

今回は参加することのできなかった生徒の皆さんも、ぜひサイクリングに挑戦してみてください!

サイクリングの際には、ヘルメットをきちんと着用し、安全に気を付けましょう!


2017年8月1日(火曜日)

8月になりました

カテゴリー: - jouhou2 @ 10時45分42秒

昨日で前期課外が終わり、8月を迎えました。

今日の学校では、朝から部活動に励んでいる生徒や、勉強に来ている3年生がたくさんいました。

h290801bukatsu1.jpg h290801bukatsu2.jpg
h290801bukatsu3.jpg h290801bukatsu4.jpg

夏休みはいつもより自由な時間も増えるので、目標を持って、時間を有効活用していきましょう!


2017年7月24日(月曜日)

第3回金曜特別講座

カテゴリー: - jouhou2 @ 15時12分54秒

7月7日に、第3回金曜特別講座が行われました。

 

1.講座タイトル
 「生誕150年に読み直す夏目漱石」


2.講師 小森 陽一 (東京大学大学院総合文化研究科・教授)


3.日時 7月7日(金) 17時30分〜19時00分


4.場所 コンピュータ教室


5.参加者 1年生34名 2年生6名 3年生5名 教職員7名


6.生徒感想


もっと勉強したいと強く思った、これが私の率直な感想である。1年の冬に「こころ」について授業で取り上げられた時に、漱石が人間の尊厳というか、人間に対して、社会に対して最も尊い深い考えをこの小説に記している、その内容に強く心を動かされた。
戦争とその社会状況ばかりが表面的に報道され、歴史として残りがちであるけれど大切な事はその状況下で暮らした人間の心そのものであると、私は漱石の小説を読んでいてよく感じる。虞美人草に「人間は人間らしく働けば それで結構だ」とあり、私はそれがとても心に引っかかる。人間が人間らしく働くことが可能な社会とはなんだろうか。混沌としていて利潤の追及ばかりが重んじられているような社会において、夏目漱石が何と言うか、とても気になる。他人の自由と、個人の自由をうまく表現するために、自分が社会に対して何を提供していくことができるのかをよく考えたい。普遍性は永久に続いていくのか、どこまで続くのかと思った。核兵器で潰される前に、ISに攻撃される前に、全ての人に自由を与えてあげたいと思う。私は自由を享受して生きたことしかないので、私が享受してきた自由が本当の自由なのかどうか、本当に疑問だった。権力や、利潤にまみれていない、汚されていない自由は、これからの社会に、どれだけ保持されることが可能なのだろうか。

 

私は今「こころ」を読んでいます。今日の講座を聞いて「こころ」のもう一つの楽しみ方を見つけました。漱石が生きた時代の出来事、そして漱石はそれとどう向き合っていた日がフィクションの中に取り込まれているということを聞き、確かにそういう表現があったなとぼんやり思い出しました。残りを読むときは時代背景を気にしながら読もうと思います。また坊っちゃんとマドンナをなぜくっつけるのかと言う問題に共感しました。

 

私は夏目漱石の小説をほとんど読んだことがありません。授業の中で夢十夜の一部分を読んで、美しい言葉の表現に魅了されたことが印象に残っています。私は俳句同好会に入っていて、漱石没後150年ということもありまして、去年に「漱石忌」と言う季語で句を作ったことがあります。「百年の蕾咲くころ漱石忌」という句です。まだまだその頃は未熟で漱石の夢十夜の一部しか読んだことなかったので句の内容が薄かったのですが、今回の講演を聞いて、漱石の戦争をテーマにした小説に、とても胸が熱くなりました。印象に残った言葉として、虞美人草の「日本と露西亜の戦争ぢやない。人種と人種の戦争だよ。」というものがあり、国を超えた人たちの儚さと戦争の悲しみというものがにじみ出ているなと思いました。「生まれしは人種の壁かな漱石忌」

h290724kintoku1.jpg h290724kintoku2.jpg

2学期以降もたくさんの参加を期待しています!


2017年7月21日(金曜日)

野球応援2回戦

カテゴリー: - jouhou2 @ 13時28分40秒

本日、第99回全国高等学校野球選手権大会の2回戦が行われ、本校は、松山中央高校と対戦しました。

h290721yakyu1.jpg h290721yakyu2.jpg
h290721yakyu3.jpg h290721yakyu4.jpg

最後まで粘り強く戦いましたが、残念ながら1−5で敗れ、3年生は引退となりました。

応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

西高の活動

西高ニュース 月別過去ログ