カテゴリ:活動の様子

避難訓練と消火訓練(12/2)

  青空の下、避難訓練と消火訓練を実施しました。

 消火訓練では、 2年生の代表者が訓練用の消火器を使って初期消火を練習しました。

 防災についての知識と経験は、いざというとき、皆さんの命を守ります。

 「避難三原則」の言葉を胸に、避難が必要なときがきたら、常に自助の行動で命を守ってください。

【避難三原則】

 ①「想定にとれわれるな」②「その状況下において最善を尽くせ」③「率先避難者たれ」

1年生進路座談会(11/20)

6時間目のHRの時間に、1年生を対象にした進路座談会がありました。

3年生が1年生の質問に答える形の座談会では、3年生が今治西高校で学んだことを、1年生に分かりやすく伝えてくれました。

大学を選ぶときに大切なことや効果的な勉強の方法、勉強に疲れたときのリフレッシュ方法などについて教えてくれましたが、3年生が自分の進路実現のために様々な工夫をし、努力し続けてきた様子に感銘を受けました。

先輩の貴重な意見を参考にして、1年生は自分のコース選択、進路選択をして欲しいと思います。

3年生の皆さん、ありがとうございました!

2年生 ZEST 大学出張講義開催!(11/18)

2年生のZEST(総合的な探究の時間)では、11月18日(水)6・7時間目に、

愛媛大学、愛媛医療技術大学、松山大学、岡山理科大学(獣医学部)の県内4大学から

15名の先生方をお迎えし、15種類の講座を開いていただきました。

普段の授業では決して学ぶことのできない、大学の先生方による生の講義は、

大変新鮮で、なおかつ専門性の奥深さを実感できる、すばらしいものでした。

コロナ禍、大変お忙しい中、遠路お越しいただきました先生方、

本当にありがとうございました!!

   

 愛媛大学 理学部

平野 幹 先生

「素数について」

 愛媛大学 医学部看護学科

藤村 一美 先生

「地域社会と健康」

   

 愛媛大学 工学部

保田 和則 先生

「ふしぎな流体のふるまい」

 愛媛大学 農学部

上野 秀人 先生

「土から見える食糧生産と農業・環境の問題」

   

 愛媛医療技術大学 看護学科

越智 百枝 先生

「心の健康を保つために」

 愛媛医療技術大学 臨床検査学科

則松 良明 先生

「知っていますか?子宮頸がんとヒト・パピローマウイルス(HPV)」

   

 松山大学 薬学部

奥山 聡 先生

「脳機能に影響を及ぼす食品成分と天然物」

 岡山理科大学 獣医学部

柴原 壽行 先生

「寄生虫のこと、どれだけしってる?

ー動物の寄生虫感染症あれこれー」

   

 岡山理科大学 獣医保健看護学科

渡邉 剛央 先生

「動物と法」

 愛媛大学 法文学部

關口 和徳 先生

「くらしと法律」

   

 愛媛大学 法文学部

石黒 聡士 先生

「人間と文化を考える」

 愛媛大学 教育学部

佐藤 栄作 先生

「なぜ、漢字はまちがってしまうのか。」

   

 愛媛大学 社会共創学部

榊原 正幸 先生

「社会共創学

ー地域社会の未来を共に創る人材をめざそう!ー」

 松山大学 経済学部

井草 剛 先生

「統計の初歩」

 

   

 愛媛大学 医学部

日浅 陽一 先生

「医学部・医師の道へのお誘い」

 

今治市立中央図書館ビブリオバトル(11/8)

作家の角田光代さんを招いて今治市立中央図書館で行われた「高校生が挑むディープな角田光代の世界~タカク 的 カクタ~」に本校から3チームが参加しました。Codeチームは『彼女のこんだて帖』を食事と心の繋がりを軸にプレゼン。にじいろチームは自作の俳句を交えて『紙の月』の主人公や作品のテーマに迫りました。2人の軽快な掛け合いで『八日目の蝉』の魅力を紹介したツクツクBОYチームがチャンピオンに選ばれ、角田光代さんのサイン入りメダルと賞状を頂きました。御本人の前で作品の魅力を伝え、コメントを頂くという貴重な体験をすることができました。

薬物乱用防止教室(11/6)

6限のHR活動の時間に、1年生は「薬物乱用防止教室」があり、

今治警察署 生活安全課の渡部 隆さんをお招きして、講演をしていただきました。

「不良行為少年補導件数」や「たばこの危険性」、「大麻や覚せい剤などの違法ドラッグ」等について、詳しく教えていただき、生徒たちは薬物の恐怖を改めて感じたと思います。

大麻や覚せい剤の使用を誘われたときにどう断るか。

「ところで・・と話を変える」「とにかく断り続ける!」「逃げる!!」などの具体的な対処法を教えていただきました。

誘惑してくる人は、みなさんの仲の良い友達であったり、大切な恋人であったりするかもしれません。

どんな人からの誘いも、強い気持ちで断り、自分の未来を守りましょう。