西高の活動

カテゴリ:部活動報告

【俳句部】第54回子規顕彰全国俳句大会

台風一過の晴天が広がった9月23日、松山市立子規記念博物館を会場に、第54回子規顕彰全国俳句大会が盛大に開催されました。

本大会は正岡子規・夏目漱石・柳原極堂の生誕100周年を記念して始まり、今や全国で開催される俳句大会の中でも屈指の応募数を誇る規模です。

学生の俳句も俳歴数十年のベテラン俳人と同じレベルで選考を受けるので、非常にレベルが高い大会です。

今年は、全国から8000句を越える応募がありました。

俳誌「ホトトギス」名誉主宰稲畑汀子先生の講評、俳誌「ランブル」主宰上田日差子先生の講演は、実に聞き応えがありました。

また、募集句と当日句の選考と披講、講評もあって有意義な一日でしたが、残念ながら、本校は募集句当日句ともに入選がありませんでした。

次回は、1人でも入選できるよう、今後とも頑張ります。 

 

【生物部】愛媛大学理学部サマースクール「親子で楽しむ科学実験」に講師として参加

8月24日、25日、愛媛大学理学部主催のサマースクール「親子で楽しむ科学実験」に本校生物部員が講師として参加しました。

顕微鏡とプレパラートを手作りしてみようという内容で実施しました。

手作りの顕微鏡でユリの花粉が見えたとき、「見えた〜!」と喜んでくれました。

 

科学教室につきましては、日程等があえば可能な限り実施いたしますので、学校へご連絡いただけたらと思います。

【生物部】マリンチャレンジプログラム中国・四国大会に出場

8月23日金曜日、香川県高松市にある高松東急REIホテルで、マリンチャレンジプログラム2019中国・四国大会〜海と日本PROJECT〜に本校生物部2年の山田宗草君が参加しました。

発表7分・質疑応答7分の口頭発表を行い、見事入賞することができました。

3月に東京で行われる全国大会に向けて今後も続けて研究を行っていく予定です。

【生物部】レッツエンジョイサイエンスに補助スタッフとして参加

8月8日金曜日、玉川中学校で小中学生対象の科学教室であるレッツエンジョイサイエンスが行われ、補助スタッフとして生物部員が参加しました。

葉の不思議というテーマで簡易ミクロトームを作って葉の切片を見たり、マニキュアのトップコートを使って葉の裏の気孔を観察したりするときなどの作成補助に携わりました。

【生物部】遺伝子組換え生物実験講座に参加

8月7日水曜日、愛媛大学樽味キャンパスにある学術支援センター遺伝子解析部門で遺伝子組換え生物実験講座が行われ、生物部員が参加しました。

「緑色蛍光タンパク質を作る大腸菌の観察」、「酵母の自食作用」、「大腸菌からプラスミドDNAの抽出と電気泳動による観察」、「アントシアニン水溶液の色と水素イオン濃度の関係」についての実験を行い、生命現象と化学物質について学習しました。

全国大会に参加しました(放送部)

7月22日(月)~26日(金)

第66回NHK杯全国高校放送コンテストに3部門で参加しました。

 朗読部門(「羊と鋼の森」を朗読)

 テレビドラマ部門「恋愛シミュレーション」

 ラジオドキュメント部門「人と人をつなぐボランティア」

 

 

 

 

 

 

7月31日~8月1日

第43回全国高等学校総合文化祭(佐賀大会)にビデオメッセージ部門で参加しました。

 

 

 

 

 

全国から集まった優れたアナウンスや朗読、作品に触れることができ、良い刺激になりました。

今後の校内放送活動に生かすとともに、さらに読みの技術や作品の向上に努めたいと思います。

【生物部】「つなげ!生物多様性高校生チャレンジシップ」参加2日目

8月4日日曜日、「つなげ!生物多様性高校生チャレンジシップ」2日目は北条ふるさと館に移動し、田村池周辺のフィールドワークとワークショップを行いました。

ワークショップでは食物連鎖マップと10年後も生きもののいる農地を残すために何ができるかを話し合いました。

【生物部】「つなげ!生物多様性高校生チャレンジシップ」の生物多様性調査研究発表会でステージ発表実施

8月3日土曜日、松山市立子規記念博物館で行われた「つなげ!生物多様性高校生チャレンジシップ」に参加し、生物多様性調査研究発表会でステージ発表を行いました。

発表した1年生4名はステージ発表は初めてだったので、今後の研究発表に活かせる良い経験となりました。

明日8月4日も野外調査やワークショップがあるので楽しみです。

 

【生物部】愛媛大学医学部公開講座「実験で学ぶ尿の科学」に参加

8月1日木曜日、愛媛大学医学部で行われた医学部主催の公開講座「実験で学ぶ尿の科学」に参加しました。

実験を通して、ポジティブコントロールの重要性やネガティブコントロールでも必ず同じ操作を行うという科学実験での基本を尿検査を通して学ぶことができました。

午後からは滅多に見ることができない施設内の機器類を見せていただきました。

【インターアクト部】国際ロータリー第2670地区インターアクト年次大会に参加しました

7月27日(土)・28日(日)の2日間、サンポート高松で開催された国際ロータリー第2670地区インターアクト年次大会に、本校インターアクト部の2年生8名が参加しました。

1日目は、視覚障がい者の方の講演を聴いて、アイマスクで目隠しをした人を誘導する体験を行いました。

その後、グループディスカッションを行い、その成果をグループごとに発表しました。

2日目は、身体障がい者の方の講演を聴いて、自分にできることや取り組みたいことを書き出し、グループで共有しました。

2日間の研修事業を通して、他者を思いやり行動する利他の心を大いに学ぶことができました。

 

 

 

 

 

 

【生物部】令和元年度愛媛県「三浦保」愛基金成果発表会で発表

7月29日月曜日、愛媛県庁第一別館11階会議室で令和元年度愛媛県「三浦保」愛基金成果発表会が行われ、口頭発表を行ってきました。

たくさんの人に活動内容・研究結果を聞いていただきました。

また質疑応答でご助言をいただきました。

今回の経験を元に、研究を進めていこうと思います。

【生物部・2年生ZEST】第5回中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会にポスター発表で出場

7月28日日曜日、愛媛県総合科学博物館で行われた第5回中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会に生物部の研究と2年生ZESTの課題研究の2本がポスター部門で出品し、ポスター発表を行いました。

生物部の研究タイトルは、「天井川である大明神川の特異的な生態系—蒼社川と比較して—」で、2年ZESTの課題研究の研究タイトルは「扇風機を使わずに部屋の空気をいち早く撹拌させる方法」です。

 

【生物部】小学生対象科学教室を実施

7月15日月曜日、西条市丹原町今井集会場で小学生対象の科学教室を実施しました。

50名ほどの子どもたちとその保護者が参加し、海の生きものを触ったり、顕微鏡を作ったりして楽しみました。

 

【生物部】県高文連主催課題研究研修会に参加

7月7日日曜日、松山南高校で愛媛県高等学校文化連盟自然科学部門の課題研究研修会が行われ、生物部が参加してきました。松山南高校の重松教頭先生によるご講話と実験のあと、全国高等学校総合文化祭に出場するチームが本番さながらの発表を行いました。

【生物部】岡山理科大学獣医学部で生物部公開研究発表会を実施してきました。

生物部は、7月6日(土)に岡山理科大学獣医学部の大講義棟と食堂で公開研究発表会を行いました。

大講義棟では耐塩性細菌とハリガネムシの研究の2本の口頭発表を行いました。

また食堂では前半と後半に分け、5本ずつ計10本のポスター発表を行いました。

休日にもかかわらず、大学の教授や大学生等あわせて30人参加していただき、質疑応答や助言をいただきました。

1年生は初めてのポスター発表で緊張したようですが、それぞれが精一杯行っていました。