西高の活動

カテゴリ:進路課より

金曜特別講座「地域活性化を考える:産業立地の視点から」を実施しました

10月23日、東京大学地域未来社会連携研究機構准教授 鎌倉夏来先生による「地域活性化を考える:産業立地の視点から」の講義が行われ、14名が受講しました。講義では地域活性化の定義や、東京大学が各地域の大学や民間団体と共同で行っている地域活性化プロジェクトについて話していただきました。ある1年生の感想には、「今治には多くの産業があり、誇りに思うが、商店街の人通りが少なく、自分にできることはないかと考えていた」と書かれてありました。現在1年生は、ZESTの時間にSDGsや今治の魅力について研究をしています。受講した人は、講義を参考にして考察を深めてください。

 

2年生指導講演会(10/21)

 2年生を対象とした進路指導講演会を実施しました。講師は駿台予備学校広島校の泉尾淳太先生です。

 大学入試が変化しているのは、世の中で求められる力が変わっているからで、自分で必要な情報を判断することが大切です。学問の本質が変わるわけのではないので、正確な情報に基づいてしっかり準備をし、第一志望という目標にむけて①基礎・反復練習の大切さ、②周囲とのコミュニケーション、③時間を作ることを心掛けてほしいというお話でした。生活習慣や基本が大切という普段学校で指導されていることは、受験の最前線の予備校でも全く同じだそうです。参考になる点が多かったのではないでしょうか。

金曜特別講座「認知モードの言語間比較」(10/21)

 

 後期第2回の金曜特別講座「認知モードの言語間比較」が、東京大学教養学部教養学科准教授の渡邊淳也先生によって行われました。講義では、同じ意味を表す日本語・英語・フランス語の例文を多く用いて、各言語の特色を話してくださいました。1年生の感想に「言語で物事を表す時に、ニュアンスの違いが現れる理由の一つが分かった」と書かれており、英作文や英文を和訳する際のヒントも頂けたようでした。

3か国語の例文を見比べながら言語の特徴を学ぶ

 

 

 

 

 

 

次回は23日に「地域活性化を考える:産業立地の視点から」です。身近なテーマなので、ぜひ参加してください。

  

3年生社会講話

 3年生を対象に社会人講話を実施しました。文型は四国アライアンスキャピタルの竹田雅弘様、理型は愛媛大学医学研究科の田中潤也様に講演をしていただきました。本校卒業生でもある竹田様からは、投資ファンドや経営コンサルタントまで幅広く行っている仕事のお話や、高校時代を振り返って自分が後悔することのないようにというお話をしていただきました。田中様からは、豊富なスライド資料をもとに研究職の仕事内容や、必要性についてお話をいただきました。それぞれの分野で最前線で活躍をされているお二人の話は、進路選択のヒントとなったのではないでしょうか。

大学入学共通テスト出願 (10/2)

本日、3年生が受験する大学入学共通テストの出願をしました。これから、3年生は受験生としてスタートです。「自分の持っている力の最高の到達点」を目指して頑張りましょう。今治常磐町郵便局の皆様、ご協力ありがとうございました。今年度も西高生がお世話になります。よろしくお願いします。