西高の活動

カテゴリ:進路課より

九州大学工学部ホームカミング授業

 8月21日(水)に、本校コンピュータ教室にて、九州大学工学部ホームカミング授業を実施しました。

 本校卒業生で、九州大学工学府機械工学専攻修士1年の真部魁人さんが、母校である本校を訪問し、九州大学や工学部、機械工学、研究内容について、また、学生生活、留学等について、後輩に話をしてくれました。

 現役生は、合計27名(3年生18名、2年生9名)が参加し、熱心に説明を聞いていました。また、本校の卒業生ということもあって、多くの生徒が積極的に質問をしていました。

 真部さん、わかりやすくためになる説明をありがとうございました。

オープンキャンパスツアー(京都・大阪・神戸大学)

 8月8日(木)・9日(金)の2日間、京都大学・大阪大学・神戸大学を訪問するオープンキャンパスツアーに、本校1年生59名、2年生24名の合計83名が参加しました。

 参加した生徒からは、次のような感想が寄せられました。

〇 大学は今まで通ってきた学校よりも、人数、敷地など、すべてにおいて規模が大きく、一つの町でできているようで、キャンパスを見て回るだけで心が躍りました。模擬講義で教授や在学生の話を聞いて、自分の大学の生活やその先の未来について考えることができ、大学進学に向けてのモチベーションも上がったため、このツアーに参加して本当に良かったです。

〇 大学に行ったことがなく、漠然としたイメージしかなかったので、大学、特に難関の神戸、大阪大学の雰囲気を肌で感じることができ、本当に良かったです。大学の学部の説明を聞いたことで、自分のやってみたいことの選択肢が増えたと同時に、自分に合わない学問がわかったりと、取捨選択ができて、自分の将来のイメージがより鮮明になったように思いました。本当に良い経験ができました。

〇 今回初めてオープンキャンパスツアーに参加して、もうすでに大学受験勉強は始まっていて、一年生の時からレベルの高い意識や目標を常に持っておくことの大切さを実感させられ、得られたことはとても多く、良い経験になった。雲の上のような存在の大学を見学でき、また、自分の好きなことをレベルの高いところでより極めて、楽しみながら勉学に励んでいる学生さんのキラキラした姿を見て、まだ今の段階では夢を諦めるようなことはせず、強い意志を持ってもっともっと勉強を頑張ろうと強く思うことができました。

〇 参加するか迷った今回のオープンキャンパスツアーでしたが、参加して良かったと心から思いました。一番良かったのは、毎日の勉強に意味があることを実感したことです。京大も阪大も今の私では到底手が届かない大学ですが、レベルの高い学校へ行くことの意味やメリットを知ることができて惹かれるとともに、勉強頑張ろうと実感することができ良かったです。実際の大学生の話を聞けたのが、とても参考になりました。自分から質問をしたり、主体的に参加できて良かったです。

〇 生で大学の広さを体験でき、教授の模擬授業も受けられて、とても充実した2日間を過ごすことができました。京大では吉田寮に入り、ディープなところまで見れました。

〇 実際に大学に行くことで、自分の将来の大学選択の参考になりました。また、いろんな学部を見学したことで、今まで考えていなかった分野に興味が持てて、選択肢が広がりました。すごく勉強に対するモチベーションが上がったと思います。

 ツアーに参加したことで、モチベーションが上がった生徒がたくさんいたようです。明確な目標を持って、今後の高校生活を有意義なものにしていきましょう。

自治医科大学説明会

 7月30日(火)に、本校コンピュータ教室にて、自治医科大学説明会が行われました。

 まず最初に、愛媛大学大学院医学系研究科の 佐藤 格夫 教授から、愛媛県ドクターヘリ等県内地域医療についての説明をしていただきました。

 その後、自治医科大学医学部の紹介DVDを視聴し、自治医科大学の 今井 靖 教授に、自治医科大学の教育内容と特色を説明していただきました。

 続いて、自治医科大学在学生の 永井 翼 さん、卒業生の 中平 真生 さんから、体験談を語っていただき、最後に松山赤十字病院の 森實 岳史 様、自治医科大学学事課の 石井 眞生 様から、大学ならびに入試の説明をしていただきました。

 愛媛県のへき地医療の現状や、一昨年度から愛媛県でも始まったドクターヘリの活動状況、そして自治医科大学での充実した学生生活等について、詳しく知ることができました。

 佐藤先生、今井先生、森實先生、石井先生、永井さん、中平さん、本日は本校の生徒のために御足労いただき、ありがとうございました。今回の説明会のお世話をしていただいた愛媛県保健福祉部社会福祉医療局医療対策課の方々にも、厚くお礼申し上げます。

愛媛大学社会共創学部 学部・学科説明会

 7月19日(金)に、本校コンピュータ教室にて、愛媛大学社会共創学部の学部・学科説明会が行われました。

 来校されたのは、愛媛大学社会共創学部産業マネジメント学科の 川口 和仁 教授と愛媛大学社会共創学部環境デザイン学科の 羽鳥 剛史 准教授、そして本校卒業生で現在愛媛大学社会共創学部産業マネジメント学科4回生の 尾﨑 早織 さんです。

 川口教授と羽鳥准教授には、専門とする産業マネジメント学科、環境デザイン学科だけでなく、社会共創学部のすべての学科・コースに関して、入試の仕組みも交えながら、詳しい紹介をしていただきました。文理融合学部である社会共創学部は、これからの地域創生の要とも言える学部であり、地域で生まれ地域で育った人を地域リーダーとして輩出していくべく、積極的なフィールドワークを含めた優れたカリキュラムが用意されていることがよくわかりました。

 尾﨑さんには、学生の立場から愛媛大学社会共創学部の魅力を紹介していただきました。今西ダンス部出身の尾﨑さんは、愛媛大学でも引き続きダンス部で活躍されたり、ダンスの経験を生かした研究で賞を受賞されたりと、大変充実した学生生活を送っている様子がひしひしと伝わってきました。

 参加生徒は、3年生7名、2年生3名、1年生8名の合計18名で、熱心に説明を聞いていました。

 川口先生、羽鳥先生、尾﨑さん、本日は本校の生徒のために御足労いただき、ありがとうございました。

令和元年度1年生保護者対象進路講演会・3年生保護者対象進路説明会

令和元年度1年生保護者対象進路講演会

令和元年度3年生保護者対象進路説明会

6月22日(土)

 PTA、総務課、進路課共同主催で上記の会が体育館で開催されました。

  PTA副会長兼進路指導委員会委員長 小島 秀範 様から御挨拶をいただきました。

  本校教頭 山下 和宏 も挨拶を述べました。

  9:00~10:00 進路講演会(保護者153名参加)

  演題「保護者が理解しておきたい進学のこと」

    株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 村田 陽一 氏

   高校生の親として今考えておくべきことや、社会に求められる人材、入試制度などを、御自身の体験談なども交えてわかりやすく説明してくださいました。

   講演後、竹﨑仁思学力向上対策室長から、「新入試制度」についての説明も行いました。

小島秀範副会長挨拶村田陽一氏講演新入試説明 竹﨑

   小島秀範副会長挨拶        村田陽一氏講演          新入試説明 竹﨑

 

  11:00~12:30 進路説明会(保護者191名参加)

  櫛部隆志第3学年主任、渡邉一郎進路課長が令和2年度入試に向けて説明をしました。

  受験生のお子様をもつ保護者が熱心に聞いてくださいました。

山下和宏教頭挨拶第3学年主任 櫛部進路課説明 渡邉

    山下和宏教頭挨拶        第3学年主任 櫛部         進路課説明 渡邉