西高の活動

西高ニュース

テニス新人戦 男子団体結果

9月24日木曜日 新都市テニスコートで新人戦東予地区予選の団体戦が行われました。

優勝することができました。 一生懸命頑張ってきた部員たちの努力の結果が出て、本当によかったです。

明日、明後日は個人戦があります。 無観客試合となりますが、応援してくださる保護者の皆さん、そして、近隣住民の皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、頑張ってきます。

いつも応援ありがとうございます。

9月22日水曜日 1年生ZEST

9月22日水曜日1年生のZESTの様子です。

2学期は地域振興をテーマに、i.i.imabariについて調べ学習を行った後、プレゼンテーションをします。

今回は、四国経済産業局からお二人の先生を招き(リモートですが)、データに基づいた情報処理の方法について学びました。主観的な考えや希望的観測ではなく、客観的なデータの必要性や分析方法について、わかりやすく解説していただきました。 

次週からテーマを決定し、それぞれ班活動を開始します。

インターアクト部

インターアクト部ではペットボトルキャップの回収を行っています。自動販売機の所にキャップ回収箱を置いています。キャップ回収に御協力お願いします。また、今年度は防災の取組として学校の周りの防災マップを作成しています。
お願い:㊟ペットボトルのキャップ以外のものは入れないでください。

  

第2学期始業式

8月26日(木)第2学期始業式がオンラインで行われました。
その後HR活動、1,2年生は課題テスト、3年生は授業となります。
2学期の始まりです!

 

第8回螢雪大学を開催しました

 螢雪大学は、本校の先輩の学生たちが、大学受験や大学での生活を紹介し、自らが学んでいる学問について講座を開くという行事です。全国的にも珍しいこの取組も今年で8回目を迎え、昨年と今年はコロナ禍により学生が帰省できず、全面オンラインでの開催となりました。

 開催した分野は、①理工農、②医療、③人文学、④法、⑤経済、⑥国際、⑦教育、⑧芸術(美術)、⑨芸術(音楽)の9つです。

 当日は30名の学生たちと、265名の生徒が参加(分校からも1名参加)しました。長い時間をかけて準備をしてくれた卒業生のみなさん、本当にありがとうございました。

美術部「MAYA MAXX 美術の学校」参加

7月28日(水)美術部員は今治市教育委員会文化振興課主催の「MAYA MAXX 美術の学校」に参加しました。

MAYA MAXX先生は今西の先輩として国際的に活躍されている画家です。

今回は故郷今治の2会場(今治市河野美術館・今治市玉川近代美術館)で現在開催中の「みんなと MAYA MAXX展」に向けて、出品作家ご自身と地元今治の高校美術部員がいっしょに展示を行うという企画で、高校生は玉川近代美術館での展示に参加させていただきました。

高校生がプロの作家による企画展の展示に参加させていただく機会はまずなく、作品を大切に扱うための方法や、レーザー水平器を使った緻密な作品の配置など、参加した3校(今治南高校、今治工業高校、今治西高校)の美術部生徒には大変貴重な機会となりました。

当日は感染対策も万全にとっていただく中で安心して活動に取り組めました。

MAYA MAXX先生、玉川近代美術館学芸員の藤原様、文化振興課の皆様、猛暑の中、地元高校生のために本当にありがとうございました!

 

野球部 引退セレモニー

7月19日(月) 生徒会、応援部、吹奏楽部の生徒が中心となり、野球部引退セレモニーが行われました。毎年、夏の選手権の最後の試合の後、学校に帰ってきた選手たちを労う今西伝統の行事です。

西高の生徒たちは仲間を「応援する」ことの楽しさ、価値をよく理解しています。「今西には一生懸命がんばる人を笑う人はいない」という代々受け継がれてきた言葉の力も作用していると思います。

この日は野球部員だけでなく、応援部、吹奏楽部の3年生にとっても現役での最後の活動日となり、よき節目となりました。

 

全国高等学校総合文化祭に参加しました!(郷土芸能部)

郷土芸能部です。8月3日(火)〜5日(木)に和歌山県和歌山市で開催された、第45回全国高等学校総合文化祭(紀の国わかやま総文2021)の郷土芸能部門に参加しました。

舞台は通常のホールではなくアリーナの中央に設けられた特設ステージで、床は木ではなく固いゴムの板、舞台に緞帳がない、太鼓の音があまり響かないなど、普段とは異なる演奏環境に、開会前日(2日)のリハーサル時には生徒たちの顔に緊張と戸惑いの色が見えました。しかし、一人一人が考えて声を掛け合い、意見を出し合うことで次第に全員の心が一つになって落ち着きを取り戻し、4日の本番では演奏曲の「海の豊饒」を堂々と披露することができました。瀬戸内の海の豊かさや荒々しさ、そして美しさが観覧者の方々にもよく伝わったのではないかと思います。

また、日程の都合でホテルに3泊しましたが、食事の際には個食・黙食が徹底されているなどコロナ感染対策がしっかりしており、安心して過ごすことができました。

この度の全国総文祭参加に際してご支援をいただきました皆さまに、心より御礼申し上げます。

2年後の全国総文祭(2023かごしま総文。郷土芸能部門は鹿児島県奄美市で開催!)を目指して、これからも日々の練習を一生懸命頑張ります!

 

 

理科・実験 8月5日 岡山理科大学高大連携実習

本日は18名の生徒が参加して岡山理科大高大連携実習が行われました。
今回は『骨学ーイヌの骨格の基礎知識ー』と題して松井先生による講義と実習が行われました。
参加者は事前にヒトの骨に関するwebコンテンツを見たり、トカゲとイヌの歩き方の動画から歩行様式の違いとその理由を考えたりするなど事前学習を行い参加しました。
講義では骨の基礎知識(機能と構造)、骨の連結(関節)、骨の形状と連結がもつ機能的意味について話されました。
松井先生の問いかけに対して、事前学習や講義の内容から考えて答えるなど、生徒は意欲的に参加していました。
その後、実習としてイヌの骨の観察(実物の骨を並べてみる)、ヒトの骨の観察(模型の骨をイヌの骨と比較する)、ヒトとイヌの骨の形について違いを考えるなどが行われました。
最後にはヒトとイヌの骨の違いについて気づいた点を発表し、松井先生に一つ一つ説明していただきました。
講義をしていただいた松井先生、実習に協力していただいた三井先生、中村先生ありがとうございました。

講義と実習の様子です。

 
 
 
 
 

 

7月24日 岡山理科大学高大連携実習2

 今回は、「多様な寄生虫の観察」というテーマで、林慶先生から講義と実習を受けました。

 講義では、「寄生」の定義について学びました。生物基礎で少し学習した「共生」の話から共生者間の利益・不利益の有無によって、「相利共生」、「片利共生」、「寄生」に分けられ、寄生する生物の中でも動物界に属するものを「寄生虫」とよぶことを知りました。

 実習では、身近な寄生虫である「犬フィラリア」の幼虫(ミクロフィラリア)と「犬回虫」の虫卵の観察を行いました。普段使用している顕微鏡に比べ、ハイスペックなものを使用し、観察させていただきました。参加した生徒たちは、先端機器の使用や身近な寄生虫の観察を通して、科学への興味・関心をさらに高められた様子でした。

 次回の実習も意欲的に参加してほしいと思います。

第45回全国高等学校総合文化祭への参加(吟詠剣詩舞部)

 8月3・4日に和歌山県で開催された、全国高等学校総合文化祭(紀の国わかやま総文2021)の吟詠剣詩舞部門に参加してきました。愛媛県の4つの高校から成る合同チームで、構成吟「長安懐古~唐代を彩る詩人達~」を披露してきました。

 広いステージに立ち、他県の人たちの前で舞うため、とても緊張しましたが、無事にこれまでの練習の成果を披露することでできてよかったです。

 応援してくださった西高の生徒、教職員、保護者、そしてOB・OGをはじめとする地域の方々に感謝をしたいと思います。この大会を通して得たことを、今後の部活動に生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

リハーサル室にて合同チームで

 

3年生第2回螢雪セミナー

 8月2日~4日の3日間、3年生第2回蛍雪セミナーを行いました。蛍雪セミナーは、90分×5コマの自学自習プログラムです。しっかり時間をかけて机に向かう習慣をつけ、よい夏休みのスタートを切りましょう。

 今回は、地歴と理科で特別講座を開きました。基礎講座や、2次に向けた論述講座など、講座に参加することでメリハリのある学習ができています。

学校見学会をしています。

7月28日~30日に中学生を対象に学校見学会を実施しています。暑い中、大勢の中学生に参加していただいて、嬉しく思っています。

放送部の作成した学校紹介ビデオを見たり、西高生の誘導で校内の施設を見学したりすることを通して、今治西高校のことを少しでも知ってもらえばと思います。

西高に興味・関心を持ってくれた中学生が、来年度、「西高生」となってくれることを楽しみにしています。

7月17日 岡山理科大学高大連携実習

「哺乳類の繁殖と乳房炎の判定とラットの脳切片の観察」というテーマで、中村翔先生からの講義と実習を受けました。生物基礎の内容から先端の内容まで分かりやすく講義をしていただきました。

実習では、乳房炎検査の反応を見たり、ラットの脳切片をプレパラートに実際に貼り付けました。実習ごとにゴム手袋やマスクを替えたりと安全面への配慮が十分になされており、生徒たちは研究をする際の基礎的なことを肌で感じることができたのではないかと思います。

これからも続くこの活動でより多くのことを吸収していって欲しいと思います。

講義の開始 班で指導をする中村先生

公認会計士(CPA)職業紹介講座を実施しました

 7月27日に、3人の公認会計士(うち2名は本校卒業生)をお招きして、公認会計士(CPA)職業紹介講座を実施し、17名の生徒が参加しました。公認会計士が行っている監査・税務・コンサルティングなど、企業を支える仕事内容を紹介していただいたり、試験制度について説明していただいたりしました。

 公認会計士試験は、司法試験や医師国家試験と並ぶ最難関資格です。多くの受験者が、大学生のうちから専門学校に通うダブルスクールで試験の準備をします。壁は高いですが、生徒の皆さんも社会を支える会計のスペシャリストを目指してみませんか。

自治医科大学説明会が行われました

7月26日(火)に、県医療対策課による自治医科大学の説明会が行われ、31名が参加しました。同大学の卒業生で、県内で活躍されている3名の先生方にお話をしていただきました(うち2名は本校卒業生です)。県内の地域医療の現状や、総合医とはどのような医師か具体的に説明していただました。生徒の皆さんは、このような進路行事にぜひ積極的に参加してください。必ず自分の将来につながるものが得られると思います。

男子テニス部試合結果報告 2021夏季ジュニアテニス選手権大会東予地区予選

2021夏季ジュニアテニス選手権大会東予地区予選が7月24日、25日に今治スポーツパークテニスコートで行われました。非常に暑い中、奮闘し、多くの生徒が8月12日13日に行われる県大会への参加を決めることができました。

この夏、チーム一丸となって練習し、県大会で一つでも多く勝てるよう頑張りたいと思います。応援、ありがとうございました。

シングルス 松岡3位

ダブルス  松岡・越智ペア2位

      越智・森ペア3位  

1学期終業式より(7/26)

7月20日(火)1学期の終業式がリモートで行われました。

山本公治校長先生から、各学年の生徒たちに次のようなメッセージが送られました。

3年生に向けて

一生に一度しかない高三の夏、

夏のおわりに「自分がここまでやれるとは思わなかった!」と実感できるように、

大志を抱いてがんばろう!「夏を制するものは受験を制す」

2年生に向けて

中だるみしやすい時期といわれるが、

高二の夏は大きな分岐点。

難関大合格を果たした先輩たちは、この時期に志望を決めていた。

1年生に向けて

高校生活に慣れてはきたが、自分になかなか自信が持てない人もいると思う。

「私はこの程度?」そんなことはない。

夏は高校での今までの学習を修正できるチャンス!

また部活動や読書、趣味の活動等をとおして心の充実を!

夏休みは未来を大きく変える出発点。

 

最後はいつもの「大丈夫です!!」で締められました。

お互いに充実した夏にしましょう!

水泳部四国大会6種目入賞

7月17日・18日に、第72回四国高等学校選手権水泳競技大会がアクアパレットまつやまで行われました。3名の選手が出場し、計6種目で入賞を果たしました。

今年度は四国大会1位、インターハイ標準記録突破者が出場権を獲得するという条件のため、インターハイ出場はなりませんでしたが、来年の高知インターハイを目指して練習に励みたいと思います。

非行防止教室

7月16日(金)4時間目、非行防止教室が行われました。
Zoom meetingを使って、今治警察署生活安全課の合田真一郎先生が放送室から各HR教室に向けて講演をしてくださいました。今後の高校生活や夏休みの過ごし方を考える貴重な時間となりました。

 





野球部 2回戦 あと一歩!!(7/19)

7月15日(木)地元今治球場での高校野球県大会2回戦!

多くの皆様の応援のもと、今西野球部は、今大会第3シードの新田高校と対戦し、

惜しくも3-5で敗退しました。

春の覇者に対して、3回までに2-0でリード。その後、同点、逆転とピンチが続きましたが、継投と堅い守備で追加点を与えず、終盤の攻撃では逆転まであと一歩というところでした。

応援いただきました皆様、本当にありがとうございました!

全力を尽くした3年生はこれで引退となりますが、1・2年生があとを引き継ぎ、がんばってくれることと思います。

これからも今西野球部をよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第8回金曜特別講座「サメを科学する」

 

7月9日(金)に今年度前期第8回金曜特別講座「サメを科学する」が東京大学大気海洋研究所教授の兵藤晋先生によって行われました。本校からは1年生54名、2年生15名の計69名の生徒が受講しました。

講義ではサメの海洋環境への適応方法、サメやエイの繁殖の特徴について貴重な写真や動画を用いて説明をしていただきました。サメの産卵サイクルを半年間にわたるエコー検査で同定したという話には生徒たちも驚いていました。

前期の金曜特別講座は今回が最終回です。後期もたくさんの参加を待っています。

野球部 開幕試合 勝利!!(7/12)

7月10日(土)2年ぶりに夏の高校野球選手権県大会が開幕!

今西野球部は、開会式後の開幕試合で、昨秋県大会準優勝の強豪、松山学院高校と対戦し、

4-0で勝利しました!!

力のある相手校に対して、大変引き締まった試合展開で見応えある勝負を制し、2回戦進出を決めました。

応援いただきました皆様、本当にありがとうございました!

2回戦は7月15日(木)8:45より、今治球場で第3シードの新田高校と対戦します。

今大会はコロナ禍により球場で学校単位での応援ができず残念ですが、皆で学校から応援しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和4年度全国高等学校総合体育大会 第1回愛媛県高校生活動 推進委員会

「令和4年度全国高等学校総合体育大会 県推進委員会」が開催されました。

 

県委員長の選出が行われ、各校の立候補者がスピーチで意気込みを語りました。そして、熱戦の末、本校生徒が委員長に選出されました!

その後は、選手への手作り記念品や広報活動、歓迎活動などについて、活発な意見交換が行われました。

 

来年度のインターハイに向けての活動は、すでに始まっています。

今治西高校のみなさんも、大会を盛り上げていきましょう!

 

『i.i.imabari』について(1年生ホームルーム活動)

本日7月9日、1年生ホームルームで『i.i.imabari』について学習しました。 

今治市役所から講師を迎え、1クラスは対面で、残りの7クラスはリモートで行われました。

『i.i.imabari』は I’m into Imabari. (今治に夢中!)の頭文字をとったものです。

講師の先生は生徒に、今治市の取組を紹介してくれました。

また、双方向授業により、チャット機能を使用し、講師の先生の質問に生徒が答えることもできました。

 2学期には、興味関心の方向によりグループ分けを行い、今治をよりよくするためにどのようなことができるかについて、グループ研究をし、プレゼンテーションをしていく予定です。

 生徒たちの柔軟な発想からどのようなアイデアが生まれるのか非常に楽しみです。

 

 

壮行会

7月9日(金)壮行会が行われました。
令和3年度全国高等学校総合体育大会出場
  弓道部・ボート部・陸上競技部・空手道・レスリング
第43回全国高等学校総合文化祭
  郷土芸能部門・吟詠剣詩舞部門・弁論部門・放送部門
第68回全国NHK杯全国高校放送コンテスト
第24回俳句甲子園全国大会
四国高等学校選手権水泳競技大会
第76回国民大会「剣道競技」四国ブロック大会
第103回全国高等学校野球選手権愛媛県大会
  みなさんの健闘を祈っています

   
   

 

  

本日のZEST(1年生)

本日(7月7日)1年生のZEST(総合学習)の時間です。

前回はクラス内発表でしたが、今回は別クラスに移動してプレゼンテーションを行いました。1度行った内容に工夫を凝らし、よりレベルの高いプレゼンテーションを行うことができていました。

2学期のテーマは、i.i.imabariについてです。

1年生奉仕活動(7/2)

 先週の金曜日、1年生全員(288名)が西高の西側を流れている日吉川沿いと馬越公園の奉仕作業を実施しました。草引きが中心で、ごみ拾いも行いました。週間天気では大雨の予報でしたが、朝は曇り空となり、奉仕活動中は太陽が顔を出し、真夏のような暑さでした。しかし、生徒たちは一生懸命奉仕活動を行い、近隣の方からもお礼の言葉を頂きました。30分程の短い時間でしたが、生徒たちの頑張りで、大きめのごみ袋22個分を集めました。

 1年生の皆さん、お疲れさまでした。

 

 

 

 

体育・スポーツ 球技大会

7月6日(火)球技大会が行われました。最初にグループ活動、その後競技が行われました。

 
グループ活動(青嵐) グループ活動(碧雲)  
 
グループ活動(暁光) グループ活動(流星)  
 
開会式(校長先生挨拶) 開会式(生徒会長挨拶)  
 
選手宣誓 ハンドボール  
 
テニス バスケットボール  
   
ソフトボール 卓球  
   
閉会式(表彰) 閉会式(生徒副会長挨拶)  

      

書道部です!

書道部です!
私たちは1年生4名、2年生3名の計7名で活動しています。書道展への作品の出品、書道パフォーマンスを中心に日々自分達の字に向き合い、試行錯誤を重ねています。

書道を始めて約10年が経ち、上手くなっていると感じることは少ないので苦しくなることもありますが、 私たちが毎日筆を握っているのは「書道が好きだから」それだけです。
今年度は書道パフォーマンス甲子園に初めて参加させていただき、コロナ禍だからこそ伝えたい想いを作品に込めました。作品にあるように、もがきながらも、私たちらしい色濃い新時代を切り開ける よう、笑顔の絶えない書道部であり続けたいと思います。

これからも支えてくださる方々への感謝を胸に頑張ります!

【以下、作品の説明です】

予期せぬものに呑み込まれた私たち
当たり前を 見失い
儚く散った 明日への希望
暗涙にむせび 立ち尽くした

私の支えは 私の夢は “何か”と問う
妥協なき努力で 高山を越え 見つけた答え

今始まる私の新時代

黎明

華道部です

華道部は、3年生3名、1年生2名で、師範の中井優子先生の御指導の下、金曜日の6限後に、記念館3階の和室でお稽古をしています。昨年度は、季節の花を生けるだけでなく、クリスマスアレンジやバレンタインアレンジも作りました。やる気がある人が3人集まれば、「花の甲子園」に挑戦することもできます。また、希望する人はお免状を取得することもできます。「IKEBANA」は外国でも人気で、海外支部を持つ流派もたくさんあります。日本が誇る伝統美、世界に通じる「IKEBANA」の魅力に触れてみませんか?そして、美しいお花と向き合う中で、季節を感じ、心安らぐひとときを過ごしてみませんか?入部をお待ちしています。初心者大歓迎です!

ちなみに、6月25日のお花はこちらです。花材は、向日葵、紫蘭、ヒペリカム、アリウム・リーキです。

6.25.pdf

 

 

3年生 学年集会「舞姫」(6/30)

6月30日(水)期末考査3日目の2時間目、3年生は体育館で学年集会を行いました。

今回は、現在3年生全員が現代文Bで学んでいる、小説「舞姫」(森鴎外)を題材とし、代表班5名が授業で行ったプレゼンを体育館で発表しました。

「舞姫」では、各班の担当生徒が先生役として、担当箇所の設問と解答を考え、今年度から導入された一人一台端末を使ってプレゼンテーションを作成し、授業において解説や話し合い活動を行う取組を行っています。

生徒たちは1学期の間、各班で長い時間をかけて準備に取り組み、担当の国語科の先生に指導いただきながら、自分たちの発表を仕上げてきました。

普段は受ける立場の授業を、先生役となり自分たちが行う難しさを痛感しつつも、より深い学びに向かって行く姿を頼もしく感じています。

「舞姫」各班の発表は考査後も続いていきます。これから発表の人たち、テストが終わったら、各班で協力してがんばりましょう!

 

新聞部です

新聞部は、3年生3名、2年生5名、1年生2名で、和気あいあいと活動しています。蛍雪新聞の発行は、5月・7月・3月の年間3回です。現在、7月発行予定の第191号の編集作業中です。どんな記事を載せるか、どんな紙面づくりをするか、みんなで相談しながら、より良いものを作るために頑張っています。皆さんを笑顔にできる新聞を作れるよう鋭意努力していますので、お楽しみに。部員募集中ですので、興味のある方、ぜひ入部お願いします。

女子弓道部 部活動紹介

女子弓道部です。

3年生12人、2年生12人、1年生6人で活動しています。

先日徳島で行われた四国総体では、団体戦でベスト8に、個人戦で3年生の花水美咲さんが3位になりました。

花水さんは7月末に行われる全国大会への出場を控えています。

応援よろしくお願いいたします。

 

3年生保護者対象進路説明会を行いました

 6月26日(土)11:00~12:30の日程で、PTA主催による3年生保護者対象の進路説明会を実施しました。令和3年度入試の結果分析や、令和4年度入試へ向けて入試制度や受験のポイントについて、進路課長から説明を行いました。

 入試制度には、一般選抜に加えて、割合の高まっている総合型選抜や学校推薦型選抜があり、生徒一人ひとりに適した入試を選択し、余裕を持って対策していくことが大切です。受験生本人だけでなく、保護者の皆様にも入試について知っていただくことで、満足度の高い進路選択につながると思います。

 会場で参加をしていただいた保護者の皆様、オンラインで参加していただいた保護者の皆様、ありがとうございました。なお、1年生の進路講演会と3年生の保護者対象進路説明会は、生徒の端末を使用してTeamsで配信を行いました。コロナ禍の中ではありますが、ご家庭としっかり連携を取りつつ進路指導を進めていきたいと思います。

1年生保護者対象進路講演会を行いました

 6月26日(土)9:00~10:00の日程で、PTA主催による1年生保護者対象の進路講演会を行いました。講師は(株)リクルートの佐野正明氏で、「お子様の進路選択について大切にしていただきたいこと」と題して、これからの社会変化をふまえた大学・高校教育の変化について、講演をしていただきました。社会で求められている学力の変化や、企業・大学側からの視点はとても参考になりました。

 会場で参加していただいた保護者の皆様、オンラインで参加をしていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

ソフトテニス部女子です

 3年生6人、2年生2人、1年生5人の合計13名で活動しています。県総体をもって3年生は引退しましたが、個人戦では県ベスト16で四国大会出場、団体戦で県ベスト8の成績を収めました。今後も文武両道を目指して頑張ります。応援よろしくお願いいたします。

「学問カルタ」で進路探究

1年生のHR活動で、「学問カルタ」を行いました。生徒たちは、学問名とそれを象徴する写真が印刷されたカルタを、各学問で扱われる事例が書かれた大きな台紙の上に載せていきます。カルタの裏のヒントも参考にしながら、班の中でああでもないこうでもないと相談しながら、何とかすべて載せきることができました。

担当班が1つずつ正解を発表すると、教室は大盛り上がり。中でも、「草食系男子はなぜ生まれるのか」「鰹節はなぜ世界で最も硬い食品なのか」といった問いに関わる学問が難しかったようです。正解は、1年生に聞いてみて下さい。

1年生最大のテーマは文理選択。楽しみながら学問について知り、探究へと向かうきっかけ作りをしていきたいと思います。

手芸部活動紹介

手芸部は、3年生2人、2年生4人で活動しています。
編み物、刺繍、パッチワーク、裁縫など自分のペースで自分の好きな物を作ることができます。
手芸の魅力は完成した時の達成感、満足感を味わえることです。
こつこつと製作を続けてきたものができあがった時にはなんともいえない喜びを感じることができます。

 

1年生ZEST

本日6月23日水曜日の1年生のZEST(総合的な学習の時間)でSDGsの調べ学習のクラス発表がありました。

今年のZESTは1学期にSDGsについて、そして2学期はi.i.imabari!について調べ学習を行った後、プレゼンテーションを行います。

グループで約2か月かけて準備したプレゼンテーションをクラスで発表しました。様々に発表の方法を工夫し、その後の質疑応答にもしっかり答えていました。

次回は他クラスに移動して発表を行います。今回の反省を生かし、より洗練されたプレゼンテーションが期待されます。

 

 

第7回金曜特別講座「デジタルゲームの感性学」

 

6月18日(金)に今年度前期第7回金曜特別講座「デジタルゲームの感性学」が東京大学文学部思想文化学科准教授の吉田寛先生によって行われました。本校からは1年生35名、2年生5名の計40名の生徒が受講しました。

内容は、デジタルゲームが人間の感性を理解するうえで最適な研究材料であるということを、実際のゲームを例に教えていただきました。受講した生徒は「遊び」と「ゲーム」の違いや、どうしてこれらを研究するのかといったことを聞き、普段しているゲームについて深く考えるきっかけとなった様子でした。

次回は7月9日「サメを科学する」です。たくさんの参加を待っています。

文学部です 部活動紹介

2021-6-12New Testament.pdf

2021-6-19Rongo.pdf

 

文学部です。

1 土曜の午前に文学部読書会「日本の文学と思想」をやっています。現代の村上春樹、大江健三郎からはじまり、時代をさかのぼり、『古事記』『日本書紀』まで扱います。その後世界の古代宗教思想として、初期仏教、キリスト教、孔子と『論語』、旧約聖書とユダヤ教などを扱います。その後また現代日本の村上春樹に戻ります。最近はキリスト教新約聖書と孔子と『論語』を扱ったので、添付ファイルに付けておきます。

2 文学部誌『鯨ケ丘』を出します。生徒の創作(詩、エッセイ、短編小説などなど)や評論などが載っています。

3 文学部という名称は昭和21年から。『鯨丘文学』は昭和28年から。その後変遷を経て『鯨ケ丘』という名前になりました。(100年史から)

水泳部です

水泳部は3年生3名、2年生6名、1年生2名で活動しています。練習は、所属スイミングクラブで行っています。6月19日(土)、20日(日)に行われた総体では、加藤雄大さんが200mバタフライで、山本彩実さんが800m自由形で優勝しました。また、大西源太さん、菊山智己さん、木下悠生さんが個人種目で入賞し、男子はリレー3種目で入賞しました。来月の四国大会には、3名が出場します。インターハイ出場を目指して頑張ります!

 

 

 

郷土芸能部です

郷土芸能部です。現在、3年生11名、2年生5名、1年生18名の計34名で、明るく元気に活動しています。部員数が増えたので練習場所の文化部室2階は狭くなり、太鼓の数も少ないので交代しながらの練習となっていますが、しっかり換気や消毒をしてコロナウイルス感染防止に努めています。

今年は和歌山県で行われる全国高等学校総合文化祭(8月3日~5日)に、愛媛県の代表として出場します。大きな舞台で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、精いっぱい練習に励んでいます。

文化芸能部(軽音楽部)紹介

 文化芸能部(軽音楽部)は3年生8名、2年生14名、1年生7名で活動しています。新型コロナウイルスの影響で大きな声を出しての練習や大人数で集まっての練習がやりにく、ライブもなかなか開催できない状況が続いています。そのような状況でも、生徒たちは声を出ない楽器演奏だけの練習や個人練習など工夫をして頑張っています。

県高校放送コンテストに参加しました

高校放送コンテストに参加しまし、以下の各賞をいただきました。

 

アナウンス部門 優良

テレビドキュメント部門 最優秀(全国大会推薦)

ラジオドキュメント部門 優秀(全国大会推薦)

創作テレビドラマ部門 優良

創作ラジオドラマ部門 優良

研究発表部門 最優秀(全国大会推薦)

取材や情報提供など、ご協力いただいたすべての方に感謝します。

研究発表の様子

女子バスケットボール部

女子バスケットボール部です。

県総体で3年生5名が引退し、現在は2年生9名・1年生5名の計14名で活動しています。

日々の練習メニューを自分たちで考え、個人・チームが成長するために

様々な工夫を凝らしながら練習に励んでいます。

 

 

令和4年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に向けて

令和4年度全国高等学校総合体育大会 第1回周桑・今治地区推進委員会が開催されました。

本校からは206HR三浦音央さんが代表で参加し、周桑・今治地区の委員長に選出されました!

 

令和4年度の全国高等学校総合体育大会は四国地区で開催されます。(愛媛県開催は8競技)

大会で活躍ができるのは選手だけではありません。

「支える」立場として、これから今治西高校でも大会を盛り上げていきましょう!

 

【大会愛称】

「躍動の青い力 四国総体 2022」

【スローガン】

「燃え上れ我らの闘志 四国の大地へ」

 

ダンス部です

ダンス部は、体育館ステージで日々練習に励んでいます。

県総体・新人戦などの大会で創作ダンスを制作・披露したり、夏には地域のイベントに参加しHIP-HOP系のダンスも踊ったりしています!

未経験者も多いので、体を動かすことや音楽が好きな人など誰でも大歓迎!!

現在もマネージャーが1人在籍しており、曲かけや衣装制作・デザインなど裏方の手伝いなどもしてくれています。

マネージャーも募集しているので衣装デザインや衣装制作などに興味がある人も募集中です!

いつでも見学可能ですのでいつでもステージに来てくださいね!

あなたもぜひ嫌なことを忘れて心軽やかに、リズミカルに踊ってみませんか?

県総体作品「桜花~希望の光~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県総体作品「桜花~希望の光~」

陸上競技部

6月5~7日まで愛媛県総合運動公園陸上競技場にて愛媛県高等学校総合体育大会陸上競技対校選手権大会が開催されました。本校から、男子9名、女子8名の選手が出場し、下記の成績を収めました。

男子

400m 2位 村上晋平  3位 須賀田陽

800m 4位 村上晋平

5000m 6位 長井尊将

400mH 2位 須賀田陽

4×400mR 5位 池川幸四朗、須賀田陽、渡部裕太、村上晋平

走高跳 5位 鎌田悠輔

女子

4×400mR 8位 森果歩、楠橋奏、守田彩乃、近藤そよか

走高跳 6位 守田彩乃

 

この成績を踏まえ、6位以上の種目で6月19日~21日に愛媛県総合運動公園陸上競技場で開催される四国大会に出場します。全国大会の出場権を獲得するために全力で頑張ります。応援よろしくお願いします。

お知らせ 陸上競技大会

本日は陸上競技大会が行われました。

最初にグループ役員の指示のもとグループ活動を行い、
午前中は100m、200mの予選と綱引きが行われました。

午後からはトラック種目として
     4×100mリレー予選・決勝
     4×200mリレー予選・決勝
     スウェーデンリレー予選・決勝
     400決勝
     1500m決勝
     800m決勝
     100m決勝
     200m決勝 が行われ、
     フィールド種目として走幅跳・走高跳・砲丸投げが行われました。

3年生中心に競技に参加したり、熱心に応援したりと一日中グループ活動が行われました。
生徒の皆さんお疲れさまでした。
また、企画・運営に当たった生徒会の皆さんお疲れさまでした。

グループ活動の様子
   
   
     
開会式(校長先生挨拶と選手宣誓)
   
     
競 技
   
   
   
   
 
 
     
 閉会式(表彰)   生徒会の皆さん
 

茶道部です

茶道部は、月曜日の放課後、螢雪記念館3階の和室で、師範の岡田先生の御指導のもと、楽しくお稽古に励んでいます。

お点前の技術、道具の扱い方、美しい所作、和室での立ち居振る舞いだけでなく、その根底にある、おもてなしの心についても日々学んでいます。

部員は、茶道を始めてから、人との出会いや季節感を大切にするようになったと言っています。茶道は、私たちの人生をより豊かにしてくれるのです。

現在、2年生女子1名、1年生男子2名の3名で活動しており、新入部員は随時募集しています。月曜の放課後、和室をのぞいてみて下さい。おいしい抹茶を御用意してお待ちしております。

 

OSTが始まりました。

 今週より、1年生の英語表現の授業で、OST(オンラインスピーキングトレーニング)が始まりました。フィリピンの講師の先生とオンライン上でマンツーマンのスピーキングトレーニングです。第1回は"How did you spend your summer vacation?”というテーマで、夏休みについて話をしました。初回ということで、最初は緊張して臨みましたが、次第に笑顔も見られるようになりました。今後ますます会話力を磨いて表現の幅を広げ、コミュニケーションを楽しみたいと思います。

文化芸能(かるた)部です

 文化芸能(かるた)部です

今年6年目の西高の中でも、新しい部です。いわゆる、小倉百人一首競技かるたの部です。

 歴史はまだまだ浅いですが、2018年度・2019年度には全国高等学校総合文化祭、小倉百人一首かるた部門の愛媛県代表(8名が県内から選抜されて出場する)に、それぞれの年度に1名選抜され出場しています。現在、3年生・6名、2年生・3名、1年生・9名で、水曜日・木曜日の放課後と日曜日の午後に活動しています。他の部活との兼部も可能です。

 広瀬すず主演の《ちはやふる》の映画を見て、興味を持った人もいるかもしれません。記念館3階の和室で活動しています。気軽に覗きに来てください。

 

 

 

第6回金曜特別講座「大江健三郎のデビュー作『奇妙な仕事』を読む」

 6月11日に第6回金曜特別講座「大江健三郎のデビュー作『奇妙な仕事』を読む」が、東京大学教養学部教養学科准教授村上克尚先生によって行われ、1~3年生18名が参加しました。講義では冒頭の長文や作品中に固有名詞が示されないことによって、主人公と周囲の世界との関係が示されるなど、文体や表現に着目して読むことを教わりました。また、作品の中の表現を具体的に示しながら、作品の書かれた時代の状況や作家の発言を調査することで読みが深まるという文学作品研究の面白さを教えていただきました。参加生徒は「講義を聞いて自分の考えが揺さぶられた」「作品を読む新たな視点が得られた」「もっと色々な作品を読んでみたくなった」と感想を記していました。現在国語の授業では、1年生が『羅生門』、2年生が『山月記』、3年生が『舞姫』を学習しています。今日の講義を授業にも生かしてほしいと思います。

 次回は6月18日(金)「デジタルゲームの感性学」です。みなさんの参加を待っています。

2021年度 登山部活動報告①

今年度の登山部は男子7名、女子2名で活動をスタートさせました。

4月から現在までの主な山行記録は以下のとおりです。

4月24日(土)東予総体(笹ヶ峰山系)・・・男子優勝

5月3日(祝月)練習登山(石鎚山系:土小屋~山頂  ※降雪のため東陵基部で引き返す)

5月22・23日(土・日)練習登山(石鎚山系:西之川~土小屋往復、西之川~山頂~今宮~西之川周回)

6月5~7日(土~月)県総体(石鎚山系)・・・男子第3位<四国大会出場>

昨年度からコロナ禍でテント泊での練習登山ができないなど、限られた環境下にはありますが、工夫して安全面に配慮しながら活動しています。

平日の練習はコンパクトで休みも多く、休日も月1回程度の日帰り登山を中心に活動しているので、運動部ですが、必ず学習との両立が可能です。1年生の皆さん、改めて入部を考えてみませんか?

中学生の皆さんへ

今治西高校には登山部やそれ以外にも、中学までにはない多様な活動ができる部がたくさんあります。この夏の受験勉強、頑張ってください。そして晴れて入学の折には、ぜひ入部を検討してみてください。

 笹ヶ峰山頂よりおもわぬ雪天狗岳テント前山中にて表彰

左上:東予総体、笹ヶ峰山頂(1859M)より    中上:GWは思わぬ雪    右上:練習登山で石鎚山天狗岳(1982M)登頂

左下:県総体、テント前にて    中下:県総体、山中にて(背中には約15㎏)    右下:県総体、第3位入賞

家庭クラブ連盟東予支部研究協議会

6月10日(木)家庭クラブ連盟東予支部研究協議会が行われました。
東予の各校とオンラインでコロナ禍における家庭クラブ活動について協議することができました。
まだまだ今まで通りの交流、ボランティア活動はできませんが、他校の活動の様子も参考にしながら活動していきたいと思います。

野球部 活動紹介

野球部です!

本校野球部は春十四回、夏十三回の甲子園出場を誇る歴史と伝統のある野球部です。

3年生13名、2年生11名、1年生13名、女子マネージャー3名の計40名で、毎日元気に活動しています。

日頃の練習では選手たちが主体的に考え、練習し、力を伸ばすことができるよう、こまめに選手同士でミーティングを行う、ipad等を活用してスイングや投球をデータ化する、など工夫を凝らし、全員が前向きに練習に取り組んでいます。

また、今年のチームは「打ち勝つチーム」を目指し、打撃には強いこだわりを持って練習しています。

6年ぶりの甲子園出場、そして悲願の日本一を目指して精一杯がんばります。

応援よろしくお願いします!

社会体育(空手道) 5年連続インターハイ出場!

社会体育(空手道)です。

6月5日、6日に行われた県高校総体で、

全国大会出場1名、四国大会出場4名 という素晴らしい結果を残すことができました。

昨年度は全国総体(インターハイ)がありませんでしたが、

本校の社会体育(空手道)は平成28年度から連続でインターハイに出場しています。

四国大会、インターハイでは、支えていただいている多くの方への感謝の気持ちを忘れることなく、

一つでも上を目指し頑張ってきますので、応援をよろしくお願いします。

 

 男子個人組手 2位   村上圭翔 (インターハイ出場,四国大会出場)

 男子個人形  3位   飯尾琉生 (四国大会出場)

 女子個人組手 ベスト8 伊藤優希 (四国大会出場)

 女子個人組手 ベスト8 藤田有美 (四国大会出場)

233

 

 

 

 

 

音楽 第41回定期演奏会

 6月9日(水)第41回定期演奏会〜創立120年を迎えて、校内発表拡大バージョン〜が行われました

Program

<第一部>1st Stage 郷土芸能部 吟詠剣詩舞部

<第二部>2nd Stage 放送部 演劇部 コーラス部 書道部

<第三部>3rd Stage 放送部 吹奏楽部 応援部

郷土芸能部 吟詠剣詩舞部
放送部 演劇部
コーラス部 書道部
 
応援部  吹奏楽部

      

バスケットボール部(男子)

IMG_2720 (1).jpg

6月5日に、県総体バスケットボール競技の1回戦が行われました。

対戦相手は、松山工業高校(本大会3位)でした。

結果は、51ー130で敗退しましたが、選手は一丸となって最後まで諦めることなく戦い抜きました。

顧問としても、選手(特に3年生5人)の熱い気持ちを目の当たりにして、感動しました。

今後も、勝敗にこだわることはもちろんですが、ひたむきに粘り強く頑張るという姿勢を後輩たちに受け継いで欲しいと思います。

男子卓球部・四国総体出場

目標にしていた団体での四国大会出場は、叶いませんでしたが、個人戦ダブルスとシングルスで四国大会に行くことができました。3年生の諸君、2年半お疲れ様でした。

「結果だけじゃなく、それ以上に大切なものがある」英田理志

ダブルス四国出場の井上・村坂組  シングルス四国出場の佐久間

陸上競技部

陸上競技部です。

15名の1年生を迎え活気が溢れています。(まだまだ部員募集中です。)

いよいよ県大会が始まります。

各々が個人としてチームとして最高の結果が出せるよう日々切磋琢磨してきました。

コロナ禍で制限されていることもありますが、No Attack No Chaceの精神のもと挑戦し続けています。

今西陸上競技部は、”しんどいときこそ踏ん張れる”そんな部活です。

応援よろしくお願いします。

女子ハンドボール部

女子ハンドボール部は、3年生8名、2年生3名、1年生5名の計16名が所属しています。

四国大会出場という目標を掲げ、部員同士が切磋琢磨して日々練習に励んでいます。

4月に開催された東予地区の総体では、2位という結果を掴むことができました。

今週末から始まる県総体では、目標を達成するために、チーム一丸となって全力で挑みます。応援よろしくお願いします。

サッカー部 県総体に向けて

今治市営スポーツパークサッカー場での練習風景です。

顧問の兵頭先生・佐々川先生指導のもと、テンポ良く集中してメニューに取り組んでいました。

今週末から始まる県高校総体では優勝目指してがんばります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男子ハンドボール部

現在、3年生12名、2年生7名、1年生11名が所属しており、保護者やOBなど様々な方々の支援によって非常に恵まれた環境で活動に取り組めています。

一昨年、県総体で優勝、インターハイへの出場を果たし、昨年、今年と再び夢の舞台へ出場することを目標に頑張ってきました。昨年の先輩方の想いも胸に、県総体では一戦一戦に集中し、今西らしい粘り強いハンドボールで優勝を勝ち取ってきたいと思います。応援よろしくお願いします。

男子バレーボール部

3年生4人、2年生3人、1年生6人で、伝統の文武両立を達成するために、日々練習しています。

週末に迫った県総体では、悲願の四国大会出場を目指して、螢雪魂を胸に頑張ってきます。

第5回金曜特別講座「生き物の群れと微生物の泳ぎを物理の目線で見てみたら」

5月28日(金)に今年度前期第5回金曜特別講座「生き物の群れと微生物の泳ぎを物理の目線で見てみたら」が東京大学理学部物理学科助教の西口大貴先生によって行われました。本校から38名の生徒が受講しました。

内容は、鳥や魚の群れの様子や大きさのとても小さな微生物の世界の運動を物理学によって理解しようとする西口先生の研究が紹介されました。流体力学によって目に見えないほど小さな微生物1匹の運動を理解し、それが群れを成したときに見られる普遍性を統計物理学によって理解しようとする研究でした。このような群れの普遍性を探求する分野は「アクティブマター物理学」と呼ばれ、最近ホットな研究分野となっているそうです。

高校物理からは離れた内容で、理解するのは難しいものでしたが、西口先生は身近な例や動画を多く活用され、とても分かりやすく研究内容を説明されていました。受講した生徒はとても興味深く話を聞いており、物理学の魅力に触れることができた様子でした。

西口先生によると、群れで見られる普遍性は「対称性の自発的破れ」(1961年南部陽一郎氏が発見・2008年ノーベル物理学賞受賞)によって理解ができるそうで、開発した数理モデルによって理論的に群れで見られる普遍性を作り出すことに成功されたとのこと。現在は理論的に予測できた群れの普遍性を自己駆動粒子によって制御しやすい群れを人工的に作り、予測した群れの普遍性が実際の世界で観察できるかを確認しているそうです。

将来的には、生物を「細胞の群れ」と考えて、生物を「アクティブマター物理学」によって理解しようと考えているそうです。(例えば、受精卵から始まる発生の過程を「細胞の群れ」から理解するなど)今後の研究成果がとても楽しみに感じる講座でした。

次回は6月11日「大江健三郎のデビュー作「奇妙な仕事」を読む」です。たくさんの参加を待っています。

人権・同和教育ホームルーム活動①

5月28日に、本年度第1回目の人権・同和教育ホームルーム活動がおこなわれました。

テーマは、1年生が「よりよい人間関係をつくろう」、

2年生が「人権を獲得してきたあゆみに学ぼう(1)-部落差別の起こりを学ぼう-」、

3年生が「だれもが幸せな社会を実現させよう(1)-確かな進路保障のために-」です。

生徒自らが主体となって、同和問題をはじめとする様々な人権問題を自らの問題として捉え、

その解決のために真剣に考えようとする姿勢が各教室で見られました。

 

囲碁・将棋部です。

囲碁・将棋には3年生13名、1年生5名が所属しています。

写真は、5月2日に行われた県総合文化祭将棋部門の団体戦の対局風景です。

結果は惜敗でしたが、どの対局も熱戦でした。今後に期待です。

副将戦・三将戦大将戦

   大将戦     副将戦   三将戦

アセンブリー(賞状披露、県総合体育大会壮行会)

5月28日(金)アセンブリーで賞状披露、壮行会が行われました。
県大会出場の各部の代表は体育館で、他の生徒はHR教室でZOOMによる配信で実施されました。
体育館後方に掲示されたスローガン『繋~あの日渡せなかったバトンを、今~』の通り
昨年度の思いを出場される皆さんで繋いできてください。活躍を祈っています

   

 

 

   

 

演劇部です。

  演劇部です。昨年はコロナ禍で発表の機会がなくなり、活動が難しかったのですが、今年は1年生が入ってにぎやかになり、楽しく活動しています。

 ただいま、6月の定期演奏会での上演に向けてがんばっています。その後も、高校総合文化祭など、校外での発表の機会もあります。

 「演劇の可能性は無限大∞!?」アットホームな部活動です。

 キャスト、裏方問わず、いつでも部員募集中です!

 

  <発声練習しています。>

応援部です!

応援部は、男子6名 女子14名で活動しています!

1年生の応援委員さんも野球応援に向け練習をしてくれています。

コロナ禍でなかなか思うように活動できませんが、西高生を精一杯応援できるように練習に励んでいます!!

吟詠剣詩舞部の練習風景

 5月25日の練習風景です。写真は『蘇台覧古』という作品を練習しているところです。

 部員が少ない分、お互いにアドバイスをしたり、教えあったりしながら、練習に励んでいます。回を重ねて踊るごとに、少しずつ良くなっているのを実感しています。

 少しでもうまく踊れるよう、これからも頑張って練習していきたいと思います。

海外研究部です

海外研究部です。社会の問題について英語で議論するディベートやフェアトレードの推進活動をしています。
今現在は秋の大会に向けてディベートの練習をしています。最近は、「商品Aと商品Bはどちらがよいか(実際は具体的な商品名を使って実施しました)」というテーマでディベートをしました。議論はもちろん白熱しました。楽しくディベートを学び、実力をつけたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4回金曜特別講座「戦時下日本芸能界の朝鮮ブーム」

 

今年度前期第4回「戦時下日本芸能界の朝鮮ブーム」が東京大学教養学部教養学科教授の外村大先生によって行われました。戦時下の国際関係に関心を持つ、35名が受講しました。受講した生徒の皆さんは、なぜ戦時下で同化政策が行われているときに朝鮮ブームが起こったのか疑問を持って集まりました。講義では、戦前の吉本興業の話を聞くことができ、また、実際の朝鮮楽劇団の演劇の映像を見ることができました。現代のKポップ・韓流ブームとは異なり、日本の国策が背景にあり、植民地支配について考えさせられる内容となりました。次回は5月28日「生き物の群れと微生物の泳ぎを物理の目線で見てみたら」です。大学の学びにふれる良い機会です。たくさんの参加を待っています。

 

男子卓球部 アイダ式練習!?

県高校総体まであと2週間! 

男子卓球部は、昨年9月に全日本ベスト8の英田(アイダ)選手に指導していただき、その練習メニューを取り入れやってきました。

いよいよ、その成果を発揮するとき。英田さんの教え「Never give up!」を胸に、最後の最後まで戦います。

    英田選手に挑戦        筋トレ始めました    英田選手(前列右から2番目)と

                                     

 

美術部 がんばっています!

美術部です!

今年はフレッシュな1年生6名を迎え、

2年生7名、3年生4名の計17名で活動スタートしています。

それぞれの個性を尊重しながら、お互いに刺激し合い、放課後の美術教室は自由で伸び伸びした雰囲気です。

夏は運動会の入場門やウェルカムボード制作、秋は県高校総合文化祭への出品、さらに今年は創立120周年記念となりますので、校内螢雪資料館(ギャラリー)での展示も計画していきます。

西高美術部をこれからもよろしくお願いします!

剣道部 活動紹介

剣道部です。

4月より新入生も加わり、現在男子13名、女子9名の22名で活動しています。

先日の総体東予地区予選では、男子団体優勝、個人神野晴生くん優勝、寺岡央登くん準優勝、女子団体準優勝、個人土岐穂乃美さん準優勝と、素晴らしい活躍をみせてくれました。

中間考査も終わり、県総体まであと2週間です。毎日マスクやマウスシールドを装着しての練習で大変ですが、自分たちの夢や目標を叶えられるように頑張ります。

応援よろしくお願いします。

ケータイ安全教室

5月20日(木)7時間目1年生を対象にケータイ安全教室が行われました。
NTTドコモサービスあんしんインストラクターの方が高松からZOOMを使って講話をしてくださいました。
情報公開には気をつけること、文字だけのやりとりでは本当の気持ちが伝わりにくいことがあること、スマホに振り回されないことなど、スマホを普段から使っているからこそ気を付けなければならないことをわかりやすく教えていただきました。

   

 

 

俳句ポスト知っていますか?

 文化芸能部(俳句部)は、俳句甲子園全国大会出場を目標に、1号館4階の物理講義室と教育相談室の間の文化部室で活動しています。

 また、年に1度、部誌「翡翠」を発行しています。興味のある方は、お近くの俳句部員か、顧問の森川(国語)までお声掛けください。

zest

5月19日(水)7時間目のZESTの様子です。
1,2年生は班に分かれてテーマを決めて課題研究を行っています

   
   

 

会議・研修 教職員ICT相談会

5/13・14の両日にわたって希望者対象の教職員ICT相談会が行われました。
配布されたパソコンを授業で有効利用する方法を日々先生方は考えています。
本校の玉井先生が少しでもスムーズに授業で活用できるように先生方の相談に乗っています。

 

 

鉛筆 物理基礎勉強会

5/13から中間考査が始まり、放課後教室で勉強する生徒も増えています。
5/17(月)2年生理系は物理基礎のテストがあり、多くの生徒が質問や演習をして学んでいます。

 

3年生・学年集会(5/13)

 3年生第2回学年集会で、2年次ZESTでの課題研究の代表班発表が行われました。

 研究テーマは「微生物の滅菌で身近なものや瀬戸内の特産品を有効活用したい」で、第12回今治エコライフコンテストで優秀賞を受賞した研究です。研究内容はもちろん、試行錯誤しながら休日や夏休みも利用して積極的に実験に取り組む姿に、知的探究心の強さを感じました。

 2年生のみなさんも、日頃の小さな疑問をZESTの課題研究で深く研究し、解明してみましょう!

  

学年集会

5月7日(金)6時間目に1、2年生の学年集会が行われました。

2年生は体育館で初めての学年集会が行われました。
学年主任の曲渕先生から手品?数学パズル?を使って、お話をしていただきました。

1年生はオンラインで行われ、学年主任の牟田口先生より「中間考査に向けて」「朝読書について」と題したお話がありました。

来週は1学期中間考査です。
しっかり土日も頑張りましょう。

 
 
   

 

3年生ZEST(総合的な探求の時間)小論文入門

連休前の4月28日(水)7時間目の3年生ZEST(総合的な探求の時間)は、国語科の清水晶子先生を講師に迎え、体育館で小論文入門の講義を開いていただきました。

小論文とは「論理的に根拠を挙げて物事を分析し、意見を主張する」もの。

入試に使う・使わないではなく、「世界」を整理し、「他者」と論理的に対話し、より良く生き、より良い「世界」を築くためのツールでもあるから、誰にとっても必要なのだ!という先生の言葉は大変説得力があり、アカデミックな時間・空間となりました。

清水先生、お忙しい中ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

女子卓球部 GWの練習

女子卓球部です。
新入部員が4人入り、2年生2人、3年生5人の計11人で日々練習しています。
GW中もしっかり練習して、県総体に向けて頑張っています。

 
 

 

放送部活動報告

放送部です。

新入部員も入り、6月の県高校放送コンテスト(Nコン)に向け

アナウンス、朗読、ドキュメント、ドラマの各部門で、

熱心な活動が続いています。

目指せ、全国大会!

 アナウンス・朗読の練習風景

第1回螢雪セミナー

 5月4日・5日の2日間にわたり、3年生を対象に第1回蛍雪セミナーを実施しました。螢雪セミナーは90分×5コマで行う自学自習の取組です。部活動を引退して受験に切り替えた生徒をはじめ、69名が参加しました。受験勉強の第一歩は、「まずは机に向かうこと」です。しっかり学習習慣を身に付けて、計画的な学習をしていきましょう。

第3回金曜特別講座「分子から生命をつくる合成生物学」(4/30)

 4月30日(金)に今年度前期第3回金曜特別講座「分子から生命をつくる合成生物学」が東京大学教養学部統合自然科学科教授の市橋伯一先生によって行われました。現在の技術でどこまで生物に近づけられるのか、とても興味深いテーマの講義ということもあり、79名の生徒が受講しました。通常の会場では入りきらず、複数会場での開催となりました。講義では、現在の生物学は生命を理解することにおいて単一起源の生物しか知らない、生き残った超エリートの生物しか知らないという状況であり、生物の本質を理解するためには別起源または原始的な生命を入手する必要があることを分かりやすい例えを交えながら説明していただきました。市橋先生は「進化するための最低限の分子システム」を自らの手で作り出す選択をし、試行錯誤しながら分子から生物しか持たない特徴をもつ無生物をつくった過程を貴重なデータや画像を用いて説明され、研究することが驚くほど楽しいことを実体験に触れながら学生たちに伝えられていました。まだまだ、研究途中の分野ですが、生物への理解に対してこのようなアプローチもあるのかと驚かされるとともに、今後の成果が楽しみな研究であると感じました。次回は5月21日「戦時下日本芸能界の朝鮮ブーム」です。戦時下の日本の文化、生活を知るよい機会です。たくさんの参加を待っています。

金特3① 金特3②

第2回金曜特別講座

 今年度前期第2回「カーストとは何かーインドの歴史人類学から再考する」が東京大学教養学部教養学科教授の田辺明生先生によって行われました。経済成長著しいインドに関心を持つ、33名が受講しました。講義では、インドの多様性や多様性を保つための社会制度として機能してきたカーストについて説明をしていただきました。インドの多様性がカレーを代表とする南アジアの食文化を生んだ話など、興味深い話が多くありました。次回は4月30日「分子から生命をつくる合成生物学」です。大学の学びにふれる良い機会です。たくさんの参加を待っています。

 

ダンス部作品発表会

昨日夕方にダンス部の作品発表会が行われました。
東予総体で演じた『さくら』という作品を先生方の前で発表し、意見を賜りました。
県総体に向けてより良い作品を目指していく予定です。

   
     
 

 

女子卓球部 総体東予予選結果

4月24日・25日に総体東予地区予選が西条市総合体育館で行われました。

     
     
     
     

初日の団体戦は準決勝で負けてしまいましたが、
2日目のシングルスでは 3年島本と2年越智が勝ち上がり、準決勝で対戦するなど最後までしっかり頑張りました。
思ったような結果が得られなかった選手もいましたが、総体に向けてしっかり準備していきたいと思います。

【 結 果 】
団体3位
ダブルス:島本・藤原組3位、正岡・島本組、越智・阿部組 ベスト16
シングルス:島本2位、越智3位、藤原 ベスト8、越智、正岡 ベスト16 
以上、県大会出場。