新型コロナウイルス感染症に係るいじめ等の防止の徹底について

愛媛県教育委員会人権教育課発出「えひめの子どもたちへ・保護者のみなさまへ  メッセージ2」を御案内させていただきます。今治西高生と保護者の方々の人権感覚の再認識に活用していただければと思います。このことに関して、どのようなことでも悩みや不安があるときには、様々な相談の機会が身の回りにはあります。活用を考えてみてください。

 

えひめの高校生の皆さんへ

全国で新型コロナウイルスの感染者が日々増加しており、愛媛県においても患者の発生が報告されています。目に見えぬこの恐怖は 計り様がなく、私たちの精神を委縮させてしまいますが、こうした状況下でも、国民の生活を支えるために頑張っている数多くの人々の存在を、私たちは決して忘れてはいけません。

医療従事者の方、治療薬の開発に携わる方、生活必需品を届ける運送業の方、交通関係の方など…。感染リスクが高まるなか、予防を徹底しながら、日夜、懸命に働いてくださっています。そして、そのご家族も、働く人を支え、共に闘っているのです。

日本中が困難な状況にある今こそ、社会を支えてくださっているすべての方々に感謝し、高校生として、どう行動すべきか考えましょう 。

みなさんは、これまでの人権に関する学習において、差別の愚かさや醜さを知り、互いの人権を守ることの大切さ・素晴らしさを学んできました。まさしく、今、その成果を実践するときであり、愛媛の高校生の人権意識の高さを見せて欲しいのです 。

感染された方をはじめ、そのご家族や近隣の方々について、うわさや不確かな情報に流され、SNS等に心無い言葉を書き込んだり、デマ や誤った情報を回したりすることは、人を傷付け、生活を奪い、希望を失わせることにつながります。いじめや不当な差別、嫌がらせといった行為を絶対に「しない」「させない」「許さない」という強い気持ちで立ち向かっていきましょう 。

もし、自分に偏見や差別の目が向けられたり、自分の近くの人がいじめられたりした時は、決してひとりで悩まず、すぐに家族や友達、学校の先生など、信頼できる人に相談しましょう。直接相談しにくいときは、悩みを聞いてくれる電話相談窓口を利用できることも、忘れないでください 。

【相談窓口】いじめ相談ダイヤル24  0120-0-78310(24時間いつでも無料で相談できます。)

 

保護者の皆様へ

感染拡大の終息への見通しがなく、不安な毎日をお過ごしのことと思います 。そのようななか、間違った情報や偏見に基づく言動によって、人が傷付くようなことがあってはいけません。今こそ、保護者の皆様には、正しい判断によって子どもの手本となる行動と見守りを、どうかよろしくお願いいたします。

                                                                                                愛媛県教育委員会人権教育課