2020年8月の記事一覧

令和2年度第7回蛍雪大学開催 (8/29)

8月29日(土)に、本校にて、螢雪大学を実施しました。
螢雪大学は、本校卒業生で、現役大学生・大学院生の方々が、大学での学びを現役生に体験させてくれる企画で、平成26年度から始まり、今年で7回目となります。卒業生29名が講座を担当し、生徒196名(うち伯方分校6名)が参加しました。
今年度はコロナ禍により、開催を一旦は断念しましたが、卒業生たちの熱意によりオンラインでの開催となりました。教室にWiFiが整備されたことにより、複数講座を同時開講できるようになり、遠隔地の学生とつながることのできる素晴らしい時間を共有することができました。

【参加者】
高校生196名(1年生133名、2年生52名、3年生5名、伯方分校6名)
大学生 29名
【タイムスケジュール】
  1時間目 10:00~11:30 卒業生の受験・大学体験談、テーマ別講座
  課  外 11:30~12:00 文理選択や受験、大学生活についてのガイダンス
① 理工農 「科学的なものの見方」~なぜそうなるのか~
② 医療  「Let’s Medical!!!」 知って得する医療のあれこれ
③ 人文  「漫画で学んで何が悪い」~流行の漫画二種を添えて~
④ 法学  「詐欺による契約って取り消せるの??」~法的思考を体験してみよう~
⑤ 経済  「経済学がもたらす大局観」~経済は身近なところにある~
⑥ 国際  「It’s small world♪」~英語圏だけでない世界~
⑦ 教育  「実際の授業づくりをみてみよう」~教育学部ってどんなことをするの~

 蛍雪大学の様子は、今治CATVの地域ニュースの時間に紹介されます。9月1日(火) 18:00 21:00 22:45  9月2日(水)8:15 12:00 の各回です。ぜひご覧ください。

 

2年4組のホームルーム活動(8/28)

2年4組のホームルーム活動を覗かせてもらいました。

今日のテーマは「地域環境の美化について」でした。

担当班がクイズを出題することで、

レジ袋有料化やマイクロプラスチックなどの環境問題をクラスで共有し、

今後どのように環境問題解決のために取り組むかを考えました。

自分のできることから、まずは始めることが大切ですね!

 

PTA親睦バレーボール大会の中止について

令和2年8月27日

 保護者 各位

愛媛県立今治西高等学校
PTA会長 小島 秀範
校   長 山本 公治

 

PTA親睦バレーボール大会の中止について

 

 晩夏の候、保護者の皆様におかれましてはますます御清栄のこととお喜び申し上げます。平素から本校の教育活動に、格段の御支援・御配慮を頂き、厚くお礼申し上げます。
 さて、10月2日(金)に開催予定しておりました「PTA親睦バレーボール大会」は、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点より、保護者の皆様の健康・安全を第一に考慮した結果、開催を中止させていただくことにしました。御了承ください。

 

衣装づくりの様子(8/27)

今日は放課後被服教室をのぞいてみました。

すると、生徒たちが応援ダンスの衣装づくりに励んでいました。

自分の衣装を自分の手で作っているそうです。

ミシンを上手に使い、作業をしていました。

本番その衣装を着るのが楽しみですね。

電子顕微鏡説明(1年2組・8組)(8/27)

株式会社 日立ハイテク様よりお借りしている電子顕微鏡を使って、電子顕微鏡の撮影原理の説明を1年生対象に行なっています。今日は生物基礎の時間を利用して、1年2組と8組で説明を行いました。今日の観察の材料はヒトスジシマカです。バイオミメティクスの例としてヒトスジシマカの口器の観察をしました。現在、蚊の口器を参考に痛くない注射針の開発が医療系企業で行われています。蚊はイソ吉草酸(足の裏の臭い)に寄ってくるという話をしたあとに、ヒトは開放血管系でなく閉鎖血管系で毛細血管があるはずなのに、なんで蚊は確実に血を吸うことができるのだろうという問いが生まれました。なぜ、蚊は毛細血管を外すことなくドンピシャに刺すことができるのか?考えてみてください。

(ヒント)血液を吸うためには何を感知するセンサーがどこについていないといけないかを考えるとわかると思います。

 

電子顕微鏡説明(1年3組・5組・6組)(8/26)

株式会社 日立ハイテク様よりお借りしている電子顕微鏡を使って、電子顕微鏡の撮影原理の説明を1年生対象に行なっています。今日は生物基礎の時間を利用して、1年3組と5組と6組で説明を行いました。今日の観察の材料はニワトリの卵です。なぜヒヨコは卵の中で呼吸できるのかという疑問から卵殻膜と卵殻の電子顕微鏡観察を行いました。表面構造を確認したことにより、スーパーで売っている生卵とゆで卵(温泉卵含む)の陳列場所について話し合いました。なぜ、生卵は常温で、ゆで卵は冷蔵なのか?そして、なぜゆで卵にすると生卵より日持ちしなくなるのか?考えてみてください。

ちなみに生物基礎の恒常性の生体防御のところで学びます。

   

 

電子顕微鏡説明(1年4組・7組)(8/25)

株式会社 日立ハイテク様よりお借りしている電子顕微鏡を使って、電子顕微鏡の撮影原理の説明を1年生対象に行なっています。今日は生物基礎の時間を利用して、1年4組と7組で説明を行いました。今日の観察の材料はススキです。なぜススキの葉で手が切れるのかという疑問から電子顕微鏡観察を行いました。今回はススキの葉だけでなく、物を切るツールの例として、カッターの刃、空缶の蓋(よく手を切りますよね)、黒曜石の薄片(石器時代のナイフです(最後の写真))も観察しました。ちなみに黒曜石の薄片は稲葉先生よりお借りしました。なぜ、黒曜石の薄片で物を切ることができるのか?考えてみてください。

  

放課後の体育館の様子 (8/25)

放課後の体育館をのぞいてみました。

各グループが装飾アーチの作成を行っていました。

ほとんどのグループが、下書きをほぼ終えて色塗りを始めていました。

運動会当日に完成したものを見るのが今からとても楽しみです!

電子顕微鏡説明(1年1組)(8/24)

株式会社 日立ハイテク様よりお借りしている電子顕微鏡を使って、電子顕微鏡の撮影原理の説明を1年生対象に行なっています。今日は生物基礎の時間を利用して、1年1組で説明を行いました。今日の観察の材料はハスです。なぜハスの葉は水を弾くことができるのかという疑問から電子顕微鏡観察を行いました。観察途中に気孔を観察することができ、なぜ葉の表面を観察しているのに気孔があるのかという疑問から、ハスという植物の特徴に気づくことができました。なぜ、葉の裏側より表側に気孔が多いのか?考えてみてください。