西高の活動

2020年8月の記事一覧

野球部 3年生 引退セレモニー(8/11)

8月11日(火)10時から、今治西高校グラウンドにて、野球部3年生引退セレモニーが行われました。

生徒会長による進行で、野球部員と応援団(応援部、吹奏楽部、生徒会役員)が参加し、応援団挨拶、エール、応援歌「GO WEST」の演奏の後、野球部お礼の言葉で締められました。

例年は夏の選手権県大会での最後の試合後に、野球部員の皆さんが学校に帰ってきた時に行っていたセレモニーですが、今回の夏季大会では応援団による球場での応援がかなわず、日をあらためての実施となりました。

短い時間ではありましたが、野球部と応援団、双方にとっていい節目のセレモニーとなりました。

この引退セレモニーは、現在OB・OGとして母校に勤務されている先生が高校生の頃からずっと続いているとのこと。

今西には「がんばる人を応援する」文化が根付いているように思います。コロナ禍の現在、大変なことも多いですが、「人を思いやる」気持ちを忘れず、一日一日を前向きに過ごしましょう!

校長先生が一学期終業式で言われたとおり、「きっと大丈夫です!!」

(写真は写真部の皆さんが撮影したものです。)

 

卒業生の皆様へ(運動会の参観制限について)

卒業生の皆様へ

運動会の参観制限について

  今年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために様々な学校行事を中止せざるを得ない状況となっておりますが、9月に実施予定の運動会こそは何とか実施したいと考え、現在、できる限りの安全対策を講じているところです。

 例年であれば、多くの卒業生の皆さんに来校していただき、後輩たちの応援をしていただくところですが、感染拡大の防止対策として、本年度の運動会の参観は、保護者の方のみにさせていただくことにいたしました。あわせて、運動会の準備期間や部活動においても、卒業生の皆様が生徒と接することを控えていただきたいと考えておりますので、御理解と御協力をお願いいたします。

弓道部 リーダー講習会に参加してきました(8/11)

8月9日に砥部の総合運動公園弓道場において、弓道の基本的な体配や射技についての講習会が行われました。

本校からも2名の生徒が参加し、普段の練習で当たり前のようにやっていることについても、一つ一つ改めてその意義や注意点を教えていただき、大変勉強になりました。

1年生も射場での練習が始まりました。安全に気をつけて、教えていただいたことを部員みんなで共有し、これからの活動に役立てていきたいです。

俳句部 サイクリング吟行会(8/8)

 8月8日(土)、先日学校に配備されたクロスバイクを利用して、俳句部の5名が俳句を詠む「吟行会」に出かけました。

 コースは「今治駅(サイクリングターミナル)→河野美術館→今治城→今治港→市役所(丹下健三の建築物)→南光坊(四国遍路第五十五番札所)」の今治市街地区。各スポットで1句ずつひねりながら、天守閣や海沿いでは秋の訪れを感じさせる涼やかな風にも吹かれ、ゆったりとした初心者コースを楽しみました。部員たちはこのような俳句を詠みました。

 

  今治駅  新しき木の匂ひして秋に入る   川又心美

       立秋や英字点字の板マップ    山本瑠香

河野美術館  美人画は「し」の顔をして秋の音 越智夏鈴

       北斎の手記の規律や秋に入る   山本瑠香

  今治城  一段を踏みしめ天守閣の秋    越智夏鈴

       立秋の海押し広ぐ櫓かな     山本瑠香

  今治港  海おだやか秋のはじめの堤に立ち 八木大和

       どの人もくつろいでをり秋の海  川又心美

  市役所  コスモスや戸籍かえたる日も昔  盛武虹色

       秋立つや横断幕は昼の陽へ    八木大和

  南光坊  本堂を名もなき猫や秋の昼    八木大和

       薄紅葉砂利踏んでゆく弘法大師  越智夏鈴

 

第17回 日本の次世代リーダー養成塾 オンライン事前研修(8/7)

第17回 日本の次世代リーダ-養成塾は、今年度、コロナ禍の影響で8月8日(土)からオンライン講義でスタートします。今西では2年生の男子生徒2名が愛媛県の代表メンバーとして参加します。

本番に先駆けて8月6日(木)の午後に、オンラインでの事前研修が行われ、2人の生徒は学校からのリモートにより、県内から参加の11名で初顔合わせすることができました。

県教育委員会の担当の先生からも期間中の具体的な説明を受けることができ、本番に向かって実感が湧いてきたようです。

オンライン講義は8月8日(土)~12日(水)、23日(日)、30日(日)、9月6日(日)、13日(日)の計9日間。

その後、9月19日(土)~22日(火)3泊4日で福岡県宗像市のグローバルアリーナで合宿を行う予定です。

オンライン含め期間中は日本とアジアの高校生が本音で議論する「アジア・ハイスクール・サミット」が毎日講義後に開かれ、今年は「ウィズ・コロナからポスト・コロナへ社会をどう変革していくか~高校生からの提案」と題して行います。

世界中の人々が「当事者」となった今の世の中で、全国から参加する高校生の代表生徒たちが、どのような未来を描いていくことができるのか、期待して注目していきたいと思います。

やっぱり今時の若者は適応が早いです!

Web会議ソフトをスマートに使って、順調にオンラインでの研修が進んでおり、感心しました。

本番もがんばりましょう!