西高の活動

2020年6月の記事一覧

1年学年集会の様子(6/29)

本日から1学期末考査が始まりました。

2限終了後、体育館で1年生の学年集会が行われました。

生徒課長の先生より、携帯・スマホ使用についての注意事項や、

学年主任の先生より、進路実現へ向けてのお話がありました。

その後、身だしなみ指導が行われました。

高校に入学し3か月が経ち、ようやく高校生活に慣れてきたと思います。

慣れは気の緩みのもとになります。気を引き締めて日々の生活を送っていきましょう。

令和2年度3年生進路説明会(6/29)

 

 6月27日(土)に、令和2年度3年生保護者対象の進路説明会が行われました。3年生保護者のうち209名に参加をいただき、昨年度の入試結果や新しい大学入試の仕組みについて、進路課より説明を行いました。3年生が安心して大学入試に臨むことができるよう、学校全体でサポートしていきます。3年生保護者のみなさま、PTA進路指導委員会役員のみなさま、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました。

 

2年生ホームルーム活動(6/26)

6月26日(金)6時間目のホームルーム活動の様子です。

人権・同和教育、主権者教育をはじめ、各クラスのテーマに沿って活動しました。

6月29日(月)からは、1学期末考査が始まります。

いい節目となるよう、応援しています!

201HR 202HR
203HR 204HR
205HR 206HR
207HR 208HR

美しき美化倉庫(6/26)

 今治西高校の美化倉庫が美しいのをご存じですか?

 すっきりと整理整頓されており、欲しいものがすぐに見つかります。

 美化倉庫には次のものがあります。

 ●洗剤類(ガラスマジックリン、サンポール、重曹など)

 ●清掃道具類(ほうき、ちりとり、トイレ用ブラシ、スポンジ、ひばさみ、じょうろなど)

 ●その他(トイレの消臭剤)

  清掃時には美化委員さんが待機しており、皆さんの欲しいものをサッと手渡してくれます。

 トイレ掃除に使用している「重曹ちゃん」は、なくなったらペットボトルに入れてくれます。

 トイレのタイルがなるべくすり減らないように、研磨剤入りの洗剤と重曹を併用しています。

 トイレ掃除は心の掃除。磨いていきましょう。

 

 

本日の学校の様子(6/25)

本日の授業中の様子です。

考査期間に入り、いつも以上に生徒・教員ともに授業に熱心に取り組んでいます。

土曜日は、考査前質問日が設けられています。

分からないところはそのままにせず、先生に質問に行き、テストに備えましょう。

2年生・ZESTの様子(6/25)

2年生はZESTで課題研究を行っています。

2~4人で班を作り、テーマを決め研究を進めています。

理系のクラスは実験・観察を伴う課題研究も行っていて、実験室で熱心に取り組んでいました。

9/23・30の課題研究発表会に向け、頑張ってください!

3年生小論文講演会(6/24)

 

学研みらいアソシエの、波多野洋司先生を講師にお迎えして、3年生対象の小論文講演会を実施しました。3年生のうち、毎年150人以上が小論文を使って大学受験に臨みます。社会問題への関心を持つことや、感染症・新型コロナウイルスの問題など、新しいテーマへの取り組み方について、有意義なお話を聞くことができました。

ある日の清掃風景(6/24)

 梅雨の時期の晴れ間、今日はとてもすがすがしい空が広がっています。

 少し汗ばむ気温の中、生徒たちが清掃にいそしんでおりました。

 もちろん先生も!

 窓を磨いたり、苔を取ったり。みんな暑い中がんばっていました。

 みんなのがんばりによって、今治西高校は美しく保たれています!

 

期末考査期間になりました。(6/23)

写真は放課後の教室の様子です。

昨日、1学期末考査の時間割が発表され、考査期間になりました。

多くの生徒が放課後、教室で自習を行っていました。

また、職員室前には、先生への質問のために生徒が列を作っていました。

しっかりと1学期の復習を行い、考査に備えましょう。

梅雨の晴れ間に(6/22)

 

 梅雨の晴れ間に、登山部が活動をしていました。

 今は密を避けるため、部員は同じテントでは過ごせませんが、

 早く、みんなでテントで過ごせる日が来ることを願いつつ活動しています。

 

 

 

金曜特別講座「宇宙における生命~命の星はいくつあるか?」(6/19)

 6月19日(金)に「⾼校⽣と⼤学⽣のための⾦曜特別講座」が開催されました。

 「宇宙における生命~命の星はいくつあるか?」というタイトルで、東京大学 理学部 天文学科教授 戸谷友則 先生に講義していただきました。最初の生命はどのように誕生し、そして、生命を宿す星は宇宙にいくつぐらい存在するかという究極の疑問に、宇宙論の観点から考察する内容でした。本校の理科の先生も参加されていました。

 今年度は、自宅でもZOOMやYouTubeでも受講できるように配信されています。自宅で受講する生徒も次第に増えてきたようです。ぜひこういった機会を利用して、最先端の深い学びを体験してみてください。

 

本日のHR活動(6/19)

本日のHR活動は、進路指導HRでした。

1年生は文理選択に向けて、現時点での志望校の決定などを行いました。

ところで、今もなおコロナウイルスは、世界中の多くの人々を苦しめています。コロナウイルス感染拡大により、皆さんは教育、経済、医療、人権など様々なことについて考えさせられたのではないでしょうか。一体自分には何ができるだろうかと。

ぜひ、これらの問題の中で興味・関心を持ったことについて、大学や専門学校などで深く学び、将来その学んだことに関する仕事に就いて、少しでも周りの人を笑顔にして欲しいと思うのです。

自己実現・進路実現のために、まずは文理選択を決めて、真の学習を始めていきましょう。

教職員の健康診断を実施しました(6/18)

 大粒の雨が降る中、図書室にて教職員の健康診断を実施しました。

 図書室の乙女の像が見守る中、血液検査、身体計測、心電図検査などを行いました。

 実は、学校保健安全法という法律があって、その第15条に「学校においては、毎学年定期に

 学校の職員の健康診断を行わなければならない。」と定められています。

 もちろん、生徒のみなさんの健康診断を行わなければならないという、法律もあります。

 先生方は、結果が届くまでは、ホッとして過ごせるでしょうか。

       

本日の1年生ZESTの様子(6/17)

本日の7時間目は、ZEST(総合的な探究の時間)の授業でした。

1年生では、奇数クラスが「SDGs(持続可能な開発目標)」、

偶数クラスが「i.i.imabari!」について、課題研究を行っています。

生徒たちは、各自が臨時休校期間中に書いたレポートをもとに、

班ごとにサブテーマを決め、ポスターの作成を行いました。

金曜特別講座「超すごい顕微鏡で生きた細胞を見る」(6/16)

 6月12日(金)に、「超すごい顕微鏡で生きた細胞を見る」というタイトルで、東京大学 理学部 物理学科・教授 岡田 康志 先生に講義していただきました。「細胞の中で働く分子の姿が見たい!」そんな夢をかなえる超すごい顕微鏡開発の内容でした。

 物理基礎をまだ学習していない1年生には、物理学的な理解は難しいかなと思いましたが、「面白かったね!」と内容を話しながら情報教室を出ていく後姿を見て、知的好奇心溢れる西高生だなあと頼もしく感じました。

 来週は、「宇宙における生命~命の星はいくつあるのか?~」という内容の講座です。せっかくの機会ですので、興味のある内容の時には奮って参加してみましょう!

心電図検査を実施しました。(6/16)

    1年生の心電図検査を実施しました。

    学校の心電図検査は、心疾患の早期発見、適切な治療、突然死の予防を目的に行われています。

   検査の結果、2次検査が必要な場合は速やかに病院受診をお願いします。

 

           

今日の学校の様子(6/15)

 

本日午前中の南門の様子です。雨は降っていませんが、時折強い風が吹いています。

週末には、1年生スタディサポート、2年生全統模試、3年生進研共通テスト模試が実施されました。

受験して終わりではなく、復習をきちんと行い、今後の勉強に生かしましょう。

6月12日(金)2年生ホームルーム活動(6/15)

西高生活も少しずつ日常を取り戻しつつある中、6月12日(金)6時間目は、人権・同和教育をはじめ、学習に関すること、進路に関すること、クラスの親睦を深める活動など、2年生8クラスが、それぞれ有意義な時間を過ごしました。
コロナ対策には引き続き気を付けつつ、日々の活動に取り組んでいます。

201HR 202HR
203HR 204HR
205HR 206HR
207HR 208HR

今日の学校の様子(6/11)

本日の学校の様子(中庭とグラウンド)です。

朝から雨が降っていて、本格的な梅雨の到来を感じます。

梅雨の時期は、登下校時に事故が発生しやすいので注意しましょう。

また、気温と湿度が高くなっているので、熱中症にも十分注意しましょう。

 

 

結核検診を実施しました(6/10)

 

  新型コロナウイルス感染症の流行のため延期していた結核検診を実施することができました。

  手指の消毒をし、密を極力避けて実施しました。

               

       

    

  結核検診は、胸部のX線撮影で肺結核の有無を調べています。

  なかなか減らない病気で、「再興感染症」とよばれており、発展途上国に発症者が多い感染症です。

  集団で生活する学校は、感染症が蔓延しやすい環境です。

  感染症予防、早期発見・早期治療が重要です。

 

 

 

本校卒業生の皆様へ

今治市から、今治製タオルマスク配布のお知らせがありました。対象は、今治市出身の市外在住の学生で、先着順で1000名(1人2枚)に配布するということです。詳細は、今治市のホームページをご覧ください。

今日の正門(6/9)

本日朝8時頃の正門の写真です。綺麗な青空が果てしなく広がってしました。

これから多くの西高生が、この正門を元気に駆け抜けていきます。

 

 

金曜特別講座「離散力学系の不思議な構造」(6/5)

6月5日(金)に「⾼校⽣と⼤学⽣のための⾦曜特別講座」が開催されました。

 「離散力学系の不思議な構造」というタイトルで、東京大学 理学部 数学科教授 ウィロックス・ラルフ 先生に講義していただきました。離散力学系と呼ばれるものの数学的な役割と不思議な性質を紹介しながら、数学の他の分野との関係を説明するという内容でした。本校の数学科の先生方も参加されていました。

 今年度は、自宅でもZOOMやYouTubeでも受講できるように配信されていますので、ぜひこういった機会を利用して、最先端の深い学びを体験してみてください。

 

金曜特別講座「イランから考える世界史」(6/1)

 5月29日(金)に、校内で今年度初めて「⾼校⽣と⼤学⽣のための⾦曜特別講座」を実施しました。

 「イランから考える世界史」というタイトルで、東京大学 教養学部 教養学科・准教授 大塚 修 先生に講義していただきました。中東イスラーム地域の中でも独特の歴史と社会を持つイランから世界史を考え直すという内容で、本校の地歴・公民科の先生方も3人参加されていました。

 今年度は、自宅でもZOOMやYouTubeでも受講できるように配信されています。前々回の「ウイルス感染のメカニズムと薬の開発法」や、前回の「腸脳力!~最強の体内物質がヒトを変える~」にも、多くの生徒が自宅から参加したようです。ぜひこういった機会を利用して、最先端の深い学びを体験してみてください。