メインメニュー

学校紹介

学校評価

2018年10月11日(木曜日)

ほんばこ8‐9月号を作成しました。

カテゴリー: - bukatsu @ 14時21分17秒

honbako 18-8-9.pdfほんばこ8‐9月号


2018年10月9日(火曜日)

社会人講話

カテゴリー: - bukatsu @ 08時38分25秒

社会人講話(3年生ZEST)

 10月3日(木)に、6・7限目のZEST(総合的な学習の時間)を利用して、3年生対象の社会人講話が行われました。

 社会人講話は、今年度初めての試みで、社会人の方をお招きし、キャリア教育の一環として実施しました。講師は、次の先生方に来ていただきました。

 理型:愛媛大学 医学研究科 分子細胞生理学講座

     教授・医学博士  田中 潤也 先生

 文型:四国アライアンスキャピタル株式会社

     代表取締役社長  竹田 雅弘 先生

    北浜法律事務所

     弁護士      渡辺  徹 先生

 理型は武道場で、文型は体育館で、それぞれ行いました。

理型では、田中先生から、医学研究の面白さを、田中先生ご自身の研究や、先日ノーベル医学生理学賞を受賞された京都大学本庶佑教授の研究内容を交えながらご説明いただきました。研究者として日本や世界に貢献することの重要性に気付かされ、講演後は自らの視野が広がったように感じました。

 文型では、竹田先生、渡辺先生ともに、本校で過ごした高校時代からの経験や挫折についてお話をしてくださいました。社会人になってからは、仕事をしながら国家資格や専門分野の勉強に取り組んだことを通して、新しい課題を自ら見つけていくことの重要性についてお話をいただきました。銀行系ファンド会社の代表、弁護士として最前線で活躍されているお二人が、生徒からの質問に対して「今の高校時代の勉強は、必ず役に立ちます」と力強く回答してくださったことは、生徒の皆さんも強く印象に残ったのではないかと思います。

 3名の講師の先生方、素晴らしい講演をありがとうございました。

H30_syakai01.jpg H30_syakai02.jpg

   田中 潤也 先生     左:竹田 雅弘 先生

                右:渡辺  徹 先生

H30_syakai03.jpg

  講演後の質問の様子


2018年10月1日(月曜日)

九州大学修士課程大学院生との進路相談会

カテゴリー: - bukatsu @ 18時01分24秒

九州大学修士課程大学院生との進路相談会

 9月26日(水)に、本校コンピュータ教室にて、九州大学修士課程大学院生との進路相談会を実施しました。

本校卒業生で、九州大学人間環境学府修士課程1年の亀田孝彦さんが、母校である本校を訪問し、九州大学について、また、大学での学び、学生生活、大学受験等について、後輩に話をしてくれました。

人間環境学府という学府ですが、実際に亀田さんが専門としているのは建築学とのことです。

現役生は、合計11名(3年生3名、2年生8名)が参加し、熱心に説明を聞いていました。特に受験が間近に迫ってきている3年生からは、積極的に質問が出され、それに対して亀田さんが一つひとつ丁寧に答えてくれました。

亀田さん、わかりやすくためになる説明をありがとうございました。

 

H30_kyuudaisyuusi01.jpg H30_kyuudaisyuusi02.jpg 

H30_kyuudaisyuusi03.jpg


3年生第2回螢雪セミナー

カテゴリー: - bukatsu @ 17時54分50秒

3年生第2回螢雪セミナー

 9月16日(日)〜17日(月)の2日間、本校にて3年生対象の第2回螢雪セミナーを実施しました。時間割は以下の通りです。

  7:20 8:15 早朝自主学習

  8:15 8:25 出席点呼・諸注意

  8:3010:00 自主学習90分)20分休憩

 10:2011:50 自主学習90分)20分休憩・昼食

 12:5014:20 自主学習90分)20分休憩

 14:4016:10 自主学習90分)20分休憩

 16:3018:00 自主学習90分)清掃後、終了

会議室で75名と小会議室に12名の合わせて87名の3年生が参加し、熱心に勉強に励みました。

H30_32semi01.jpg H30_32semi02.jpg

    会議室の様子        小会議室の様子

H30_32semi03.jpg

 担当教員からのアドバイス

生徒からは次のような感想が述べられています。

夏休み、運動会が終わり、本格的に受験勉強に集中して取り組み始める時期なので、ちょうど良かった。

〇単にだらだらとするのではなく、90分という目標があり、その間に何をするか計画を立てるという、目標と計画性をもってできるのがいいと思う。また、時間内に計画分を終わらせられたときの達成感を感じることができるのもこのセミナーの利点だと思う。

〇集中し続けることは難しかったが、周りの人たちが頑張る姿を見て、自分も頑張ることができた。

〇(第1回から)5日間参加させてもらいました。徐々に自分が集中して取り組めることができている時間が長くなっていることを実感することができました。

〇後輩たちに勇気と希望を与えるためにも、志を高く持ち「やればできる」という実証を結果で出してみせたいと思います。頑張ります。今回もありがとうございました。

 参加した3年生は、運動会が終わった後の切り替えがしっかりとできたようです。このセミナーで得たものを、これからの受験勉強に、大いに生かしてください。


生物部 夏休み〜9月の活動

カテゴリー: - bukatsu @ 12時28分20秒

生物部9月


放送部 夏休み〜9月の活動

カテゴリー: - bukatsu @ 12時27分01秒

放送部9月


保健便り10月号ができました。

カテゴリー: - hoken @ 11時58分19秒

hoken3010.pdf(ここをクリックしてください)


2018年9月28日(金曜日)

俳人協会第57回全国俳句大会ジュニアの部 入選、佳作

カテゴリー: - jouhou2 @ 16時51分46秒

 

 俳人協会が主催する第57回全国俳句大会ジュニアの部においてこのたび、3年生部員2名が入選、佳作を果たしました。今年は全国から26000余句の応募があり、一次予選、二次予選、最終選考を経て大会賞以下の各賞が決定されました。

 

  入選 ペダル踏むたび春の土匂ひけり 3年女子

  佳作 みづの上を人の行き交ふ水の春 3年男子


第53回子規顕彰全国俳句大会 当日句特選

カテゴリー: - jouhou2 @ 16時49分14秒

 第53回子規顕彰全国俳句大会が9月23日、松山市立子規記念博物館で開催されました。今年は全国から9000句を超える投句があり、当日は県内外から約450人が集い、表彰式や講演が行われました。本大会は句歴数十年のベテランも初心者もすべて平等に選考されるレベルの高い大会です。その中で、当日句の部において、1年生部員が選者の特選をいただきました。

  特選句 触れてみて呑んではじめて秋の水


2018年9月3日(月曜日)

保健便り9月号ができました。

カテゴリー: - bukatsu @ 10時02分02秒

保健便りH309月HP用.pdfここをクリックして下さい。


2018年8月28日(火曜日)

「日本の次世代リーダー養成塾」成果普及発表会

カテゴリー: - jouhou2 @ 12時36分56秒

 標記の会が8月22日、松山市のえひめ青少年ふれあいセンターであり、養成塾に選抜された本校2年生が活動状況を発表しました。今年の養成塾は、7月下旬〜8月上旬の2週間に渡り福岡県で開催され、現マレーシア首相マハティール・ビン・モハマド氏を始めとする各界リーダーの講演を聴くとともに、リーダーを養成する様々なプログラムをこなしました。写真は、活動の一端を一般参加の高校生に説明している場面です。

 

2_3.jpg< ?xml:namespace prefix = "o" ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />


第21回全国高校俳句選手権大会(俳句甲子園)

カテゴリー: - jouhou2 @ 12時35分18秒

 第21回全国高校俳句選手権大会(俳句甲子園)が8月18日〜19日、松山市の大街道商店街及び松山市総合コミュニティーセンターで開催されました。全国から140チームを越えるエントリーがあり、地方予選(投句審査)を突破した32チームが熱戦を繰り広げました。今治西は、団体戦での決勝リーグ進出はかないませんでしたが、次の2句が個人優秀賞を受賞しました。

  平成の残暑真つ只中に俺   (3年男)

  張りつめてゐる滴の宇宙かな (3年女)

 また、大会当日は、選手の保護者の皆様、多くのOB・OGの方々のご声援やお力添えをいただき、誠にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。今後とも精進に努めますので、ご声援をよろしくお願い致します。

 なお、この模様は、9月13日(木)の「おはようえひめ」(NHK総合 7:30〜)のスポットコーナーで放送予定です。(写真は開会式)

1_2.jpg


2018年8月27日(月曜日)

螢雪大学

カテゴリー: - bukatsu @ 10時30分13秒

螢雪大学

 8月23日(木)に、本校にて、螢雪大学を実施しました。

 螢雪大学は、本校卒業生で、現役大学生・大学院生の方々が、大学での学びを現役生に体験させてくれる企画で、平成26年度から始まり、今年で5年目となります。

【参加者】

  高校生206名(1年生162名、2年生26名、3年生18名)

  大学生 47名(当日参加33名)

【タイムスケジュール】

  1時間目  9:00〜10:30 卒業生の受験・大学体験談、体験型進路授業

  2時間目 10:40〜12:10 卒業生の受験・大学体験談、体験型進路授業

  放課後  12:20〜14:00 昼食を取りながら、先輩と自由にトーク(希望者)

【各講座テーマ】

  1 理工 これからの世界を創るのは理工だ!!

  2 医療 チーム医療

  3 農学 遺伝情報の機能とその利用

  4 人文 モンブランと白い山

  5 経済 高校生活×経済・経営

  6 法学 借りてきた部屋、半分、雨漏り

  7 教育 授業を作ろう

  8 文理融合 こちら今治市地震対策本部

 残念ながら、台風20号の接近に伴い暴風警報が発令されたため、2時間目以降は中止となりましたが、1時間目終了後、生徒達は口々に「楽しかった!」との感想を述べていて、今年も大成功で終えることができました。

本企画は、高校生アクティブ・ラーニング推進事業の一つとしても実施され、本校だけでなく、今治地区の先生方にも参観していただきました。

 高校1年生から大学院2回生までの最大8歳の年齢差の学生達が、自主的に企画、参加し、積極的にグループワークを取り入れ、主体的・対話的に深く学ぶことでお互いを高め合える「螢雪大学」は、アクティブ・ラーニングの理想形と言えるのではないでしょうか。

 現役生のために、相当な準備をして下さった卒業生の皆さん、本当にありがとうございました。今回学んだ現役生の中から、次の螢雪大学スタッフが生まれることを期待しています。

H30_keisetsudaigaku01.jpg H30_keisetsudaigaku02.jpg H30_keisetsudaigaku03.jpg


2018年8月21日(火曜日)

九州大学工学部ホームカミング授業

カテゴリー: - bukatsu @ 10時03分34秒

九州大学工学部ホームカミング授業

 8月17日(金)に、本校コンピュータ教室にて、九州大学工学部ホームカミング授業を実施しました。

 本校卒業生で、九州大学工学府海洋工学システム工学専攻修士1年の井手貴仁さんが、母校である本校を訪問し、九州大学や工学部について、また、大学での学び、学生生活、大学受験等について、後輩に話をしてくれました。

 現役生は、合計19名(3年生6名、2年生13名)が参加し、熱心に説明を聞いていました。また、本校の卒業生ということもあって、プレゼン終了後には、多くの生徒が積極的に質問をしていました。

 井手さん、わかりやすくためになる説明をありがとうございました。

H30_kyusyu01.jpg H30_kyusyu02.jpg H30_kyusyu03.jpg


2018年8月18日(土曜日)

オープンキャンパスツアー

カテゴリー: - bukatsu @ 14時52分48秒

オープンキャンパスツアー(京都・大阪・神戸大学)

 8月9日(木)・10日(金)の2日間、京都大学・大阪大学・神戸大学を訪問するオープンキャンパスツアーに、本校1年生51名、2年生23名の合計74名が参加しました。

 参加した生徒からは、次のような感想が寄せられました。

〇実際に自分で見ることによって、大学の雰囲気、学生の雰囲気、施設の充実さなど、たくさん感じることができました。自分の興味のあること、やってみたいことと合っているかも知ることができました。人から聞くだけで調べるだけで終わらずに、自分で感じることは大切だと思いました。大学の学生さんの話も聞けて、有意義な時間でした。

 

〇大学で質問したり、教授や学生、関係者とお話できたこと、研究内容を詳しく知ったことは、志望校を選ぶ上で本当に貴重な経験になった。大学で自分がやりたいことを具体的に思い浮かべられたので、勉強のモチベーションアップにつながった。大学の教授の本を買ったので、読んでみようと思う。

 

〇勉強をするために大学に行くのだということを改めて考えられた。自分の目的を果たすために、自由に自ら行動できるところに魅力を感じた。

 

〇大阪大学の学生の方が高校生だった時の勉強法などをうかがったとき、いつも先生が言ってくださることがほとんどで、この2年生のうちに基礎はしっかり固めておかなければならないと思いました。これからの勉強につながることがたくさんありました。まだまだ自分に足りないところがありすぎると改めて思いました。

 

〇レベルの高い大学なので、学業一筋のようなイメージがありました。もちろんそれに変わりはなく、研究などたくさんしていましたが、サークルも盛んで、文武両道で、雰囲気も明るく、イベントもたくさんあり、充実していると思いました。

 

〇それぞれの大学で講義を受けた際、周りの人たちは古文単語や英単語をスキマ時間にしていて、ライバルは全国の高校生だということを改めて認識しました。部活動をしている分、勉強時間は短く限られたものになるので、効率よく、そして切り替えを早くする必要があると思いました。志望校を変えるのではなく、志望校に合格するための学力をつけるという意識で勉強をしていこうと思いました。

 

 ツアーに参加したことで、モチベーションが上がった生徒がたくさんいたようです。明確な目標を持って、今後の高校生活を有意義なものにしていきましょう。

 

H30_open01.jpg H30_open02.jpg


主要大学説明会

カテゴリー: - bukatsu @ 14時48分58秒

主要大学説明会

 8月8日(水)、東京大学主催の主要大学説明会(広島会場)に、本校1年生49名、2年生26名の合計75名が参加しました。

 参加した生徒からは、次のような感想が寄せられました。

〇どの大学に進むかしか考えていなかったが、大学に進学する意味を考えさせられた。

〇大学での過ごし方、学部・学科の選び方が分かった。得意・不得意よりも自分が興味がある方へ行くことが大切だと思った。

〇かねてから第1志望にしていた大学の理念や方向性が自分に合っていると再確認することができ、行きたい気持ちがより高まった。

〇AO入試や推薦入試など、自分の人間力を見られる入試が多くなっていると感じた。Classiのポートフォリオを活用していきたい。

〇大学では解のない世界に突入する、という話が心に残った。自分で深く考えて自分なりの解を導き出さなければならないと感じた。

〇視野が狭いのでもっと広げるように言われた。自分の考えの甘さを感じた。

〇実際に話を聞くと、思っていたのと違うと感じたり、ここもいいかも、と今まで考えなかったことを考えたりするようになった。

〇その大学に進学するための勉強法をしっかりと教えてくれたので、学習意欲が高まった。

〇興味のなかった学部でも、話を聞いているうちにこの学部でも学んでみたいと思うようになり、今までよりも視野が広がった。

〇大学は国際的な活動が多いので、英語の力をもっと身に付けたい。今から大学に向けて頑張ろうという気持ちが強くなった。

〇大学はまだ先だと思っていたけれど、1年生の時から調べることによって、自分が進むべき方向に向かって、具体的な計画を立てられると思った。

〇たくさんの大学が来ていたので、見比べることができてよかった。大学によって授業の進め方が違うことがわかった。今度は気になった大学を実際に見学しに行きたい。

〇今回の説明会に参加して、今後の自分に必要なものは何か、自分がこれからどのような勉強をしていけばよいのか、などが分かり、先が見えてきたのでとてもよかった。

 多くの大学が集まっているので、たくさんの情報収集ができることや、個別相談ブースで1対1で質問し、大学の魅力を比較検討できることが主要大学説明会の魅力です。今回の説明会で得たものを、今後の高校生活に生かしていってください。

H30_syuyou01.jpg H30_syuyou02.jpg H30_syuyou03.jpg


2018年8月6日(月曜日)

済生会今治病院医療体験

カテゴリー: - bukatsu @ 11時41分43秒

済生会今治病院医療体験

 

 8月4日(土)、済生会今治病院にて、医療体験学習会が開催され、1・2年生25名が参加しました。

 

H30_saiseikai01.jpg H30_saiseikai02.jpg H30_saiseikai03.jpg

          超音波検査                          手術室                            検査部

H30_saiseikai04.jpg H30_saiseikai05.jpg H30_saiseikai06.jpg

             薬剤部                           放射線部                        内視鏡検査

 

 1年生は、参加した内容をClassiにまとめ、学んだことを蓄積しています。早速、次のような感想が届いています。

 

設問1 今回の病院見学会に参加しての感想(改めて考えたこと)

・ 今まで知らなかった職業や職業内容を知ることができて、これからの進路を考える上で良い経験になりました。最先端の技術を取り入れた医療設備が整っていて、病院の現状を知ることもできました。

 

設問2 目指す医療職に対する意識は変化しましたか。

・ 病気やけがを治すには医者だけではなく、栄養士や薬剤師などたくさんの人が協力することが大切なのだと思いました。

・ 私は、看護師になりたいと考えていたので、看護師以外の医療職についてあまり詳しくは知りませんでした。しかし、今日の医療体験を通して看護師になりたいという気持ちが強くなっただけではなく、ほかの医療職にも興味が湧いてきました。

 

設問3 自分の目指す理想とする医療従事者像

・ 患者さんに寄り添い、コミュニケーションを大切にしたいです。また、自分の腕を磨くだけではなく、チームとして患者さんを救いたいです。

 

設問4 今後の取組および受けてみたい研修等

・ オペ見学

・ 管理栄養士の仕事を病院だけでなく老人ホームでの仕事なども見てみたいです。

・ 少しの間でも多くのことを学ぶことができたので、もっと時間をかけて細かい部分まで見てみたいと思いました。これからは、自分のことだけでなく周りに目を向けられるように心掛けていきたいです。今日は、本当に良い経験ができました。

 

 このような体験学習を通じて、自分の将来像が明確になった人が数多くいたようです。医療関係の職業にある人や進路選択に迷っている人は、来年ぜひ参加してみてください。

 


3年生第1回螢雪セミナー

カテゴリー: - bukatsu @ 11時30分23秒

3年生第1回螢雪セミナー

8月1日(水)〜3日(金)の3日間、本校にて3年生対象の第1回螢雪セミナーを実施しました。時間割は以下のとおりです。

  7:20 8:15 早朝自主学習

  8:15 8:25 出席点呼・諸注意

  8:3010:00 自主学習 90分)20分休憩

 10:2011:50 自主学習◆90分)20分休憩・昼食

 12:5014:20 自主学習(90分)20分休憩

 14:4016:10 自主学習ぁ90分)20分休憩

 16:3018:00 自主学習ァ90分)清掃後、終了

 会議室で78名と小会議室に10名の合わせて88名の3年生が参加し、熱心に勉強に励みました。

H30_31semi01.jpg H30_31semi02.jpg H30_31semi03.jpg

          会議室の様子                  小会議室の様子           担当教員からアドバイス

生徒からは次のような感想が述べられています。

〇 学習90分という時間に対し20分という休憩はちょうど良かった。もし10分の休憩であったら、次の90分の集中力はなかったと思う。座席も指定されているので隣の人と緊張感をもって取り組めた。

〇 課外が終わった直後の3日間だったので、夏休みの学習に向けて良いスタートが切れたのではないかと思います。3日間実施されていることで学習習慣が確立した気がします。

〇 一番良かったのは、やはり、自分が眠たかったりしんどい時に、周りのみんなが一生懸命勉強している姿を見ることができ、自分も頑張ろうと思えたことです。また、この時間はこの勉強を頑張ろうと目標を持ってできたので、この螢雪セミナーでつかんだ勉強のリズムや集中力をこれからの自分の勉強に生かしていきたいです。

〇 1日1日、何を勉強するか計画を立ててから勉強に取り組むようにしました。計画していたことがしっかりできたし、計画していた以上に他のことにも取り組めたりしました。この夏休みはしっかり細かく計画を立てて勉強に励みます。

〇 自分史上、最も勉強した3日間だった。

 参加した3年生は、頑張っている友の背中に大きな刺激をもらえたようです。このセミナーで得たものを、この夏の受験勉強に、大いに生かしてください。

 


2018年8月3日(金曜日)

自治医科大学説明会

カテゴリー: - bukatsu @ 07時43分51秒

自治医科大学説明会

 7月31日(火)本校コンピュータ教室にて、自治医科大学説明会が行われました。

 まず最初に、愛媛大学大学院医学系研究科の 佐藤 格夫 教授から、愛媛県ドクターヘリ等県内地域医療についての説明をしていただきました。その後、自治医科大学医学部の紹介DVDを視聴し、自治医科大学の 今井 靖 教授に、教育内容と特色を説明していただきました。最後に、自治医科大学在学生の 中平 啓倫 さん、卒業生の 光永 治人 さんから、体験談を語っていただきました。愛媛県のへき地医療の現状や昨年度から愛媛県でも始まったドクターヘリの活動状況、そして自治医科大学での充実した学生生活等について、詳しく知ることができました。

 参加生徒は3年生3名、2年生4名の合計7名で、熱心に説明に聞き入り、終了後には講師の方々に積極的に質問をしていました。

 佐藤先生、今井先生、中平さん、光永さん、本日は本校の生徒のために御足労いただき、ありがとうございました。今回の説明会のお世話をしていただいた愛媛県保健福祉部社会福祉医療局医療対策課の方々にも、厚くお礼申し上げます。

H30_jichi01.jpg H30_jichi02.jpg

H30_jichi03.jpg H30_jichi04.jpg


2018年7月24日(火曜日)

愛媛大学社会共創学部説明会

カテゴリー: - bukatsu @ 15時16分41秒

愛媛大学社会共創学部 学部・学科説明会

 7月20日(金)本校コンピュータ教室にて、愛媛大学社会共創学部の学部・学科説明会が行われました。

 来校されたのは、愛媛大学社会共創学部産業マネジメント学科の 川口 和仁 教授で、御専門のコースだけでなく、社会共創学部のすべての学科・コースに関して、詳しい紹介をしていただきました。また、川口教授のゼミに所属しており、本校卒業生でもある 尾 早織 さんも来校され、学生の立場から愛媛大学社会共創学部の紹介をしていただきました。今西ダンス部出身の尾さんは、愛媛大学でも引き続きダンス部に入り全国大会に出場されたり、ダンスの経験を生かして学生が自発的な発想で研究する「プロジェクトE」にて最優秀賞を受賞されたりと、大変充実した学生生活を送っている様子がひしひしと伝わってきました。

 参加生徒は3年生12名、2年生2名、1年生5名の合計19名で、熱心に説明に聞き入り、終了後も残って川口先生と尾さんに質問をしていました。

 川口先生、尾さん、本日は本校の生徒のために御足労いただき、ありがとうございました。

H30_syakaikyousou01.jpg H30_syakaikyousou02.jpg H30_syakaikyousou03.jpg


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

西高の活動