メインメニュー

学校紹介

学校評価

2018年10月9日(火曜日)

社会人講話

カテゴリー: - bukatsu @ 08時38分25秒

社会人講話(3年生ZEST)

 10月3日(木)に、6・7限目のZEST(総合的な学習の時間)を利用して、3年生対象の社会人講話が行われました。

 社会人講話は、今年度初めての試みで、社会人の方をお招きし、キャリア教育の一環として実施しました。講師は、次の先生方に来ていただきました。

 理型:愛媛大学 医学研究科 分子細胞生理学講座

     教授・医学博士  田中 潤也 先生

 文型:四国アライアンスキャピタル株式会社

     代表取締役社長  竹田 雅弘 先生

    北浜法律事務所

     弁護士      渡辺  徹 先生

 理型は武道場で、文型は体育館で、それぞれ行いました。

理型では、田中先生から、医学研究の面白さを、田中先生ご自身の研究や、先日ノーベル医学生理学賞を受賞された京都大学本庶佑教授の研究内容を交えながらご説明いただきました。研究者として日本や世界に貢献することの重要性に気付かされ、講演後は自らの視野が広がったように感じました。

 文型では、竹田先生、渡辺先生ともに、本校で過ごした高校時代からの経験や挫折についてお話をしてくださいました。社会人になってからは、仕事をしながら国家資格や専門分野の勉強に取り組んだことを通して、新しい課題を自ら見つけていくことの重要性についてお話をいただきました。銀行系ファンド会社の代表、弁護士として最前線で活躍されているお二人が、生徒からの質問に対して「今の高校時代の勉強は、必ず役に立ちます」と力強く回答してくださったことは、生徒の皆さんも強く印象に残ったのではないかと思います。

 3名の講師の先生方、素晴らしい講演をありがとうございました。

H30_syakai01.jpg H30_syakai02.jpg

   田中 潤也 先生     左:竹田 雅弘 先生

                右:渡辺  徹 先生

H30_syakai03.jpg

  講演後の質問の様子


2018年10月1日(月曜日)

九州大学修士課程大学院生との進路相談会

カテゴリー: - bukatsu @ 18時01分24秒

九州大学修士課程大学院生との進路相談会

 9月26日(水)に、本校コンピュータ教室にて、九州大学修士課程大学院生との進路相談会を実施しました。

本校卒業生で、九州大学人間環境学府修士課程1年の亀田孝彦さんが、母校である本校を訪問し、九州大学について、また、大学での学び、学生生活、大学受験等について、後輩に話をしてくれました。

人間環境学府という学府ですが、実際に亀田さんが専門としているのは建築学とのことです。

現役生は、合計11名(3年生3名、2年生8名)が参加し、熱心に説明を聞いていました。特に受験が間近に迫ってきている3年生からは、積極的に質問が出され、それに対して亀田さんが一つひとつ丁寧に答えてくれました。

亀田さん、わかりやすくためになる説明をありがとうございました。

 

H30_kyuudaisyuusi01.jpg H30_kyuudaisyuusi02.jpg 

H30_kyuudaisyuusi03.jpg


3年生第2回螢雪セミナー

カテゴリー: - bukatsu @ 17時54分50秒

3年生第2回螢雪セミナー

 9月16日(日)〜17日(月)の2日間、本校にて3年生対象の第2回螢雪セミナーを実施しました。時間割は以下の通りです。

  7:20 8:15 早朝自主学習

  8:15 8:25 出席点呼・諸注意

  8:3010:00 自主学習90分)20分休憩

 10:2011:50 自主学習90分)20分休憩・昼食

 12:5014:20 自主学習90分)20分休憩

 14:4016:10 自主学習90分)20分休憩

 16:3018:00 自主学習90分)清掃後、終了

会議室で75名と小会議室に12名の合わせて87名の3年生が参加し、熱心に勉強に励みました。

H30_32semi01.jpg H30_32semi02.jpg

    会議室の様子        小会議室の様子

H30_32semi03.jpg

 担当教員からのアドバイス

生徒からは次のような感想が述べられています。

夏休み、運動会が終わり、本格的に受験勉強に集中して取り組み始める時期なので、ちょうど良かった。

〇単にだらだらとするのではなく、90分という目標があり、その間に何をするか計画を立てるという、目標と計画性をもってできるのがいいと思う。また、時間内に計画分を終わらせられたときの達成感を感じることができるのもこのセミナーの利点だと思う。

〇集中し続けることは難しかったが、周りの人たちが頑張る姿を見て、自分も頑張ることができた。

〇(第1回から)5日間参加させてもらいました。徐々に自分が集中して取り組めることができている時間が長くなっていることを実感することができました。

〇後輩たちに勇気と希望を与えるためにも、志を高く持ち「やればできる」という実証を結果で出してみせたいと思います。頑張ります。今回もありがとうございました。

 参加した3年生は、運動会が終わった後の切り替えがしっかりとできたようです。このセミナーで得たものを、これからの受験勉強に、大いに生かしてください。


2018年8月27日(月曜日)

螢雪大学

カテゴリー: - bukatsu @ 10時30分13秒

螢雪大学

 8月23日(木)に、本校にて、螢雪大学を実施しました。

 螢雪大学は、本校卒業生で、現役大学生・大学院生の方々が、大学での学びを現役生に体験させてくれる企画で、平成26年度から始まり、今年で5年目となります。

【参加者】

  高校生206名(1年生162名、2年生26名、3年生18名)

  大学生 47名(当日参加33名)

【タイムスケジュール】

  1時間目  9:00〜10:30 卒業生の受験・大学体験談、体験型進路授業

  2時間目 10:40〜12:10 卒業生の受験・大学体験談、体験型進路授業

  放課後  12:20〜14:00 昼食を取りながら、先輩と自由にトーク(希望者)

【各講座テーマ】

  1 理工 これからの世界を創るのは理工だ!!

  2 医療 チーム医療

  3 農学 遺伝情報の機能とその利用

  4 人文 モンブランと白い山

  5 経済 高校生活×経済・経営

  6 法学 借りてきた部屋、半分、雨漏り

  7 教育 授業を作ろう

  8 文理融合 こちら今治市地震対策本部

 残念ながら、台風20号の接近に伴い暴風警報が発令されたため、2時間目以降は中止となりましたが、1時間目終了後、生徒達は口々に「楽しかった!」との感想を述べていて、今年も大成功で終えることができました。

本企画は、高校生アクティブ・ラーニング推進事業の一つとしても実施され、本校だけでなく、今治地区の先生方にも参観していただきました。

 高校1年生から大学院2回生までの最大8歳の年齢差の学生達が、自主的に企画、参加し、積極的にグループワークを取り入れ、主体的・対話的に深く学ぶことでお互いを高め合える「螢雪大学」は、アクティブ・ラーニングの理想形と言えるのではないでしょうか。

 現役生のために、相当な準備をして下さった卒業生の皆さん、本当にありがとうございました。今回学んだ現役生の中から、次の螢雪大学スタッフが生まれることを期待しています。

H30_keisetsudaigaku01.jpg H30_keisetsudaigaku02.jpg H30_keisetsudaigaku03.jpg


2018年8月21日(火曜日)

九州大学工学部ホームカミング授業

カテゴリー: - bukatsu @ 10時03分34秒

九州大学工学部ホームカミング授業

 8月17日(金)に、本校コンピュータ教室にて、九州大学工学部ホームカミング授業を実施しました。

 本校卒業生で、九州大学工学府海洋工学システム工学専攻修士1年の井手貴仁さんが、母校である本校を訪問し、九州大学や工学部について、また、大学での学び、学生生活、大学受験等について、後輩に話をしてくれました。

 現役生は、合計19名(3年生6名、2年生13名)が参加し、熱心に説明を聞いていました。また、本校の卒業生ということもあって、プレゼン終了後には、多くの生徒が積極的に質問をしていました。

 井手さん、わかりやすくためになる説明をありがとうございました。

H30_kyusyu01.jpg H30_kyusyu02.jpg H30_kyusyu03.jpg


2018年8月6日(月曜日)

済生会今治病院医療体験

カテゴリー: - bukatsu @ 11時41分43秒

済生会今治病院医療体験

 

 8月4日(土)、済生会今治病院にて、医療体験学習会が開催され、1・2年生25名が参加しました。

 

H30_saiseikai01.jpg H30_saiseikai02.jpg H30_saiseikai03.jpg

          超音波検査                          手術室                            検査部

H30_saiseikai04.jpg H30_saiseikai05.jpg H30_saiseikai06.jpg

             薬剤部                           放射線部                        内視鏡検査

 

 1年生は、参加した内容をClassiにまとめ、学んだことを蓄積しています。早速、次のような感想が届いています。

 

設問1 今回の病院見学会に参加しての感想(改めて考えたこと)

・ 今まで知らなかった職業や職業内容を知ることができて、これからの進路を考える上で良い経験になりました。最先端の技術を取り入れた医療設備が整っていて、病院の現状を知ることもできました。

 

設問2 目指す医療職に対する意識は変化しましたか。

・ 病気やけがを治すには医者だけではなく、栄養士や薬剤師などたくさんの人が協力することが大切なのだと思いました。

・ 私は、看護師になりたいと考えていたので、看護師以外の医療職についてあまり詳しくは知りませんでした。しかし、今日の医療体験を通して看護師になりたいという気持ちが強くなっただけではなく、ほかの医療職にも興味が湧いてきました。

 

設問3 自分の目指す理想とする医療従事者像

・ 患者さんに寄り添い、コミュニケーションを大切にしたいです。また、自分の腕を磨くだけではなく、チームとして患者さんを救いたいです。

 

設問4 今後の取組および受けてみたい研修等

・ オペ見学

・ 管理栄養士の仕事を病院だけでなく老人ホームでの仕事なども見てみたいです。

・ 少しの間でも多くのことを学ぶことができたので、もっと時間をかけて細かい部分まで見てみたいと思いました。これからは、自分のことだけでなく周りに目を向けられるように心掛けていきたいです。今日は、本当に良い経験ができました。

 

 このような体験学習を通じて、自分の将来像が明確になった人が数多くいたようです。医療関係の職業にある人や進路選択に迷っている人は、来年ぜひ参加してみてください。

 


3年生第1回螢雪セミナー

カテゴリー: - bukatsu @ 11時30分23秒

3年生第1回螢雪セミナー

8月1日(水)〜3日(金)の3日間、本校にて3年生対象の第1回螢雪セミナーを実施しました。時間割は以下のとおりです。

  7:20 8:15 早朝自主学習

  8:15 8:25 出席点呼・諸注意

  8:3010:00 自主学習 90分)20分休憩

 10:2011:50 自主学習◆90分)20分休憩・昼食

 12:5014:20 自主学習(90分)20分休憩

 14:4016:10 自主学習ぁ90分)20分休憩

 16:3018:00 自主学習ァ90分)清掃後、終了

 会議室で78名と小会議室に10名の合わせて88名の3年生が参加し、熱心に勉強に励みました。

H30_31semi01.jpg H30_31semi02.jpg H30_31semi03.jpg

          会議室の様子                  小会議室の様子           担当教員からアドバイス

生徒からは次のような感想が述べられています。

〇 学習90分という時間に対し20分という休憩はちょうど良かった。もし10分の休憩であったら、次の90分の集中力はなかったと思う。座席も指定されているので隣の人と緊張感をもって取り組めた。

〇 課外が終わった直後の3日間だったので、夏休みの学習に向けて良いスタートが切れたのではないかと思います。3日間実施されていることで学習習慣が確立した気がします。

〇 一番良かったのは、やはり、自分が眠たかったりしんどい時に、周りのみんなが一生懸命勉強している姿を見ることができ、自分も頑張ろうと思えたことです。また、この時間はこの勉強を頑張ろうと目標を持ってできたので、この螢雪セミナーでつかんだ勉強のリズムや集中力をこれからの自分の勉強に生かしていきたいです。

〇 1日1日、何を勉強するか計画を立ててから勉強に取り組むようにしました。計画していたことがしっかりできたし、計画していた以上に他のことにも取り組めたりしました。この夏休みはしっかり細かく計画を立てて勉強に励みます。

〇 自分史上、最も勉強した3日間だった。

 参加した3年生は、頑張っている友の背中に大きな刺激をもらえたようです。このセミナーで得たものを、この夏の受験勉強に、大いに生かしてください。

 


2018年8月3日(金曜日)

自治医科大学説明会

カテゴリー: - bukatsu @ 07時43分51秒

自治医科大学説明会

 7月31日(火)本校コンピュータ教室にて、自治医科大学説明会が行われました。

 まず最初に、愛媛大学大学院医学系研究科の 佐藤 格夫 教授から、愛媛県ドクターヘリ等県内地域医療についての説明をしていただきました。その後、自治医科大学医学部の紹介DVDを視聴し、自治医科大学の 今井 靖 教授に、教育内容と特色を説明していただきました。最後に、自治医科大学在学生の 中平 啓倫 さん、卒業生の 光永 治人 さんから、体験談を語っていただきました。愛媛県のへき地医療の現状や昨年度から愛媛県でも始まったドクターヘリの活動状況、そして自治医科大学での充実した学生生活等について、詳しく知ることができました。

 参加生徒は3年生3名、2年生4名の合計7名で、熱心に説明に聞き入り、終了後には講師の方々に積極的に質問をしていました。

 佐藤先生、今井先生、中平さん、光永さん、本日は本校の生徒のために御足労いただき、ありがとうございました。今回の説明会のお世話をしていただいた愛媛県保健福祉部社会福祉医療局医療対策課の方々にも、厚くお礼申し上げます。

H30_jichi01.jpg H30_jichi02.jpg

H30_jichi03.jpg H30_jichi04.jpg


2018年6月26日(火曜日)

平成30年度進路講演会、進路説明会

カテゴリー: - bukatsu @ 13時30分16秒

平成30年度1年生保護者対象進路講演会

平成30年度3年生保護者対象進路説明会

6月23日(土)PTA、総務課、進路課共同主催で上記の会が開催されました。

 PTA副会長兼進路指導委員会委員長 田窪 孝和 様から御挨拶をいただきました。

 本校校長 檜垣 伸人 も挨拶を述べました。

 9:00〜10:00 進路講演会(保護者143名)

 演題「保護者が理解しておきたい進学のこと」

   株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 大野 美樹 氏

  高校生の親として今考えておくべきことや、社会に求められる人材、入試制度などを、御自身の体験談なども交えてわかりやすく説明してくださいました。

  講演後、竹仁思学力向上対策室長から、現1年生が受験する「新入試制度」についての説明を行いました。

H30_shinro01_1.jpg H30_shinro02.jpg H30_shinro03.jpg

   檜垣伸人校長挨拶     大野美樹氏講演       新入試説明 竹

 11:00〜12:30 進路説明会(保護者173名)

 日下賀喜第3学年主任、渡邉一郎進路課長が平成31年度入試に向けて説明をしました。

 受験生のお子様をもつ保護者が熱心に聞いてくださいました。

H30_shinro04.jpg H30_shinro05.jpg

   第3学年主任 日下    進路課説明 渡邉


2018年4月3日(火曜日)

1年生東大ツアー

カテゴリー: - bukatsu @ 09時58分18秒

東大ツアー(1年生 希望者) 

 3月26日(月)・27(火)の2日間、「東大ツアー」に、本校1年生の希望者10名が参加しました。この「東大ツアー」は、中国四国地区の進学校の希望生徒が集まり、共に学び、語り合うことを通じて、学問の楽しさを知るとともに、入試突破の勉強法を知るという目的で開催されています。今年の参加校は以下の7校で、参加生徒の総数は55名でした。

岡山県立岡山芳泉高等学校、岡山県立倉敷青陵高等学校、岡山県立岡山城東高等学校、

広島県立尾道北高等学校、香川県立観音寺第一高等学校、愛媛県立今治西高等学校、

長崎県立長崎東高等学校

1日目は代々木ゼミナール本部校で次の先生方に授業・講演をしていただきました。

英語     :谷川  学 先生   国語(現代文):船口  明 先生

数学     :湯浅 弘一 先生   激励講演   :藤井 健志 先生

2日目は東京大学で午前中は東大生有志による「自己実現につながる学び」についてのプレゼンテーションと進路座談会に参加し、午後は東京大学情報理工学系研究科知能機械情報学特任講師檜山敦先生に「2035年の社会をつくる―超高齢社会を超えて―」の講義をしていただきました。

【参加生徒の感想】

〇 藤井先生の熱いお言葉に、この学校を本気で目指すと改めて決心できた。「受験で落ちたらどうしようと考えるのではなく、合格のために今どれだけ努力できるかが大切だ」と伺い、未来のため、今できる最大限に物事に打ち込める、知的好奇心を備えた人間になりたいと思った。

〇 代ゼミの先生方の話を聞き、国語の力・読解力は、どの教科や学問をするにも必要だと分かった。また、東大生の方から「苦手だと思ってはいけない、少し興味が薄いからそう感じるだけだ」と言われ、苦手だと思い込まず、やってみようと思った。本をたくさん読み、様々なことにチャレンジして自分の好きなことをみつけていきたい。

〇 今の自分は正解することが目的になっていると気づいた。東大生の話を伺い、大学での学びは問題を自ら見つけ、妥協せずに答えのない問いを考えていくことなのだと知った。大学で学ぶためにも、どの教科でも基礎力をつけ、知識を得ることにもっと貪欲になりたい。また、他校の生徒との交流では、知識や語彙力が豊富であることに驚き、刺激を受けた。

 

  主催してくださった広島県立尾道北高等学校の先生方、大変お世話になりました。参加生徒、教員とも、この貴重な経験を、是非今後に生かしていきたいと思います。

H30_todai01.jpg H30_todai02.jpg H30_todai03.jpg


2018年1月1日(月曜日)

明けましておめでとうございます

カテゴリー: - bukatsu @ 14時25分49秒

2018正月特訓(564×800).jpg


2017年12月29日(金曜日)

2年生螢雪セミナー&3年生年末正月特訓実施中!

カテゴリー: - bukatsu @ 12時47分28秒

2年生螢雪セミナー

3年生年末正月特訓実施中!

2年生螢雪セミナーと、3年生年末正月特訓を実施しています。

2年生螢雪セミナーは、本日1229日(金)に、90分×4コマで実施中です。冬季休業における学習のリズム作りを行い、同時に受験生としての自覚を養う目的で行っています。

3年生年末正月特訓は、本日1229日(金)から1月1日(月)までの4日間、残り約2週間と迫ったセンター試験に向けて、センター試験本番さながらの形式で実施しています。

 どちらの参加者も、実り多い特訓となることを期待しています!

H29keisemi01.jpgH29keisemi02.jpgH29nenmatsu02.jpg


2017年12月25日(月曜日)

難関大学対策講座

カテゴリー: - jouhou2 @ 10時40分46秒

 

難関大学対策講座

 

 12月23日(土)に、1・2年生希望者を対象に難関大学対策講座を実施しました。1年生は1回目、2年生は夏季休業中に続いて2回目となります。

 1年生、2年生ともに、国語・数学・英語の3教科について、70分ずつの講座でした。1年生は希望者94名、2年生は希望者34名で行われました。

 アクティブ・ラーニングを取り入れた協働的な学習スタイルで実施されている講座もあり、受講生は、主体的に学習に取り組んでいました。

 年が明けて2月に行われるハイレベル模試では、是非今回の学習内容を生かして下さい!

 

h29nankan1.jpg h29nankan2.jpg h29nankan3.jpg

 


2017年12月2日(土曜日)

進路座談会

カテゴリー: - jouhou2 @ 12時10分50秒

進路座談会

 

 11月24日(金)のHR活動の時間に、進路座談会が行われました。

 進路座談会は、3年生の先輩が、1年生、2年生文型、2年生理型、それぞれの前で、文理選択や科目選択、おすすめの勉強法などについて説明をしてくれるというものです。

1年生の進路座談会は放送で実施され、丁寧にメモを取りながら、真剣に聞いていました。2年生文型は体育館、2年生理型は螢雪記念館3階で行われ、受験が目前に迫った3年生の真剣な話に熱心に耳を傾けていました。

【生徒の感想】
〇(1年生)3年生の先輩方の話を聞いて、納得したことや為になることをたくさん学ぶことができた。自分自身ができていないことを、3年生の方々も1年生の時に勉強していなくて後悔したというお話を聞けたので、自分は後悔をしないようにしたい。

〇(2年生文型)どの方の話も“真面目に”と“努力”の文字しか浮かばないほど濃い内容だった。2年の冬に勝負をかけておく(受験を意識して受験勉強を始める)ことが大切とのこと。先輩方の中で5人中3人が模試の話に触れていて、一番大事なのは模試の復習なのだと感じた。苦手を見つけるためにも向き合うべきだと思った。受験に向けて一番忙しいこの時期に、貴重な時間を割いて話をされた先輩方に最大級の感謝とお礼を申し上げます。
〇(2年生理型)受験まであと一年あるから大丈夫、という考え方が頭にあって、勉強に本気で取り組めずにいたけど、今のうちから受験に向けて勉強することが必要だと気付かされました。自分一人では勉強する気になれなかったり、眠気に負けてしまいそうになったりして勉強に身が入らなくて困っていたことが今まで何度もありましたが、今日聞いたアドバイスの中で実践できそうなものはどんどん取り入れていきたいです。受験前の勉強で忙しい時期に、私たちの進路のために貴重な時間を使ってくださり、ありがとうございました。

IMG_1544+.jpg IMG_1547+.jpg IMG_1549+.jpg


2017年11月24日(金曜日)

難関大学合同学習合宿

カテゴリー: - jouhou2 @ 14時29分03秒

難関大学合同学習合宿(2年生 希望者)

 

 11月18日(土)・19(日)の2日間、岡山県青年館で開催された「難関大学合同学習合宿」に、本校2年生の希望者9名が参加しました。

 この「難関大学合同学習合宿」は、中国四国地区の進学校の希望生徒が集まり、共に学び、語り合うことを通じて、学力の向上を図るとともに、最難関大学への志望を確固たるものにするという目的で開催されています。今年の参加校は以下の6校で、参加生徒の総数は60名でした。

 岡山県立岡山芳泉高等学校、岡山県立笠岡高等学校、広島県立尾道北高等学校
 鳥取県立倉吉東高等学校、香川県立丸亀高等学校、愛媛県立今治西高等学校

 毎年、全国的にも有名な講師の先生をお招きしており、今年も次の先生方に授業・講演をしていただきました。

 英語:木村 達哉 先生(灘中学校・灘高等学校)
 数学:寺島  求 先生(東京都立西高等学校)
 国語:藤井 健志 先生(代々木ゼミナール)
 進路講演会:國光 宏一 先生(河合塾)

【参加生徒の感想】
〇 今まで、部活や学校行事等で忙しいからちょっと勉強を休んでしまっても仕方ないとか自分に言い訳していましたが、もうやめます!どのような勉強の仕方が効率的なのか、どうすれば伸びるのか分かったので、これからは自分にとって最高の未来をつかむため頑張ります!

〇 他の学校の友達や先生はもちろん多くの影響を与えてもらったが、やはり英語の木村先生のお話には心動かされた。自分が幸せになるのはもちろんだが、他人の幸福のために大学へ入り研究し新しいことを見つけるのが自分の使命なのだと感じた。新しく心を入れ替えて頑張りたい。
〇 夢は高く持つことが大切だと改めて感じさせられました。自分はすぐに忘れる人間なんだということを常に心に留め、すると決めたことはその日のうちにと、自分に厳しく頑張ります。絶対に夢を実現させたいです。

 主催してくださった岡山県立笠岡高等学校先生方、大変お世話になりました。参加生徒、教員とも、この貴重な経験を、是非今後に生かしていきたいと思います。

h29gasshuku1.jpg h29gasshuku2.jpg h29gasshuku3.jpg


2017年11月22日(水曜日)

社会発見!サイエンス講座(2年生ZEST)

カテゴリー: - jouhou2 @ 13時35分23秒

社会発見!サイエンス講座(2年生 ZEST)

 11月15日(水)7限目のZESTの時間に、2年生の希望者26名を対象に、「社会発見!サイエンス講座」が、本校コンピュータ教室にて開催されました。

 この「サイエンス講座」は、日経サイエンスと日本経済新聞社共催で、企業の研究部門や技術開発部門などの社員様を講師に迎え、企業における研究・開発活動についての講義および製品サービスの実演など、講義と体験型学習を組み合わせて実施されるものです。今回の講師は、デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社の伊藤健太郎様で、JAVAを用いたプログラミングを体験させていただきました。

【受講生徒の感想】
〇 非常に分かりやすく、使ったことのないプログラム言語でもすぐに使えた。コンピュータは、   人類の将来と深く関わりがあると思っているので、もっと深く学びたいと思えた。
〇 これがどのようにスマートフォンなどに応用されているのかとても気になった。
〇 プログラミングについては分からないこと、知らないことばかりだったので、とても興味深かったです。今日学んだことを生かして、これから進路実現に向けてがんばろうと思います。

 伊藤先生をはじめ、デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社の皆様、また、今回の講座の企画・準備をしていただきました株式会社日経サイエンスの皆様、本校生徒のために御足労いただき、ありがとうございました。

h29science1_1.jpg h29science2_1.jpg h29science3.jpg


2017年9月20日(水曜日)

第2回螢雪セミナー

カテゴリー: - jouhou2 @ 16時50分36秒

第2回螢雪セミナー

 

 9月18日(月)に、本校にて、3年生対象の第2回螢雪セミナーを実施しました。
本来は17日・18日の2日間の予定でしたが、台風による警報発令のため、1日のみの開催となりました。今年は、例年の会議室だけでなく、地学教室でも実施し、両会場合わせて100名の3年生が参加し、熱心に勉強に励んでいました。

h290920keisetsu1.jpg

会議室の様子

h290920keisetsu2.jpg

地学教室の様子

 生徒からは次のような感想が述べられています。

 

〇 運動会で勉強のペースが乱れていたのを修正できる、いいタイミングだった。
〇 台風で1日潰れたのが残念だった。
〇 やろうと思っていることの時間配分や計画をきちんと組み立ててできた。
〇 皆頑張っているから自分も頑張らないと、という刺激になる。
〇 前回より集中力が格段に上がっているように感じた。
〇 台風の日に家でも90分×5コマを実践した。
〇 螢雪セミナーに参加したことに満足せず、常に向上心を持って学習を続けていきたい。

 

 参加した3年生は、頑張っている友の背中に大きな刺激をもらえたようです。このセミナーで得たものを、これからますます本格化していく受験勉強に、大いに生かしてください。


2017年9月5日(火曜日)

主要大学説明会

カテゴリー: - jouhou2 @ 14時41分46秒

主要大学説明会

 

 9月3日(日)、東京大学主催の主要大学説明会(広島会場)に、本校1年生60名、2年生29名の合計89名が参加しました。


 参加した生徒からは、次のような感想が寄せられました。

 

〇 それぞれの大学の利点や入試形式等を聞き、特徴を知ることができた。
〇 オープンキャンパスと違って、1対1で説明を聞くことができてよかった。
〇 大学がどのような人材を求め、何を目指しているかが明確になった。これからの学習がいかに大切かがわかった。
〇 同じ学部でも、学ぶことや取得できる資格が違うことがわかった。大学を比較しながら聞くことができ、とてもよかった。
〇 大学への想いが、今までより一層強くなった。実際聞いてみることで、将来像がはっきりしてきた。
〇 1年後の受験について考える良い機会になった。今考えている志望校についてより深く知ることができた。自分のしなければならないことも分かってきたので、これからますます勉強を頑張りたい。
〇 最初は積極的に参加できるか不安があったけれど、雰囲気が良く、友達やスタッフの方の影響もあって、主体的に行動することができ、やるべきことも明確になった。良い経験となったので、活かしていきたい。

 

 多くの大学が集まっているので、たくさんの情報収集ができることや、個別相談ブースで1対1で質問し、大学の魅力を比較検討できることが主要大学説明会の魅力です。「満足度100%です」という感想もありました。今回の説明会で得たものを、今後の高校生活に生かしていってください。

h290905daigaku1.jpg h290905daigaku2.jpg h290905daigaku3.jpg


2017年8月31日(木曜日)

済生会今治病院医療体験

カテゴリー: - jouhou2 @ 17時01分44秒

平成29年度済生会今治病院医療体験

8月26日(土) 
済生会今治病院にて、医療体験学習会に本校1、2年生34名が参加しました。

h290831saiseikai1.jpg

検査部

h290831saiseikai2.jpg

薬剤部

h290831saiseikai3.jpg

放射線部

h290831saiseikai4.jpg

内視鏡検査

h290831saiseikai5.jpg

超音波検査

h290831saiseikai6.jpg

手術室

 

参加した生徒からは、次のような感想が寄せられました。

〇実際に参加して、より医療従事者になりたいという気持ちが高まった。
〇具体的な希望職種を考えていなかったが、今回参加して、なりたい職種を見つけることができた。
〇医療現場は、医師や看護師などの表に出る方だけでなく、それ以外の多くの人々の努力で成り立っているこということを改めて感じた。
〇現場や幅広い分野で活躍されている方の話を聞くことで、医療関係の仕事は素晴らしいと感じた。
〇医療を通じて、共に働く仲間はもちろん、患者さんや地域の方々に必要とされる人材になりたいと感じた。
〇済生会病院のスタッフの方のように、誇りをもって仕事できる医療従事者になりたい。

※このような体験学習を通じて、自分の将来像が明確になった人が数多くいました。医療関係の職業にある人や進路選択に迷っている人は、来年ぜひ参加してみてください。なお、今回の見学会の様子は8月末に今治CATVで放映される予定です。


2017年8月25日(金曜日)

九州大学工学部ホームカミング授業

カテゴリー: - jouhou2 @ 14時52分29秒

九州大学工学部ホームカミング授業

 

 8月22日(火)に、本校コンピュータ教室にて、九州大学工学部ホームカミング授業を実施しました。

 本校卒業生で、九州大学工学府機械工学専攻修士2年の首藤将司さんが、母校である本校を訪問し、自らの研究の醍醐味やその分野を選んだ理由、九州大学、工学部等について、後輩に話をしてくれました。

 現役生は、合計22名(3年生19名、2年生3名)が参加し、熱心に説明を聞いて、プレゼン終了後には積極的に質問をしていました。

 広大なキャンパスと、充実した施設・設備を誇る九州大学の魅力に、生徒全員魅了されていました。首藤さん、わかりやすくためになる説明をありがとうございました。

h290825kyushu1.jpg h290825kyushu2.jpg


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

西高の活動