西高の活動

西高ニュース

教育実習生の紹介(10/23)

教育実習生の紹介をします。

3人目(写真左)先田啓志先生です。教科は英語です。

先田先生からの一言

「みんなと仲良く頑張りたいと思います!よろしくお願いします!」

 

4人目(写真右)渡邉彩葉先生です。教科は養護(保健)です。

渡邉先生からの一言

「養護教諭、保健の先生に興味がある人はぜひ声をかけてください!

よろしくお願いします。」

初めてのトイレ掃除(10/22)

先週から掃除分担場所が変わりました。

保健委員の清掃も、前期担当の2年生から、後期担当の1年生にバトンタッチしました。

男子トイレ掃除のお二人は、トイレ掃除は初めてだそうです。

今までは機会に恵まれなかったり、あえて選ばなかったりした二人ですが、

高校生になって初めて、トイレ掃除に挑戦することになりました。

どうか暖かく見守って欲しいと思います。

(女子トイレはベテランさんなので安心してお任せしています。)

トイレ掃除の担当の人は、トイレの美化を保つために日々の清掃活動に励んでくれています。

トイレを利用するとき、清潔に保つ努力をしてくれていることに感謝して使いたいですね。

 

柔道部 東予地区新人大会

10月17日(土)・18日(日)の2日間、西条市総合体育館で

柔道東予地区新人大会が行われ、個人66kg級で3位入賞しました!

次の県大会でもがんばります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年生指導講演会(10/21)

 2年生を対象とした進路指導講演会を実施しました。講師は駿台予備学校広島校の泉尾淳太先生です。

 大学入試が変化しているのは、世の中で求められる力が変わっているからで、自分で必要な情報を判断することが大切です。学問の本質が変わるわけのではないので、正確な情報に基づいてしっかり準備をし、第一志望という目標にむけて①基礎・反復練習の大切さ、②周囲とのコミュニケーション、③時間を作ることを心掛けてほしいというお話でした。生活習慣や基本が大切という普段学校で指導されていることは、受験の最前線の予備校でも全く同じだそうです。参考になる点が多かったのではないでしょうか。

金曜特別講座「認知モードの言語間比較」(10/21)

 

 後期第2回の金曜特別講座「認知モードの言語間比較」が、東京大学教養学部教養学科准教授の渡邊淳也先生によって行われました。講義では、同じ意味を表す日本語・英語・フランス語の例文を多く用いて、各言語の特色を話してくださいました。1年生の感想に「言語で物事を表す時に、ニュアンスの違いが現れる理由の一つが分かった」と書かれており、英作文や英文を和訳する際のヒントも頂けたようでした。

3か国語の例文を見比べながら言語の特徴を学ぶ

 

 

 

 

 

 

次回は23日に「地域活性化を考える:産業立地の視点から」です。身近なテーマなので、ぜひ参加してください。

  

シンボル樹のソテツ(10/20)

今治西高校の正面に、どっしりと鎮座しているソテツがあります。

このソテツは、明治40年頃(1907年)に寄贈されたとき、すでに樹齢が40年だったものだそうです。

現在のソテツの樹齢は150年を超えているのですが、暑い夏であろうと、冷たい風が吹こうと、

力強く勇ましい姿を見せてくれています。毎日、大先輩のソテツを見て、今日も元気に頑張ろうと思えます。

これからも、シンボル樹を大切にしたいですね。

 

 

 

2年生ZEST「教育実習生を迎えての座談会」(10/20)

10月14日(水)のZEST(総合的な探究の時間)は、

6名の教育実習生の先生方を迎えて、座談会が行われました。

高校時代の勉強方法、大学や学部選択について、また県外での大学生活についてなど、

多くの質問に答えてくださいました。

今週からは、実習の集大成でもある研究授業が行われています。

実習生の先生方、10月23日(金)または30日(金)までの実習期間、

忙しい毎日とは思いますが、頑張ってください。

後輩たちと共に、応援しております!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伯方島サイクリング大会が行われました。(10/19)

10月18日日曜日に、伯方島サイクリング大会が行われました。

悪天候により、17日から18日に順延されましたが、18日はとても良い天気でサイクリング日和でした。

生徒たちは自然の中でのサイクリングを楽しんでいる様子でした。

私も一緒に参加しましたが、途中、大三島橋や多々羅大橋が見えるスポットもあり、綺麗な景色の中でサイクリ

ングを楽しむことができました。

 

金木犀の香り(10/16)

今、中庭と蛍雪池の近くでは、濃黄色の金木犀(きんもくせい)が甘い香りを放っています。

理科の先生にお聞きしたのですが、進路室と資料館の間には、柊木犀という白い花をつける柊があるのだとか。

こちらはまだ蕾で香りは放っていませんが、優しい香りの柊木犀がお気に入りの方もいらっしゃいます。

皆さんはどちらの香りが好きでしょうか?2つの香りを比べてみてください。

 

実習生の紹介 Part2 (10/15)

本日も実習生の紹介をします。

2人目は倉本大雅先生です。教科は理科(地学)です。

先生からの一言

「4年ぶりに今治西高校に来ることができてとても嬉しいです!

2週間よろしくお願いします!」

保健室のビオラ(10/14)

植木鉢をいただいたので、保健委員さんにビオラを植えてもらいました。

こらから季節は冬に向かいますが、寒さに耐えて健気に咲く花には、癒しとエネルギーをもらうことができます。

保健室の前を通ったときには、元気に咲いているビオラを見ていってくださいね。

ビオラの花が顔に見えるのは、私だけでしょうか・・・(^_^)

 

教育実習が始まりました!(10/13)

昨日から教育実習が始まりました。

計6名の実習生が2週間もしくは3週間の教育実習を行います。

今日から実習生の先生を紹介していきたいと思います。

まず1人目の先生は森田日菜子先生です。担当教科は国語です。

先生からの一言

「2週間の実習で色々な事を学びたいです!

生徒のみなさんとたくさん関わりたいと思っているので、ぜひ話しかけてきてください!」

 

生徒の皆さんは、先生方から大学の事や高校時代の勉強法など貴重な話を聞くチャンスなので、

積極的に話しかけてたくさんの事を聞いてみてください。

金曜特別講座「脳の作り方を探す」(10/13)

 東京大学金曜特別講座の後期講座が始まりました。第1回は、東京大学生産技術研究所 准教授 池内 与志穂 先生の、ヒトiPS細胞から神経組織を作製してつなぎ合わせ、神経回路を機能させる研究を紹介していただきました。

 3年生の生徒の感想の中に、「生物の授業で学習したこともあり、昨年度に比べ内容が深く理解できた。」とありました。西高のみなさんは、日々学びを深めています!「1・2年次に受講したけど、内容が難しくて・・・。」という生徒のみなさんも、ぜひ参加してみてください。

 

秋の恵みのスイートポテト!(10/12)

家庭科クラブの生徒が主催となって企画した、講習会がありました。

今回の講習は、秋の恵みのさつまいもを使ったスイートポテト作りで、11名の参加者が集まりました。

美味しいスイートポテトを目指して、互いに協力しあって作っている姿は、

とても微笑ましく、ほのぼのとした気持ちになりました。

きっと、幸せになれるスイートポテトが出来上がったことでしょうね。

サッカー部 選手権大会の延期について(10/9)

第99回全国高校サッカー選手権大会

愛媛県大会で、今治西高校は第2シードとして3回戦から出場します。

10月10日(土)の試合予定でしたが、台風接近により1週間延期となり、

10月17日(土)11:00~

新居浜市営サッカー場(グリーンフィールド新居浜)にて、

新居浜工業高校と対戦します。

応援よろしくお願いします!!

 

勇気を出して献血に!(10/8)

中間考査明けに献血があり、33名の生徒と18名の教職員に御協力いただきました。

多くの生徒にとって、今回の献血が初めての経験でした。

献血後に生徒に話を聞くと、「献血前はものすごく緊張していたけど、実際してみると大丈夫だった」

「今後も献血をしたい」と言ってくれ  る生徒が多く、とても頼もしい限り。

勇気を持って初めての献血にご協力いただき、本当にありがとうございました。

皆さんから提供された血液は、病気やケガで輸血を必要としている方々に届けられます。

あなたの勇気で救われる『いのち』があります。

今後も献血に貢献してくれる若者が増えてくれることを願います。

 

 

社会人講話(10/7)

10月7日(水)の7限目のZEST(総合的な学習の時間)を利用して、3年生対象の社会人講話が行われました。講師は、次の先生方に来ていただきました。

理型:愛媛大学 医学研究科 分子細胞生理学講座

    教授・医学博士  田中 潤也 先生

文型:四国アライアンスキャピタル株式会社

    代表取締役    竹田 雅弘 先生

 理型は武道場で、文型は体育館で、それぞれ行いました。

 理型では、田中先生から、医学研究の面白さを、田中先生や所属するゼミの学生さんの研究内容を交えながらご説明いただきました。医学部だけでなく理系研究者が不足しているので、是非研究の道を志してほしいと訴えられていたことが強く印象に残りました。

 文型では、竹田先生から、ご自身の経験を踏まえて学習の大切さを伝えていただきました。また、高校生に向けた「高校で身に付けたことは、世の中に出ても役に立つ」というメッセージは、これから将来を切り拓いていく生徒たちにとって、大変心に残るものとなりました。

 2名の講師の先生方、素晴らしい講演をありがとうございました。

3年生社会講話

 3年生を対象に社会人講話を実施しました。文型は四国アライアンスキャピタルの竹田雅弘様、理型は愛媛大学医学研究科の田中潤也様に講演をしていただきました。本校卒業生でもある竹田様からは、投資ファンドや経営コンサルタントまで幅広く行っている仕事のお話や、高校時代を振り返って自分が後悔することのないようにというお話をしていただきました。田中様からは、豊富なスライド資料をもとに研究職の仕事内容や、必要性についてお話をいただきました。それぞれの分野で最前線で活躍をされているお二人の話は、進路選択のヒントとなったのではないでしょうか。