西高の活動

西高ニュース

1・2年生 難関大対策講座

1月11日(土)、1・2年生の希望者を対象に難関大対策講座(国語・英語・数学 70分×3)を実施しました。

参加生徒は、授業+α の高い学びを求めて熱心に講座に取り組んでいました。こういった学びの積み重ねが西高生の進路実現につながっていくことを感じました。

まずは1月25日(土)に実施される駿台全国模試(ハイレベル模試)で結果が残せるよう頑張ってください!

後期・第7回 金曜特別講座「東大版・心理学概論」

「東大版・心理学概論」

講師 本吉  勇  先生  東京大学教養学部統合自然科学科 准教授

 東京大学の1・2年生向けの心理学概論のダイジェストとして、知覚、認識、記憶、意識、感情、思考、社会的認知といった基本的な心の機能に関する実験や理論の講義に、70名もの生徒が参加しました。

  生徒の感想に中に、「講義中のデモンストレーションを見て、自分の物の見方や自分の脳を信用するのは間違っているのかもしれないと衝撃を受けた。こんな感じ方をしたのは初めてだったので、いろいろな考え方に触れることは、自分の世界を変えることができるいいチャンスであると感じた。心理学の本を読んでみようと思う。」というものがありました。

 金曜特別講座は高校生・大学生が対象なので、内容が難しい部分もありますが、最先端の学びやそこからの気付きにあふれています。今回が今年度最後の金曜特別講座でしたが、来年度も楽しみに参加してください。きっと自分の成長を感じることができるはずです。

 

2年生螢雪セミナー

2年生螢雪セミナーを年末に実施しました。

目 的:① 西高生としての一体感を高めるとともに、強靭な精神力と高い学力を養う。

    ② 3学期を「3年生0学期」の位置付けで過ごし、冬季休業における学習のリズム作りを行うと同時に受験生としての自覚を養う。

実施日:令和元年12月28日(土)

場 所:螢雪記念館 2階 会議室

参加人数:2年生68名の生徒が参加しました。

時間割: 7:30 ~  8:30 開館予定(早朝自主学習可能)

     8:30 ~  8:40 開会行事・出席点呼(午前の部)

     8:50 ~ 10:20 自主学習①(90分)

    10:40 ~ 12:10 自主学習②(90分)

    12:10 ~ 13:00  50分休憩・昼食(各自) 

    13:00 ~ 14:30 自主学習③(90分)

    14:50 ~ 16:20 自主学習④(90分)

    16:20 ~ 16:30  閉会行事・清掃(終了)

監督の先生方から、激励の言葉をいただきました。

生徒の感想

○ とても集中できる環境だった。

○ 学習90分は少し長いと思っていたけれど、勉強を始めるとあっという間に時間が過ぎていて、時間が長いとは感じなかった。

○ 課外が終わり、普通なら怠けてしまいそうな時期に気を引き締めることができて良かった。

○ 周りが必死に勉強している中でできたので、自分も集中して取り組めた。

○ 全員で勉強していることの一体感を感じた。

○ はじめに計画を立てて、振り返りをしたのが良かった。

○ 自分がこれほど集中して長時間学習できるなんて知らなかった。今日経験したことを自信に、受験生0学期に向けて冬休み頑張りたい。

○ 久しぶりに1日中、勉強以外に何の音も聞かずに没頭した。家族の会話やテレビの音もなかったので、気持ちよく勉強できた。

○ これからも、螢雪セミナーのように、時間を決めて計画を立てて勉強したい。

 

3年生年末・年始特訓

3年生は年末・年始特訓を実施しました。

日 時:令和元年12月28日(土)~令和 2年 1月 5日(日)のうち6日間

3種類のセンター試験プレテストを本番さながらに行いました。

【弓道部】第38回全国高等学校弓道選抜大会 女子団体5位入賞

12月23日~25日に群馬県で行われた全国高等学校弓道選抜大会に、女子団体・女子個人が出場しました。

女子個人は、予選を通過(100人⇒32人)しましたが準決勝で惜しくも敗退しました。

女子団体は、予選を同率3位で通過(52校⇒16校)、決勝トーナメント2回戦で惜敗し、5位入賞となりました。

全国のレベルを実感できたとてもよい経験となりました。応援ありがとうございました。

練習の様子試合の様子1試合の様子2表彰式

中谷医工科学教育振興助成成果発表会に参加

12月26日水曜日、東京大学本郷キャンパス内にある伊藤謝恩ホールで行われた中谷医工科学教育振興助成成果発表会に生物部が参加しました。

特別講演では東京工業大学科学技術創成研究院栄誉教授の大隅良典教授による「研究の楽しさ~細胞が生き抜く仕組み~」の講演を聴くことができ、質疑応答で教授から研究に帯する姿勢についての助言をいただくことができました。

ポスター発表では貴重な意見を聞くことができ、また他の学校の取組について学ぶことができました。

今回いただいた助言をもとに、新年も研究を続けて次の研究発表会に向けて準備をしていきたいです。

 

【弓道部】新人大会地区予選(12/8)、ダイキ杯愛媛県ジュニア弓道新人選抜大会(12/14)の結果について

1.愛媛県高校新人大会地区予選(12/8新居浜商業高等学校)において、以下のような成績を収めました。

 男子団体3位、女子団体3位、女子個人2位 

 団体は、1月11日(土)・12日(日)に本校で行われる愛媛県高校新人大会に出場します。

男子団体女子団体

2.ダイキ杯愛媛県ジュニア弓道新人選抜大会(12/14愛媛県総合運動公園弓道場)に1年生が出場し、女子個人で

 第3位と第5位に入賞しました。

 

 

織田ヶ浜の海岸清掃を行いました。

12月24日火曜日、2年2組主催の海岸清掃を織田ヶ浜で行いました。ホームルーム活動でマイクロプラスチックの問題について議論した際、今自分たちができることは使用の減少だけでなくマイクロプラスチックの除去と、元となる廃棄プラスチックの除去という意見になり、声を上げるだけではなく実行しようということで清掃活動を計画・実行することになりました。結果、有志の生徒含めて合計61名が活動しました。マイクロプラスチック回収装置も開発作製したのですが、思うような結果が得られませんでした。課題が得られたので今後、再設計してリベンジを図る予定です。
ご協力ありがとうございました。

サイエンスキャッスル

 12月22日日曜日、大阪明星中学校・高等学校でサイエンスキャッスル2019関西大会が行われ、本校生物部から6つの研究班が参加しポスター発表を行いました。

細菌班の研究はステージ上で口頭発表を行いました。

両発表とも貴重な意見を聞くことができたので、しっかりと研究班内でミーティングを行って今後の研究の調整を行っていきたいです。

 

1年生・小論文ガイダンス

12月23日、課外4限目に小論文ガイダンスを実施しました。

講師は国語科の一色先生で、大学入試や社会で求められる小論文で身に付けたい力などについて丁寧に説明していただきました。

I君のような充実した大学生活を送れるよう、課外中の小論文指導や3学期の小論文模試に取り組んでください!

終業式

12月20日金曜日、本校の体育館で終業式が行われました。

校長先生のご講話の後、教務課長、生徒課長による冬休みのすごし方についてご助言をいただきました。

有意義な冬休みになるよう計画的にすごしましょう。

12/18のZEST

2年生は本日のZESTから5回にわたって志望理由書の作成を行います。
志望理由書の作成には志望先の情報や社会問題などを、時間外に調べておく必要があります。
冬休みに各自で情報収集に努めましょう。

1年生は本日から、1月末と2月に行うクラスディベートに向けて準備を始めたところです。
ディベートも準備の時間が足りないので、各班で計画的に準備をしましょう。

シェイクアウトえひめを実施

12月17日火曜日、11:00よりシェイクアウトえひめ(県民総ぐるみ地震防災訓練)を行いました。

授業中でしたが、全生徒速やかに机の下にもぐり、命を守る行動ができていました。

このような訓練をきっかけに、防災の知識だけでなく、本気で取り組む姿勢を日頃から備えていきましょう。

 

第2回 愛媛県高等学校美術教員作品展

 

今週の日曜日まで、愛媛県美術館 南館3階県民ギャラリー8・9 で、第2回 愛媛県高等学校美術教員作品展 が開催されています。

本校の美術教員・能田 新 先生の モリエールのデッサン や 工芸作品 も出品されています。

今週末、松山市にお出かけの際は、美術教員作品展にぜひお立ち寄りください。

校内マラソン大会

本日、1・2年生はグリーンピア玉川を中心としたコースでマラソン大会が行われました。
昨年は雨天順延が続き、校内でのタイムトライアルとなったため、試走にきた生徒以外はコースを走るのは初めてでしたが、参加者は元気に男子6600m、女子5000mのコースを完走しました。

 大野先生からの諸注意  開会式の様子 選手宣誓
 

 
   レース中の様子  

 

表彰式の様子  檜垣校長先生

 

閉会式(表彰式)後は美化委員を中心に奉仕活動を行い、校内マラソン大会を終了しました。
本日はお疲れ様でした。

防災避難訓練を実施

12月4日水曜日、期末考査終了後に防災避難訓練を行いました。

避難訓練後、今治消防署の方から消火器の使用方法や消防団の意義などを学びました。

先日も地震がありましたが、有事の際には冷静に対応できるよう日頃から訓練しておきましょう。

2年生・進路講演会

11月28日木曜日、2年生の学年集会時に進路講演会が実施され、高松高等予備校の太田浩二先生をお招きし、「進路実現に向けて」というテーマでご講演していただきました。

それぞれの進路実現に向けて日々の学習を頑張るとともに、まずは期末考査を頑張りましょう。

1年生・進路座談会

 11月22日(金)のHR活動の時間に、3年生の先輩との「進路座談会」を行い、文理や志望校の選択、学習や受験勉強、高校生活全般についての話をしていただきました。

 3年生から、「日々の授業や定期考査を大切にすることが大事。」、「後から思うと、勉強や部活動で大変だと思っていた時期が一番充実していた。」、「入試問題を解いていると、1年生の時真面目にやってよかったと思う。」などの温かいメッセージもいただき、1年生はメモを取りながら将来の自分を思い浮かべているようでした。

 後輩のために一生懸命自分の言葉で質問に答えてくれた先輩は、1年生にとって眩しく憧れる西校生の姿そのものでした。

 3年生の先輩方、進路実現にむけて頑張ってください!心から応援しています!!

「医療者を目指す君たちへ」を開催しました!

 11月23日(土)に、医療系学生による高校生向け出張授業「医療者を目指す君たちへ」を今治西高等学校で開催し、本校生徒32名(1年生16名、2年生16名)が参加しました。

 この企画は、IFMSA-JAPAN(国際医学生連盟日本)の中のSCOMEという委員会により実施されたもので、今年度は東京、大阪、福岡など8会場で開催されるうちの3回目に当たります。

【タイムスケジュール】

  SCOME紹介・アイスブレーキング

  リアル救急救命ゲーム

  事例から考える「良い医療者」とは?

   ~チーム医療とは?&寄り添うとは?~

  フリートーク ~大学生に実情を聞いてみよう~

 東北大学や愛媛大学、愛媛県立医療技術大学などから、医学部医学科、看護学科、薬学部など、多種多様な学部学科の学生に集まってもらい、進路選択、すなわち職種選択をする高校時代に、先人である医療系大学生から多くのことを学ぶことができる貴重な機会となりました。

【生徒アンケートより】

・実際に身近なところで救急救命が必要になったとき、どのように対処すればよいかを学びました。また、医療には今まで知らなかった職業の人たちも含めて本当にたくさんの人達が関わっていることや、医療者は患者さんとその家族ともきちんと向き合うことが大切であり、その病とだけ向き合っているわけではないことも学びました。

・ワークショップでは、認知症の母の介護に励む娘さんの話が印象的でした。私自身も、母が「名前を忘れられた」と泣いているのを見た経験があります。しかし、その当時はどう声をかけたらいいのか分からず何も言えませんでした。今日学習したことで、もう祖母はいませんが、今なら母に優しく声をかけられると思います。家族は第二の患者であるという意識は、良い医療者になるために必要だと思うので、よく覚えておきたいです。

・このような企画はなかなか無くいい経験をさせていただけたと思います。全体的にディスカッションが多く、班の人に自分の言葉で考えを説明したり人の意見を聞いたりすることで医療に対する自分の考えを深めることができたと思います。リアル救命救急ゲームやカラダ地図においては今まで自分が学んだことが実際の医療現場でも役立つと知り、より日々の勉強に力を入れようと思うことができました。また実際に大学生から話を聞くことによって鮮明に将来像を描くこともできるようになり自分の将来に対するモチベーションも上がりました。今回この企画に参加することにより、より医療従事者、特に医師になりたいという気持ちがますます強まりました。今回は本当にありがとうございました。これからも頑張っていきます。

 参加した生徒の皆さんからは、これ以外にも多くの素晴らしい感想が寄せられており、この4時間でたくさんのことを学ぶと同時に、良い医療従事者を目指す決意を強くしたようです。

 IFMSA-JAPAN SCOMEの皆さん、そしてこの企画を支援してくださっている皆様、本校生徒にとって大変有意義な学びの場を与えていただき、ありがとうございました。

蛍雪記念講演会

11月13日(水)午後より蛍雪記念講演会が行われました。

講師 愛媛大学医学部医学科 医学専攻長・医学科長
   愛媛大学医学系研究科 耳鼻咽頭科・頭顎部外科 教授 羽藤直人 先生

演題 「これまでと これから」

会場の様子

講師の羽藤先生

質問をする生徒

 

貴重な体験談を交えたお話をしていただきました。
羽藤先生ありがとうございました。 

校内読書感想文コンクール表彰・読書感想文発表

11月22日金曜日、アセンブリーの時間に校内読書感想文コンクール表彰と読書感想文発表が行われました。

自由図書では6名、課題図書では5名表彰され、受賞者を代表して藤本来海さんにデーミアン「著書ヘルマン・ヘッセ」を読んだ読書感想文を披露してもらいました。

2年生進路座談会(HR)

本日のHRは3年生を招いて進路座談会が行われました。
2年生では理型・文型に分かれ、志望校選択、受験勉強や勉強法、高校生活全般について3年生から貴重な意見を聞くことができました。
2年生も1年2ヵ月後には共通テストを受験します。
本日聞いた3年生の言葉を参考に、いち早く受験モードになって頑張りましょう。

  理型の様子(武道場2F)  
     
     
  文型の様子(武道場1F)   

難関大学合同学習合宿(2年生 希望者)

11月16日(土)・17(日)の2日間、岡山県青年館で開催された「難関大学合同学習合宿」に、本校2年生の希望者9名が参加しました。

この「難関大学合同学習合宿」は、中国四国地区の進学校の希望生徒が集まり、共に学び、語り合うことを通じて、学力の向上を図るとともに、最難関大学への志望を確固たるものにするという目的で開催されています。今年の参加校は以下の8校で、参加生徒の総数は56名でした。

岡山県立岡山芳泉高等学校  岡山県立笠岡高等学校  広島県立尾道北高等学校  広島県立福山誠之館高等学校  鳥取県立倉吉東高等学校  島根県立松江北高等学校  香川県立丸亀高等学校  愛媛県立今治西高等学校

毎年、全国的にも有名な講師の先生をお招きしており、今年も次の先生方に授業・講演をしていただきました。

国語:藤井 健志 先生(代々木ゼミナール講師)

英語:木村 達哉 先生(灘中学校・灘高等学校教諭)

数学:土家 槇夫 先生(前岡山県立倉敷青陵高等学校校長)

【参加生徒の感想】

○ 参加している生徒のレベルや、勉強に対しての意識がとても高く、自分のモチベーションも上がった。まわりの環 境の大切さを知った。自分の勉強に関して、とても大切なターニングポイントになった気がする。参加して本当によかったと思う。

○ どの教科も共通していることは、基礎基本を怠らないことです。基本を身に付けると本質がわかり、それを応用に結び付けることができるとわかりました。意欲の高い生徒とともに過ごすことで大きな刺激を受けました。その点でいえば、西高も環境が整っていて、自分は幸せだと思いました。

〇 勉強だけでなく、他校の人たちと同じ部屋で過ごしたことが刺激的だった。修学旅行のような行事より自由度も高く、自主性が求められているのだと強く感じ、自覚が求められていると思いました。

 主催してくださった広島県立尾道北高等学校の先生方、大変お世話になりました。参加生徒、教員とも、この貴重な経験を、是非今後に生かしていきたいと思います。

 

2年生ZEST大学出張講義

 本日の2年生のZESTは大学の先生方をお招きして、出張講義が行われました。
以下の写真はその様子です。

      
バイオから発想する化学と工学   健康・医療とバイオテクノロジー
     
     

新しいがん治療の進歩について

 

情報工学のもたらす世界探訪
ー情報工学部の可能性は∞ー

     
     
動物のストレスを測る   世界の医療
     
     
ミクロの世界と電気と磁気

 

動きの仕組みを考える
ースポーツ心理学からの接近ー

     
     
なぜ、漢字はまちがってしまうのか     地元に学ぶ「地元学」
     
     
英語系学部・学科では何を学ぶのか    アベノミクスとは何だったのか 


大学の授業を体験し、今後の進路について考える大変有意義な時間になりました。
御来校いただいた先生方、ありがとうございました。

【俳句部】第16回はぴかちゃん歯いく大賞表彰式

 このたび、愛媛県歯科医師会主催「第16回はぴかちゃん歯いく大賞」の表彰式が、テレビ愛媛1Fホールで盛大に行われました。
 本大賞は、歯や口腔内の健康づくりについて、俳句を通じて意識喚起させることを目的にしたものです。
 県内外から約12000句の応募があり、厳正な審査の結果、大賞以下18句が入賞し、本校俳句部1年女子の俳句「歯ブラシは三連譜なり秋の朝」が優秀賞に選ばれ、県歯科医師会会長 是澤惠三氏より賞状と副賞が贈られました。また、夏井いつき氏からインタビューを受け、顔をほころばせていました。
 校内での活動が一つの実を結んだことに感動するとともに、今後とも地道に頑張っていきたいと思いますので、ご声援をいただければ幸いです。
 なお、表彰式の模様は、11月24日(日)午後2時からテレビ愛媛で放映されますので、ぜひご覧ください。

【放送部】総合文化祭に参加しました

 11月10日(日)、松山大学を会場に行われた「第33回愛媛県高等学校総合文化祭放送部門」に参加しました。
 アナウンス、朗読、オーディオピクチャー、ビデオメッセージの4部門に分かれ、読みや作品の出来栄えを競いました。
 本校からは、アナウンス3名、朗読2名、オーディオピクチャー1作品、ビデオメッセージ2作品が参加し、このうち
アナウンス部門で1名が「奨励」、

オーディオピクチャー『ガラス越しに見えたもの』が「奨励」、

ビデオメッセ―ジ『紺碧の原っぱより』が「優秀」

をそれぞれ受賞しました。

 取材などでご協力いただいたすべての方に感謝します。本当にありがとうございました。
ビデオメッセ―ジ『紺碧の原っぱより』は来年度高知県で行われる全国高等学校総合文化祭に参加します。

【俳句部】俳句ing&walking

 このたび、新居浜市観光協会主催「俳句ing&walking」に参加しました。
 本事業は、「えひめさんさん物語連携プログラム」の一環として、別子銅山の産業遺産を巡る趣向です。
 私たちは、ハイキングがてら俳句ingコースに参加しました。
 午前中は、四阪島から移築された日暮別邸や展望台を吟行し、住友や別子銅山の歴史を堪能しました。
 午後は、夏井いつき氏のアシスタントとして、また、NHK番組「俳句王国がゆく」等で活躍中の俳人・家藤正人氏による句会ライブに挑戦しました。
 結果は、多数の参加者の中から最終選考に残り、俳句部1年女子の俳句「栂床の傷やはらかく冬陽差す」が4位、同2年男子の俳句「家並べて船並べて冬日和かな」が6位入賞を果たしました。
 充実した1日を終えた2人は、共に副賞の大きな袋を抱え、喜び勇んで帰路に就きました。日暮別邸句会ライブ

【生物部】SDGs体験型セミナーに参加

11月9日土曜日、男女参画推進センターで行われたSDGs体験型セミナーに生物部4人が参加しました。

前半はカードゲーム「2030 SDGs」を用いて活動しました。

参加者の方々と楽しみながらSDGsの本質を理解することができました。

後半は「SDGsと環境学習」について学びを深めました。

今回学んだ考え方や視点を今後の諸活動や研究内容に取り入れて発表していきたいです。

 

【弓道部】愛媛県高等学校弓道選抜大会 女子団体・個人優勝

11月3日に行われた愛媛県高等学校弓道選抜大会で、女子団体、女子個人がともに接戦を制し、優勝しました。

どちらも、12月23日~25日に群馬県で行われる全国高等学校弓道選抜大会に出場します。

団体は11月17日に愛媛県総合運動公園弓道場で開催される四国大会にも出場します。

12月には新人大会の地区大会もあります。

部員一同、日々練習に励んでいますので、応援よろしくお願いします。

 

1年生・学びみらいPASS解説会

 

 11月6日(水)のZESTの時間に、1年生対象の「学びみらいPASS解説会」を行いました。
講師は、(株)リアセックのキャリアカウンセラーの 松島 静香 先生 に来ていただきました。

 9月に実施した「学びみらいPASS」の個人報告書をもとに、自分の総合力の読み解き方を解説していただきました。解説の中で、「興味を広げ できることを増やす」という key word や、「失敗と挑戦を繰り返して成長する」というメッセージもいただき、生徒は自己認識や高校生活の目標設定ができたようです。

 松島先生、お忙しい中、本校の1年生と保護者に対して有意義な御講演をいただき、ありがとうございました。

1年生・ZEST 第2回企業訪問の発表会

   1年生のZESTでは、第2回の企業訪問を終えての発表会を行いました。第1回の発表会よりも、発表の方法や資料のまとめ方などにも成長が感じられました。

   多くの生徒が感想に「世界に誇れる企業が今治にはたくさんあって誇らしい。」と書いていました。御協力いただきました企業の担当者様のおかげで、生徒は一層地元今治への愛着や誇りを持ったようです。ありがとうございました。

 

 

 

 

2年生進路指導講演会(ZEST)

 10月23日(水)のZESTの時間に、体育館にて2年生対象の進路指導講演会を行いました。講師は、駿台予備学校の 加藤 庫之助 先生です。

 大学進学の意味や大学入試の現状、大学入試に向けての心構えについて、豊富な経験に基づいた話を聞かせていただきました。多くの受験生を指導されてきた加藤先生から「高校の授業を大切に」「まずは基本事項の習得とその運用を」という話をいただき、改めて普段の授業や予習・復習の大切さが実感できました。

 また、現2年生からの大学入試改革についても説明していただけるということで、今年は保護者にも案内し、多くの保護者の方に足を運んでいただきました。センター試験に代わる「大学入学共通テスト」についての最新情報にも触れていただき、貴重な情報を聞くことができました。

 加藤先生、お忙しい中、本校の2年生と保護者に対して有意義な御講演をいただき、ありがとうございました。

 

性教育講話

 10月25日(金) 6限目、1年生の生徒を対象に性教育講話を実施しました。
 講師は きら病院 吉良佳世医師 で「思春期のこころとからだ~高校性のみなさんに伝えたいこと」でお話しをしていただきました。最初に、今治保健所の豊嶋さんと栗原さんから、保健所の役割と保健所で行われているエイズ検査について説明がありました。吉良佳世医師からは、日々現場からの熱い思いを語っていいただきました。
 講演を聞いた1年生の保健委員の感想です。
「私は今日の性教育の話を聞き、これまで他人事のように聞き流していたけれど、他人事ではなく自分の事として考えるべきだと実感しました。」(女子)
「将来の事や、大事な人のことを考えて、自分の行動に責任を持つことを改めて意識しました。また、負担のかかるのは相手側なので、相手の事を考慮しながら生活していきたいです。」(男子)
「今日は、普段では受けることができないだろう話を聞けて、とても勉強になりました。もっと多くの人に伝わってほしいです。私も、これからに生かしていきたいです。」(女子)
 今日、学んだことはこれからの人生、自ら考え判断し、意志決定することがあると思います。その時の参考になると思います。
 吉良先生から、「これからの人生、いろいろあるけれど、しっかり生きていくんで
すよ。」と優しく声をかけられた、そんな時間だったように思いました。

【俳句部】秋季合同講習会

高文連文芸専門部(俳句部門)主催の秋季合同講習会が、このたび松山東高校で開催されました。

本講習会は毎年10月に行われ、3年生が引退した後の新チームで臨む講習会として、新人戦の様相を呈しています。

今回は、県下10校13チームが集結し、午前は「木犀」「鹿」「冷ややか」、午後は「月」の各兼題で熱戦を繰り広げました。

俳句部は3勝1敗の成績でしたが多くの課題も見つかりましたので、来年の俳句甲子園に向けて一歩一歩クリアしていきたいと思います。

【生物部】科学の祭典に講師として参加

10月26日27日、松山市総合コミュニティセンターで科学の祭典松山大会に生物部員が講師として参加しています。

今年度は「顕微鏡を作ってみよう」と「空飛ぶ種の模型を作って飛ばしてみよう」の2ブースを出しています。

他にもたくさんのブースがありますので、是非お越しください。お待ちしております。

【生物部】日本農芸化学会中四国支部第37回市民フォーラムにポスター発表で参加

10月22日火曜日、愛媛大学総合情報メディアセンターメディアホールで、日本農芸化学会中四国支部第37回市民フォーラムに生物部員がポスター発表を行い、2つの発表が入賞しました。

今後、高文祭、サイエンスキャッスルと研究発表する機会があるので、次に向けて頑張っていきたいです。

 

後期・第3回金曜特別講座

「DNAレコーディング生物学」

講師 谷内江 望 先生 東京大学先端科学技術研究センター 准教授

 発生や腫瘍の形成など、哺乳動物の生命システムを解明するために、細胞の内部状態を「DNAのテープ」に人工的に記録していくという新しい生物学の講義に、19名の生徒が参加しました。

  生徒の感想に中に、「高校の生物の授業ともリンクしていて、今までの金特の中で1番興味を持って取り組めた。」というものがありました。金曜特別講座は高校生・大学生が対象なので内容が難しい部分もありますが、2・3年生と学年が上がるにつれて理解できる内容が多くなり、一層興味深く講義を受けることができるようになります。難しかったと1度参加して終わりではなく、興味のある分野に2度3度参加してみましょう。

最先端の学びは、きっと西校生の知的好奇心を満たしてくれるはずです!

サイクリングイベント参加!

10月19日に今治西高校伯方分校とNHKが共同開催した『しまなみ海道20周年記念「ムビチャリ in 伯方島」』に放送部と写真部が参加しました。

全部で49チーム161人が伯方島内を回り各チェックポイントでミッションを行い、その動画をNHKのサイトにアップしながら、ゴールの伯方分校を目指します。

参加者は伯方SCパークをスタートし、開山公園、喜多浦八幡神社、沖浦ビーチなどのチェックポイントを巡り、島内を一周します。放送部は参加者として動画の撮影を行いました。写真部は記録写真の撮影を行いました。

ゲスト参加者の前園真聖さん(元サッカー日本代表)は参加者として一緒に伯方島内を自転車で巡りました。

また、スペシャルゲストのアニマル浜口さん、ユージさんがチェックポイントで参加者を出迎えてくれるなど、にぎやかなイベントとなりました。

ゴールした後は伯方分校の生徒や保護者の方の炊き出しを楽しみました。

 

 

 

1年生・進路指導ホームルーム活動

高校生活で最初の進路選択である文理選択のために、進路のホームルーム活動がありました。

進路課長の先生から、文理選択のポイントを大学入試共通テストや入試科目における教科の違いなども含めて説明していただいたり、数学・理科・地歴の教科担当からも2・3年次の文系理系の教育課程の違いについて説明していただいたりしました。

夢の実現に向けて、先生方の話に真剣に耳を傾けてる姿に、西校生としての成長を感じました。

将来を見据えた文理選択ができるように、自分としっかり向き合ってほしいと思います。

 

 

 

 

新生徒会役員任命式

10月18日金曜日、アセンブリーの時間に生徒会役員任命式が行われました。

 旧生徒会役員からの謝辞のあと、新生徒会役員へ任命証が校長先生より授与されました。

新生徒会役員を中心として、みんなで学校行事を作っていきましょう!

これから一年間よろしくお願いします。

 

 

ZEST(クラス対抗ディベート3)

2年生のZESTは3回目のディベートでした。

論題は「日本は選挙の棄権に罰則を設けるべきである。是か非か」です。

3回目ということで準備も十分にでき、どの教室も盛り上がっていました。

次回からは、進路指導講演会や大学出張講義等、進路に関するZESTが行われます。


1年生のZESTは発表に向けて準備を始めました。

今回、次回でポスターを完成させ、10/30のZESTでポスターセッションを行います。