西高の活動

西高ニュース

【俳句部】俳句ing&walking

 このたび、新居浜市観光協会主催「俳句ing&walking」に参加しました。
 本事業は、「えひめさんさん物語連携プログラム」の一環として、別子銅山の産業遺産を巡る趣向です。
 私たちは、ハイキングがてら俳句ingコースに参加しました。
 午前中は、四阪島から移築された日暮別邸や展望台を吟行し、住友や別子銅山の歴史を堪能しました。
 午後は、夏井いつき氏のアシスタントとして、また、NHK番組「俳句王国がゆく」等で活躍中の俳人・家藤正人氏による句会ライブに挑戦しました。
 結果は、多数の参加者の中から最終選考に残り、俳句部1年女子の俳句「栂床の傷やはらかく冬陽差す」が4位、同2年男子の俳句「家並べて船並べて冬日和かな」が6位入賞を果たしました。
 充実した1日を終えた2人は、共に副賞の大きな袋を抱え、喜び勇んで帰路に就きました。日暮別邸句会ライブ

【弓道部】愛媛県高等学校弓道選抜大会 女子団体・個人優勝

11月3日に行われた愛媛県高等学校弓道選抜大会で、女子団体、女子個人がともに接戦を制し、優勝しました。

どちらも、12月23日~25日に群馬県で行われる全国高等学校弓道選抜大会に出場します。

団体は11月17日に愛媛県総合運動公園弓道場で開催される四国大会にも出場します。

12月には新人大会の地区大会もあります。

部員一同、日々練習に励んでいますので、応援よろしくお願いします。

 

1年生・学びみらいPASS解説会

 

 11月6日(水)のZESTの時間に、1年生対象の「学びみらいPASS解説会」を行いました。
講師は、(株)リアセックのキャリアカウンセラーの 松島 静香 先生 に来ていただきました。

 9月に実施した「学びみらいPASS」の個人報告書をもとに、自分の総合力の読み解き方を解説していただきました。解説の中で、「興味を広げ できることを増やす」という key word や、「失敗と挑戦を繰り返して成長する」というメッセージもいただき、生徒は自己認識や高校生活の目標設定ができたようです。

 松島先生、お忙しい中、本校の1年生と保護者に対して有意義な御講演をいただき、ありがとうございました。

1年生・ZEST 第2回企業訪問の発表会

   1年生のZESTでは、第2回の企業訪問を終えての発表会を行いました。第1回の発表会よりも、発表の方法や資料のまとめ方などにも成長が感じられました。

   多くの生徒が感想に「世界に誇れる企業が今治にはたくさんあって誇らしい。」と書いていました。御協力いただきました企業の担当者様のおかげで、生徒は一層地元今治への愛着や誇りを持ったようです。ありがとうございました。

 

 

 

 

2年生進路指導講演会(ZEST)

 10月23日(水)のZESTの時間に、体育館にて2年生対象の進路指導講演会を行いました。講師は、駿台予備学校の 加藤 庫之助 先生です。

 大学進学の意味や大学入試の現状、大学入試に向けての心構えについて、豊富な経験に基づいた話を聞かせていただきました。多くの受験生を指導されてきた加藤先生から「高校の授業を大切に」「まずは基本事項の習得とその運用を」という話をいただき、改めて普段の授業や予習・復習の大切さが実感できました。

 また、現2年生からの大学入試改革についても説明していただけるということで、今年は保護者にも案内し、多くの保護者の方に足を運んでいただきました。センター試験に代わる「大学入学共通テスト」についての最新情報にも触れていただき、貴重な情報を聞くことができました。

 加藤先生、お忙しい中、本校の2年生と保護者に対して有意義な御講演をいただき、ありがとうございました。

 

性教育講話

 10月25日(金) 6限目、1年生の生徒を対象に性教育講話を実施しました。
 講師は きら病院 吉良佳世医師 で「思春期のこころとからだ~高校性のみなさんに伝えたいこと」でお話しをしていただきました。最初に、今治保健所の豊嶋さんと栗原さんから、保健所の役割と保健所で行われているエイズ検査について説明がありました。吉良佳世医師からは、日々現場からの熱い思いを語っていいただきました。
 講演を聞いた1年生の保健委員の感想です。
「私は今日の性教育の話を聞き、これまで他人事のように聞き流していたけれど、他人事ではなく自分の事として考えるべきだと実感しました。」(女子)
「将来の事や、大事な人のことを考えて、自分の行動に責任を持つことを改めて意識しました。また、負担のかかるのは相手側なので、相手の事を考慮しながら生活していきたいです。」(男子)
「今日は、普段では受けることができないだろう話を聞けて、とても勉強になりました。もっと多くの人に伝わってほしいです。私も、これからに生かしていきたいです。」(女子)
 今日、学んだことはこれからの人生、自ら考え判断し、意志決定することがあると思います。その時の参考になると思います。
 吉良先生から、「これからの人生、いろいろあるけれど、しっかり生きていくんで
すよ。」と優しく声をかけられた、そんな時間だったように思いました。

【俳句部】秋季合同講習会

高文連文芸専門部(俳句部門)主催の秋季合同講習会が、このたび松山東高校で開催されました。

本講習会は毎年10月に行われ、3年生が引退した後の新チームで臨む講習会として、新人戦の様相を呈しています。

今回は、県下10校13チームが集結し、午前は「木犀」「鹿」「冷ややか」、午後は「月」の各兼題で熱戦を繰り広げました。

俳句部は3勝1敗の成績でしたが多くの課題も見つかりましたので、来年の俳句甲子園に向けて一歩一歩クリアしていきたいと思います。

【生物部】科学の祭典に講師として参加

10月26日27日、松山市総合コミュニティセンターで科学の祭典松山大会に生物部員が講師として参加しています。

今年度は「顕微鏡を作ってみよう」と「空飛ぶ種の模型を作って飛ばしてみよう」の2ブースを出しています。

他にもたくさんのブースがありますので、是非お越しください。お待ちしております。

【生物部】日本農芸化学会中四国支部第37回市民フォーラムにポスター発表で参加

10月22日火曜日、愛媛大学総合情報メディアセンターメディアホールで、日本農芸化学会中四国支部第37回市民フォーラムに生物部員がポスター発表を行い、2つの発表が入賞しました。

今後、高文祭、サイエンスキャッスルと研究発表する機会があるので、次に向けて頑張っていきたいです。

 

後期・第3回金曜特別講座

「DNAレコーディング生物学」

講師 谷内江 望 先生 東京大学先端科学技術研究センター 准教授

 発生や腫瘍の形成など、哺乳動物の生命システムを解明するために、細胞の内部状態を「DNAのテープ」に人工的に記録していくという新しい生物学の講義に、19名の生徒が参加しました。

  生徒の感想に中に、「高校の生物の授業ともリンクしていて、今までの金特の中で1番興味を持って取り組めた。」というものがありました。金曜特別講座は高校生・大学生が対象なので内容が難しい部分もありますが、2・3年生と学年が上がるにつれて理解できる内容が多くなり、一層興味深く講義を受けることができるようになります。難しかったと1度参加して終わりではなく、興味のある分野に2度3度参加してみましょう。

最先端の学びは、きっと西校生の知的好奇心を満たしてくれるはずです!

サイクリングイベント参加!

10月19日に今治西高校伯方分校とNHKが共同開催した『しまなみ海道20周年記念「ムビチャリ in 伯方島」』に放送部と写真部が参加しました。

全部で49チーム161人が伯方島内を回り各チェックポイントでミッションを行い、その動画をNHKのサイトにアップしながら、ゴールの伯方分校を目指します。

参加者は伯方SCパークをスタートし、開山公園、喜多浦八幡神社、沖浦ビーチなどのチェックポイントを巡り、島内を一周します。放送部は参加者として動画の撮影を行いました。写真部は記録写真の撮影を行いました。

ゲスト参加者の前園真聖さん(元サッカー日本代表)は参加者として一緒に伯方島内を自転車で巡りました。

また、スペシャルゲストのアニマル浜口さん、ユージさんがチェックポイントで参加者を出迎えてくれるなど、にぎやかなイベントとなりました。

ゴールした後は伯方分校の生徒や保護者の方の炊き出しを楽しみました。

 

 

 

1年生・進路指導ホームルーム活動

高校生活で最初の進路選択である文理選択のために、進路のホームルーム活動がありました。

進路課長の先生から、文理選択のポイントを大学入試共通テストや入試科目における教科の違いなども含めて説明していただいたり、数学・理科・地歴の教科担当からも2・3年次の文系理系の教育課程の違いについて説明していただいたりしました。

夢の実現に向けて、先生方の話に真剣に耳を傾けてる姿に、西校生としての成長を感じました。

将来を見据えた文理選択ができるように、自分としっかり向き合ってほしいと思います。

 

 

 

 

新生徒会役員任命式

10月18日金曜日、アセンブリーの時間に生徒会役員任命式が行われました。

 旧生徒会役員からの謝辞のあと、新生徒会役員へ任命証が校長先生より授与されました。

新生徒会役員を中心として、みんなで学校行事を作っていきましょう!

これから一年間よろしくお願いします。

 

 

ZEST(クラス対抗ディベート3)

2年生のZESTは3回目のディベートでした。

論題は「日本は選挙の棄権に罰則を設けるべきである。是か非か」です。

3回目ということで準備も十分にでき、どの教室も盛り上がっていました。

次回からは、進路指導講演会や大学出張講義等、進路に関するZESTが行われます。


1年生のZESTは発表に向けて準備を始めました。

今回、次回でポスターを完成させ、10/30のZESTでポスターセッションを行います。

おもしろ科学コンテスト予選実施

10月15日火曜日、本校の会議室で、おもしろ科学コンテストの予選が行われました。今年度は1年生チームと2年生チームの2チームが参加します。11月に結果が分かり11月10日に愛媛大学で本戦があります。楽しい本戦に参加できるよう頑張ってください!

交通安全教室

本日の 6 限目に交通安全教室が行われました。

「大地の花束」と題して、講師の渡邉明弘先生がご自身の息子さんをなくされた経験から、交通死亡事故の悲惨さや命の尊さ、子供たちの命を守る取組について講演していただきました。

 講演では、なぜ愛媛県の県立高校でヘルメット着用が義務化されたのか、何のためにヘルメットを着用するのかについてもお話しいただき、改めてヘルメット着用の意義を実感しました。また、本校教職員も参加した簡単な体験を通し、交通ルールを守るだけでなく、一人一人がマナーを見直すことが子供たちの命を守ることにつながるということを教職員生徒全員で共有し、今後実践していきたいと感じました。

渡邉先生ありがとうございました。

 

 

 

1年生ZESTでのkontex訪問

1年生ZESTで106HRはkontexを訪問しました。
今治タオルの歴史や会社の概要などを説明していただき、その後工場やショップを見学をさせていただきました。
地場産業の大切さや、気持のこもった製品づくりを常に考えているといった「ものづくり」への姿勢を学ぶことができました。

 

 

1年生ZESTでの今治市総合福祉センター訪問

1年生ZESTで7・8組は、今治市社会福祉協議会 今治市総合福祉センター を訪問させていただきました。

「福祉」とは、だんのらしのあわせ と表現することもある、すべての人に関わることであることを教えていただき、高校生にも知ってほしい地域の問題になっていることを考えたり、今治市総合福祉センター内を見学させていただいたりしました。

また、今治市社会福祉協議会地域福祉課福祉活動専門員の方に、福祉の現場で働こうと思ったきっかけや、やりがいなども教えていただきました。文理選択も含め進路について考え中の1年生にとって、将来の自分を考える時間にもなりました。

お忙しいなか担当してくださった福祉活動専門員の皆様、親子交流室「ばりっこ広場」で遊んでくれた小さいお友達と保護者の皆様、ありがとうございました。


 点字を読む様子


 やってみたいボランティアの発表


 幸せを感じる時の質問に答える本校教員

ZEST(クラス対抗ディベート②)

2年生のZESTは2回目のディベートでした。

論題は「日本は救急車の利用を有料化するべきである。是か非か」です。

前回、進行役や聴衆役をした班が今回、実際に肯定派・否定派となってディベートを行いました。

2回目ということで前回よりもスムーズに取り組むことができ、どの教室も盛り上がっていました。

次回は10/16に論題を変えて行います。

 
 

 

後期第2回金曜特別講座

「紛争後の平和の鍵を握る治安部門」

講師 キハラハント愛 先生 東京大学 教養学部 教養学科 准教授

 2学期中間考査中でしたが、7名の生徒が参加しました。紛争後の社会では、警察など治安部門の改革が行われます。なぜ治安部門が平和の鍵を握るという持論のもと東ティモールやネパール、シエラレオネなどの例を取り上げながら、60分の講義が行われました。

 東京大学からの通信が、前回からMicrosoftのTeamsというアプリに変更になりました。映像・音声とも質が向上したように思います。プロジェクターも短焦点プロジェクターで投影していますので、明るさも増し、受講しやすくなったと思います。生徒諸君の参加をお待ちしています。

 

社会人講話(3年生ZEST)

 10月2日(水)の7限目のZEST(総合的な学習の時間)を利用して、3年生対象の社会人講話が行われました。

 今年の社会人講話は、愛媛県が実施しているキャリア教育推進事業の一環として行いました。講師は、次の先生方に来ていただきました。

理型:愛媛大学 医学研究科 分子細胞生理学講座

    教授・医学博士  田中 潤也 先生

文型:北浜法律事務所

    弁護士      渡辺  徹 先生

 理型は武道場で、文型は体育館で、それぞれ行いました。

 理型では、田中先生から、医学研究の面白さを、田中先生や所属するゼミの学生さんの研究内容を交えながらご説明いただきました。優秀な成績で大学に入っても、研究者として日本や世界に貢献しようという学生が少ないことを憂い、是非研究の道を志してほしいと訴えられていたことが強く印象に残りました。

 文型では、渡辺先生から、本校で過ごした高校時代からの経験も交えながら、大学時代や司法試験に挑んでいた体験なども話をしてくださいました。また、最後に高校生に向けた「人はなりたいとイメージする人以上にはなれない」「自ら機会を創って、その機会により自らを変えよ」というメッセージは、これから将来を切り拓いていく生徒たちにとって、大変心に残るものとなりました。

 2名の講師の先生方、素晴らしい講演をありがとうございました。

 

ZEST(クラス対抗ディベート①)

2年生は本日のZESTではじめてディベートを行いました。

論題は「日本は飲食店にドギーバックの常備を義務付けるべきである。是か非か」です。

クラス対抗で行い、肯定派・否定派だけでなく、司会者、計時、審判、聴衆にわかれ全員参加で行います。

次回は10/9に論題を変えて行います。



 

1年生の企業訪問

1年生はZEST(総合的な学習および探求の時間)で、地元企業を訪問させていただいています。

本日は7・8組が BEMAC で体験学習をさせていただきました。

BEMACの みらい工場 や みらいミュージアム を見学した後、本校の卒業生の社員の方に、海事都市今治やBEMACについて詳しく説明していただきました。

事前学習でお伺いしたかった質問も積極的にすることができ、充実した企業訪問になりました。

BEMAC の担当者様ありがとうございました。

選挙啓発講座・生徒会役員選挙

9月27日金曜日5・6限の時間に、本校体育館で選挙啓発講座と生徒会役員選挙が行われました。

5限目に1・2年生対象選挙啓発講座を実施し、愛媛県東予地区局今治支局の方に講話をしていただきました。

 

6限目は生徒会役員選挙が行われました。

投票時では実際に使用される投票箱を用いました。

 

電子顕微鏡の借用期間が終了しました

9月25日水曜日に株式会社日立ハイテクノロジーズ様よりお借りしていた電子顕微鏡の借用期間が終了しました。

生物の授業では、電子顕微鏡の撮影原理の説明と共にセミの抜け殻の中にある気管を撮影しました。ちなみに気管はセミの抜け殻の中にある白い糸のようなものです。脱皮は体表面だけでなく、体の内部に張り巡らされた気管の部分も行います。

 

また9月21日土曜日には愛媛生物教育談話会が本校で開催され、参加された生物の先生方にアゲハチョウの鱗粉の撮影画像を提供することができました。鱗粉と共に花粉が確認できました。

 

生物部の研究では、研究生物の構造や状態を撮影・記録することができました。

8月中旬には小学生対象の電子顕微鏡観察会を予定していましたが、台風のため中止というアクシデントもありましたが、授業・研究のためにたくさん活用させていただきました。

ありがとうございました。

ZEST(総合的な学習の時間)

2年生の本日のZESTは先週に続き、ディベートの準備を行いました。
 

来週からはクラス対抗ディベートマッチが始まります。
分担の確認や、立論の発表練習など、各班ごとに協力して準備を進めています。
 

1年生は2クラスずつ、市内の企業や総合福祉センターを訪問させていただいています。
各クラスで企業訪問後の振り返りや事前学習などに班ごとに取り組んでいます。
 

第2回人権・同和問題学習 ホームルーム活動

9/20(金)に,人権なセンブリーと第2回人権・同和問題学習のホームルーム活動を行い,各クラスで,生徒同士はもちろん、生徒たちとともに先生方も人権感覚を磨き合いました。

人権アセンブリーでは,校内人権作文で最優秀作品1年8組 小川 葵さん の「高齢者と共に」,

優秀作品 2年7組 越智 向日葵さん の「ともに生きる」を,ご本人による発表等がありました。

また,第2回人権・同和問題学習のホームルーム活動の主題・目標・内容については,下記の表をご参考ください。

 

 

 

〈第3学年〉  
主題 だれもが幸せな社会を実現させよう(2)<幸福な結婚のために><差別をなくす生き方>
目標

・人権・同和教育の成果により、結婚差別の状況が改善されてきたことを理解させる。

・結婚差別を乗り越えた事例や問題が解決した事例に学び、結婚差別解消のために必要なことを考えさせるとともに、差別解消への実践力を身に付けさせる。

・人権文化創造の担い手として、誰もが住みやすい社会の実現について考えさせる。高校卒業後の自分と人権・同和教育の関わりについて考えさせる。

内容

①結婚に関わる慣習や偏見、自分の結婚観

②結婚問題における同和教育の成果

③結婚差別を乗り越えた事例、結婚差別解消へのスキル

④これからの人生(自己実現・誰もが住みやすい社会の実現など)

〈第2学年〉  
主題 人権を獲得してきたあゆみに学ぼう(2) 水平の旗ひるがえる・テーマ学習
目標

・「解放令」の意義と、その後も差別が残された理由について考察させる。

・融和運動等の意義やその限界、水平社運動が生まれた背景について理解させ、この運動の画期的な意義、運動が目指したものについて水平社宣言から読み取る。

・水平社宣言に込められた人々の熱い思いを共感的に理解させる。

・水平社運動までの差別解消に尽力した先人の生き方から自分たちの毎日の生活に反映できることを考察させるとともに、差別解消への明るい展望を抱かせる。

・郷土の先人の考え方・生き方を通して、人権問題の解決への実践力を身に付けさせる。

内容

①「解放令」出る=日本近代化の過程の中で残された部落差別の構造的な把握

②水平社運動の展開=融和運動との相違点・水平社宣言に込められた人権思想

③差別と闘った人々(安藤正楽ら)・愛媛の水平社運動(松浪彦四郎・林田哲雄ら)

〈第1学年〉  
主題 よりよい人間関係をつくろう
目標 人権・同和教育の意義や目的を確認し、よりよい人間関係の樹立が同和問題をはじめとするさまざまな人権問題の解決につながっていくという方向づけをさせる。
内容

①自分を見つめる(自尊感情・自己実現) 

②輝いた生き方へ 

③支え合う仲間づくり

④人間の尊厳と人権・同和教育の目指すもの

 

人権教育課

【俳句部】第54回子規顕彰全国俳句大会

台風一過の晴天が広がった9月23日、松山市立子規記念博物館を会場に、第54回子規顕彰全国俳句大会が盛大に開催されました。

本大会は正岡子規・夏目漱石・柳原極堂の生誕100周年を記念して始まり、今や全国で開催される俳句大会の中でも屈指の応募数を誇る規模です。

学生の俳句も俳歴数十年のベテラン俳人と同じレベルで選考を受けるので、非常にレベルが高い大会です。

今年は、全国から8000句を越える応募がありました。

俳誌「ホトトギス」名誉主宰稲畑汀子先生の講評、俳誌「ランブル」主宰上田日差子先生の講演は、実に聞き応えがありました。

また、募集句と当日句の選考と披講、講評もあって有意義な一日でしたが、残念ながら、本校は募集句当日句ともに入選がありませんでした。

次回は、1人でも入選できるよう、今後とも頑張ります。 

 

渡辺正夫教授による特別講義が実施されました。

9月18日水曜日の7限目と放課後に東北大学の渡辺正夫教授による特別講義が行われました。

7限目は1年生対象の講義が行われました。

放課後は希望者対象の講義が行われました。

 質疑応答の時間では、白熱した深い学びに繋がる議論が行われました。

お忙しい中、本校生徒の為にご講義いただきありがとうございました。

3年生第3回螢雪セミナー

今年度は、3年生対象に、以下の日程で合計3回の螢雪セミナーを実施しました。

 第1回 5月2日(木)、3日(金)の2日間

 第2回 8月1日(木)、2日(金)、5日(月)の3日間

 第3回 9月15日(日)、16日(月)の2日間

 螢雪セミナーは、希望者による自主学習会で、夏季前期課外直後や運動会後など、行事から学習への切り替えが必要な時期に実施しています。時間割は以下の通りです。

  7:20~ 8:15 早朝自主学習

  8:15~ 8:25 出席点呼・諸注意

  8:30~10:00 自主学習①(90分)20分休憩

 10:20~11:50 自主学習②(90分)20分休憩・昼食

 12:50~14:20 自主学習③(90分)20分休憩

 14:40~16:10 自主学習④(90分)20分休憩

 16:30~18:00 自主学習⑤(90分)清掃後、終了

  今回の第3回のセミナーは、会議室を会場として77名の3年生が参加し、熱心に勉強に励みました。

  

生徒からは次のような感想が述べられています。

・ 今回は3回目のセミナーでした。3回の螢雪セミナーを通して私の中で変化したことは、集中力が長く続くようになったことだと思います。螢雪セミナーに参加する前は、すぐに集中が途切れてしまって、勉強内容が全然頭に入ってこなくなってしまっていましたが、1回、2回、3回と参加していくうちに集中力がつき、90分間の自主学習の時間がとても短く感じるようになりました。また、90分×5コマの中で行う学習内容を自分で考えるので、「今の自分には何が必要か、どのような勉強をしようか」ということも考えられるようになったことも、一つの変化だと感じました。

・ 一人でするよりも、誰かのシャーペンの音を聞いて、少し焦りを感じながらする方が刺激があって良いと思いました。

 参加した3年生は、運動会が終わった後の切り替えがしっかりとできたようです。今までの3回のセミナーで得たものを、これからの受験勉強に、大いに生かしてください。

国民体育大会出場選手壮行会

9月13日金曜日のアセンブリーで国民体育大会に出場する選手の壮行会が行われました。

ボートとレスリングの2競技出場します。

ボート競技は茨城県潮来市立ボートコースで行われます。

レスリング競技は茨城県水戸市アダストリアみとアリーナで行われます。

愛媛県の代表としてがんばってきてください!応援しています!

【俳句部】龍岡小学校発祥の地

とある日、龍岡小学校発祥の地に吟行しました。

今、その小学校は玉川湖底に眠っています。

みんみん蝉や法師蝉、小鳥がしきりに鳴いていて、秋の深まりを感じました。

 

広島大学情報科学部説明会

 9月9日(月)に、本校会議室にて、広島大学情報科学部の説明会が行われました。来校されたのは、広島大学工学研究院情報部門の 向谷 博明 教授です。

 広島大学情報科学部は、2018年4月に新設された創部2年目の新しい学部であり、データのコンテンツの理解と、それに基づく問題解決能力、大規模なデータの効率的な処理技術を体系的・統合的に学ぶカリキュラムで、データで未来を拓く人材を養成することを目的としています。

 向谷先生は、河合塾で数学の講師をされたご経験もあり、大学入試における数学の問題作成に関する考えや採点方法、どのような答案が高得点を得られるかについても、言及していただきました。

 参加生徒は、3年生42名、2年生3名の、合計45名でした。今回の説明会では、事前に参加生徒が広島大学の数学の入試問題を解き、その答案を向谷先生に採点していただいたうえで開催されたため、受験を控えた3年生を中心に、極めて真剣に講演に聞き入っていました。

 向谷先生、本日は本校生徒のために御講演いただき、ありがとうございました。

病院 済生会今治病院医療体験

 8月31日(土)、済生会今治病院にて医療体験学習会が開催され、
1・2年生36名が参加しました。         

超音波検査 内視鏡検査
 

放射線部

検査部
   

手術室

個別相談会
   


 1・2年生は、参加した内容をClassiにまとめ、学んだことを蓄積しています。
早速、次のような感想が届いています。

【 今回の病院見学会に参加しての感想 】
〇自分が今まで想像しかしてこなかった医療の仕事をはっきり具体的に体験する事ができ、
   それによって自分が就きたい職業に対してより深く理解することができた。
〇普段の医療体験では触れることのない器具にも触れさせていただき緊張感を持って取り
 組めた。また、知らない職業もあり、さまざまな分野の医療従事者が1人の患者さんに
 最後まで向き合う姿はまさにチーム医療だと思った。

【 目指す医療職に対する意識の変化 】
〇これまでは、他になりたいものがないから、とりあえず将来の夢を薬剤師にしている、
 という感じだったが、今回の体験を通して薬剤師になりたいという思いが強くなった。
〇自分の夢が医療関係でありながら、医療関係の仕事に就くことは自分には難しいと
 最初から決めつけていたが、今回の体験を通して、本気で目指して勉強をすれば決して
 手の届かないものではないのだと思え、とても良い経験になった。

【 自分の目指す理想とする医療従事者】
〇常に患者さんのことを考え、日々僅かな可能性を信じて自分の出せる全力を注ぎ、
 成長し続つけられる医療従事者。
〇患者さん一人ひとりと向き合い、その人の身体だけでなく心も元気にできる医療従事者に
 なりたい。また、自分と同じ職業だけでなく、異なる職業の人とも、高め合えるようにな
 りたい。

【 今後の取組および受けてみたい研修等 】
〇医療についてより知識を得るために、医療系の大学のオープンキャンパスなどに参加した
 い。
〇今回の見学で興味をもった臨床検査技師と薬剤師に関する研修があれば参加したいと思
 う。受身にならず自分で進んで情報収集をしたい。

 このような医療体験学習を通じて、自分の将来像が明確になった人が数多くいたようで
す。医療関係の職業にある人や進路選択に迷っている人は、来年ぜひ参加してみてください。

 

解団式

本日のアセンブリーは解団式でした。

今年度の総合優勝は碧雲でした。おめでとうございます。

今日で今年度のグループ活動は終了です。

3年生はこれから入試に向けての準備が本格的に始まります。

 グループ活動で学んだことを糧に進路実現に向けてがんばってください。

 

 

 

運動会(2)

15 寿太鼓
 

16 応援合戦
 
 
17 高校聖日記
 

18 気綱~絆~
 
 

19 Girl's Step!!
 

20 ノンハンド
 

21 SAMURAI~令和初陣~

22 学年別リレー
 
 

23 グループ対抗リレー
 
 

24 フォークダンス
 
 

閉会式
 
運動会の最終的な成績は以下の通りです。

入場行進
 優勝 碧雲 2位 青嵐 3位 流星 暁光

グループ対抗リレー
 優勝 暁光 2位 碧雲 3位 流星

部対抗リレー
 男子優勝 陸上競技部 2位 野球部 3位 ハンドボール部
 女子優勝 陸上競技部 2位 ハンドボール部 3位 バスケットボール部

競技の部
 優勝 碧雲 2位 暁光 3位 青嵐

応援の部
 優勝 碧雲 2位 暁光 3位 流星 

装飾の部
 優勝 碧雲 2位 青嵐 3位 流星

総合成績
 総合優勝 碧雲 2位 暁光 3位 青嵐

生徒のみなさん一日お疲れ様でした。

運動会(1)

本日はいよいよ運動会です。

8:30からスタートです。

本日のプログラム

1 入場行進
 
 
 
2 かけっこ2019
 
3 台風の子
 
4 あなたの番です~借り物編~
 
5 うばい愛・秋
 
6 増えます、増えます。
 
7 心・技・体
 
8 タイムセール
 
9 今西健児
 
10 心豊かに (悪天候のため中止)

11 俺の衣装はどこいった?

12 愛を伝えたいだとか

13 翔んで玉入れ

14 部紹介・リレー

(昼食)

運動会演技種目練習

午後からは団体種目と演技種目の練習を行いました。

いよいよ明日が本番です。体調を整えて、目一杯楽しみましょう。