西高の活動

西高ニュース

交通安全教室

本日の 6 限目に交通安全教室が行われました。

「大地の花束」と題して、講師の渡邉明弘先生がご自身の息子さんをなくされた経験から、交通死亡事故の悲惨さや命の尊さ、子供たちの命を守る取組について講演していただきました。

 講演では、なぜ愛媛県の県立高校でヘルメット着用が義務化されたのか、何のためにヘルメットを着用するのかについてもお話しいただき、改めてヘルメット着用の意義を実感しました。また、本校教職員も参加した簡単な体験を通し、交通ルールを守るだけでなく、一人一人がマナーを見直すことが子供たちの命を守ることにつながるということを教職員生徒全員で共有し、今後実践していきたいと感じました。

渡邉先生ありがとうございました。

 

 

 

1年生ZESTでのkontex訪問

1年生ZESTで106HRはkontexを訪問しました。
今治タオルの歴史や会社の概要などを説明していただき、その後工場やショップを見学をさせていただきました。
地場産業の大切さや、気持のこもった製品づくりを常に考えているといった「ものづくり」への姿勢を学ぶことができました。

 

 

1年生ZESTでの今治市総合福祉センター訪問

1年生ZESTで7・8組は、今治市社会福祉協議会 今治市総合福祉センター を訪問させていただきました。

「福祉」とは、だんのらしのあわせ と表現することもある、すべての人に関わることであることを教えていただき、高校生にも知ってほしい地域の問題になっていることを考えたり、今治市総合福祉センター内を見学させていただいたりしました。

また、今治市社会福祉協議会地域福祉課福祉活動専門員の方に、福祉の現場で働こうと思ったきっかけや、やりがいなども教えていただきました。文理選択も含め進路について考え中の1年生にとって、将来の自分を考える時間にもなりました。

お忙しいなか担当してくださった福祉活動専門員の皆様、親子交流室「ばりっこ広場」で遊んでくれた小さいお友達と保護者の皆様、ありがとうございました。


 点字を読む様子


 やってみたいボランティアの発表


 幸せを感じる時の質問に答える本校教員

ZEST(クラス対抗ディベート②)

2年生のZESTは2回目のディベートでした。

論題は「日本は救急車の利用を有料化するべきである。是か非か」です。

前回、進行役や聴衆役をした班が今回、実際に肯定派・否定派となってディベートを行いました。

2回目ということで前回よりもスムーズに取り組むことができ、どの教室も盛り上がっていました。

次回は10/16に論題を変えて行います。